Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 尿失禁の話BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 尿失禁の話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尿失禁の話

今日は

「フェアー」から新しいケアマネさんがお見えになりました。



今までは管理者とケアマネが兼任でしたが

その方は管理者としての担当となり

新規のケアマネさんがご一緒に訪問してくださいました。




先日、母は「フェアー」で

二日続けて座ったまま失禁してしまいました。


その後はありません。

失禁があった翌日から

スタッフ皆さんが何度も声かけしてくださっていました。


そのおかげでしょう、

母は

排便排尿はトイレでするもの、

尿意便意があったら

「大(オチッコ)がしたいの~」 と

自分から声かけお願いすればいいのだ と

思い出した(?!)ようです。


感覚が戻った、引き戻されたということでしょう。


おかげで又、日中尿失禁 から遠ざかりました 


ありがたいです。


私的には

認知症の進行と共に

いずれ尿意を訴えられなくなっても仕方ない、

尿意がわからなくなってもしかたない、 と思っていますが


でも母的には

まだ自力で歩ける間は

やはり尿意がわかって訴えられる という方が

自分らしさの維持につながるような気がします。



限りなく、赤ちゃんに近づいていますが

赤ちゃんはいずれ成長して

尿意を覚え訴えることを覚えて 自分らしさ を自覚していきます。



母はもうその逆ですが

せっかく培ってきた維持してきたその機能を

自分らしさの一部として


母にはもう少し 自分らしさ を維持していてもらいたいものです。


私は何回でもトイレ誘導、OKですからね~ 




そんな感じの失禁事件(?!)でしたが

このように自宅でやっていることを

こちらが何も言わずともやってくださっています。


母の機能維持の共同作業とその共有です。


現場では

看護師、ケアリーダー、ケアマネの指導のもと、

利用者の情報共有が

以前とは比べ物にならない位、機能してます の実感です。



ですから今日は

母に関して

何もお願いすることなく

現状維持をお願いしましたです 



これは

介護者である私がどれだけ助けられているか、

介護が楽になっているか ということでもあります。

あ~~ひたすら感謝ですよ~


「フェアー」は

介護者の私のためにもある ということです、うん!



13,07,04 夕食

  キュウリ簡単漬け。

     牛肉・白滝・しめじ・焼き豆腐・玉ねぎのすき煮風。

        ゴーヤ・新生姜・鰹節の甘酢和え。

  発芽玄米、 豆苗・桜海老のお吸い物、春菊のゴマ和え。



ちょっと前の今晩の母。


私は歯ブラシをくわえてましたです。

バス法です。


それを見つめながら母はこう言いました~

「あら~せんせ様ァ~ 

何美味しそうなもの食べてるの~?!

私にも頂戴よ~」
 と。


う~ん・・・なんと答えたらいいかな・・・・


「これは食べるものじゃないのよ~。

歯を磨くものなのよ」
 と。

ま、正攻法で。



       クリックお願いします ↓
     








*** COMMENT ***

しいこねこさんへ

こんばんは~~ッ ♪

そうなのですよ。
でも自宅でやっていることを支援してくれています。

私だけがひとりで母の介護の方向性をはかっても
回りの支援と理解がなければ
片手落ちになってしまいます。

ここまで来るのに
紆余曲折ありましたけどォ~・・・・
闘う介護家族でもありましたv-8

今は人も内部的にも非常に機能しています。
何も言うことのない、ありがたい状況です。
母を見れば一目瞭然ということでしょうか。

NO TITLE

こんにちは。

現状維持って簡単なようで、実はとても大変な事で、その為には、周りの主介護者はもちろん、サポートするケアの人達の質にも影響されますよね。

その点では、今のJuliaさんのお母様は、良い環境におられるということですね。

何と言っても、こんなに美味しそうなお食事を召し上がっておられますし。。。ね。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。