Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … イヤな事。

イヤな事。

今日は

気温が高くならず

夏としては比較的過ごしやすい一日でした 


部屋中風が吹きぬけ、

生徒に「エアコンつけますか?」と聞きましたら

「いりません」の返事でした。



    いわさき ちひろ




昨日に続き、とてもとてもご機嫌の母 


ちょっと迷うことがありました。


足の爪切りです。

切る時に痛がる嫌がる巻き爪ありです。


いつも迷います、いつするか。

今日はやろうの予定。


なのに

あまりのご機嫌の良さで

そのまま、このまま、

母のこの顔  ぶっちぎりでいてもらいたいわけです。

そんな今日の朝からの母でしたよ。



切る時は

やはり  に移行しますから・・・・ねェ~・・・


あぁ~ご機嫌を壊したくないのよ~ と思いながら

やっぱり切りました。


そしてやっぱり一挙に

「何するのよ~ッ  」でありました。

蹴ろうともしました。


すごい意志表示です。


普段穏やかですから。

それほど母の拒否も強いですよ。


その分私の憂うつも強いですゥ~・・・・


そしてせっかくのご機嫌ですから

3本だけで止めました・・・・ 




介護をする上で

もし私自身が認知症だったら という前提で、


もし認知症の自分がされてイヤな事不快な事を

母には絶対しない、言わない。


特に

母の認知症症状が初期から中期にかかる頃、

母が一番不安と不穏に包まれていた頃に

強く思った事でした。


そして

今はさらに

もし認知症の自分がされたいと思うことを

母にしてあげたい と思っています。



もし自分が高齢でしかも認知症になったら、だったら、と

介護者としての自分の立場と

相手との立場を入れ替えることで

容易になる見えてくる理解と介護があります。



そんな風にして

認知症である母を認知症という病から

守ってきたような気がします。




爪切りだけはね~・・・お母さん。

でもま~しないとね~しかたないわね~お母さん。


もし母が認知症でなければ

これはわかってくれるでしょう ということで。



明日は残りの爪ですよ、お母さん 




           クリックお願いします ↓
    

        今母は足の爪切りされたことは忘れて

        気持ち良さそうに眠っています。

        今日の一日が終わります。

        ありがとう で終われる一日でした。 









*** COMMENT ***

しいこねこさんへ

こんばんは~e-343
ありがとうございます。

母、巻き爪があるのですよ。
そこがネックです。
そこにいくと e-268 です・・・・
それ以外の爪は
母が「あれ?!あれ?!」のうちに
サクッと終わるのですよ~

ま、今はe-268 でも
後に引きずらないですが
その瞬間の顔を見るのが嫌な私ですe-284

NO TITLE

こんにちは。

爪切りで不穏になられる方、結構いらっしゃいますね。
パチンという音に反応されるのか、刃物?で切られる感覚に恐怖に感じられるのか。。。

爪が伸びなければイイのですが、そういう訳にもいきませんしね~

でも、気持ちよさそうに眠られて、一安心ですね。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう