FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

06月« 2020年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 私のユウツと後ろめたさの 解決

私のユウツと後ろめたさの 解決

               私のユウツと、後めたさ・・・・・・
                                  それは、母の入浴。



わが家の浴槽は、据え置きタイプで高さが、私の腰まで。

母を浴槽に入れたり、出したりの時の介助は、

私が母を抱えてそれをまたがせるのですが、

母が小柄なための、足の長さの問題もあり、

又、バランスを崩しがちで、

すごく大変。 う~~ん大変。

  
浴室に入り、
さっと洗い流して湯船をまたいで、浸かり、
またいで、上がって洗い場で私に体をってもらい、
洗い流して、又、またいで、湯船に。
そして、またいで、上がる。

             浴槽をまたぐ回数が、4回 。




次の問題は、

冬、もう今の時期から

ものすごーく寒い!!浴室。



母を入浴させる前に高温のシャワーを浴室内に流し続けて、
                   中の温度を上げようと試みても、ほとんど効果なし。

給湯器設置場所の密閉性の欠如なのです。


浴室に入るなり、

        母は 「わぁ~寒いッわ」 と声を上げます。


暖かい部屋から 寒い浴室へ。
湯船に浸かって温まったところを 寒い洗い場で体洗いへ。
又、湯船に浸かって温まり・・・・・
上がった浴室は、これまた寒い。

どうみても高齢の母にとって

        この温度差は 厳しい過ぎます。

        心臓と血管の負担が 大きすぎて、危険・・・・




お風呂、超、超大好き、ほんと、大好きの母を入浴させることは、
               私にとって苦ではなく、その事自体は楽しいのです。


でも、
真夏と、この時期から真冬時の、
母の自宅での入浴は
血圧変動の危険を伴う厳しさが、私の脳裏を走り、

又、母を抱きかかえながら、浴槽をまたがせるという
私の負担も含めて

       気分的に ついつい、 ユ・ウ・ツ、
                 ついつい、回避しがち・・・・なのです。


「フェアー」での入浴は、基本的には、水曜日のお迎えなしの延長利用の時の週1回。




と、ある日突然、ひらめきました


       そーだぁ~、  
                 バブルバス 
                                     だあぁーーー!
                  
              欧米では日常的な、湯船の中にボディーシャンプーの
                                        泡ブクブク・フワフワ風呂。



浴室に入ってサッとシャワーで体を洗い流したら、
泡ブクブク風呂にそのまま浸かりながら温まり、
温まりながら ブクブク泡で 体を洗い、
上がってシャワーで泡を落とし、 終了。

           浴槽をまたぐ回数が、半分の2回



そして母も自分で泡を楽しみながら体を洗っています。
                  勿論、自分で綺麗には出来ないから、
                                私が湯船に手をいれて最後にキレイ、キレイ。




    私と母にとっての
              負担と 危険と 時間が 十分な減少。


                                   やったぁ~ 完璧じゃないけれども・・・



      何故、もっと早く気付かなかったのだろう・・・・・・・ン?・・・・

そうなの、

日本の普通のドラッグストアーには販売されていないから、
      私の目に映ることがありませんでした。

だから、すっかり、忘れてましたぁ~ バブルバス。
      欧米ではドラッグストアーには普通に置かれているものだけれど、
      シャワージェルとかシャワークリームの呼び方で。


しかもラッキーだったのが、

見つけ出したものは

      私が昔、オーストラリアにいた時、使ったことのある
      イギリス製の低刺激、無香料、無着色、アルコールフリーの
      しかも非常に保湿性の高い、アロエベラ仕様。
      マジに、お薦め品ッなのです。
      特に、真夏の真っ最中と 真冬の真っ最中には、最適なのです。  

高齢者の母にも、ピッタシもん。
      偶然見つけたラッキー、ついてますッ、お母さん。 


     但し、  はい、ここで 問題 です 


              ぉ・・・  お・高・いィ!  ・・・・のォ!


日本製品の一般的ボディーシャンプーに比べたら、かなり相当のお値段
 
(しかもォ~、オーストラリアでは、同じイギリスからの輸入品でも、
                  こ、こ、こんな高価格じゃなかったぞぅ・・・・・ビックリした!)



でも、入浴時の母が抱えるリスクを考えたら、

母の入浴回数の回復と、

今までの、私のユ・ウ・ツと

私の母への入浴回数に対する後ろめたさを考えたら、

                ・・・・購入やむなし・・・・のトホホホ判断!!


    勿論、私は使いませんッ ・・・使えませんゎぃ・・・お母さん専用・・・ ですッ

           




    人気ブログランキングへ
          ランキング参加中。
     高い泡ゎゎゎ・・ブク、ブクと、2ヶ所クリッツクお願いします。
    
    


                        

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう