FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

05月« 2020年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 散る桜、残る桜も散る桜、という順番で・・・

散る桜、残る桜も散る桜、という順番で・・・

私が母を入居施設から引き取るという
決意、覚悟そして決断する時、

ある友人が、
母の件は関係なく言った言葉が



            散る桜、残る桜も 散る桜           
                                             (良寛)



これを聞いた時、目からウロコ。  ポトリ (ウロコが落ちた音

母を引き取るという、
決断のきっかけのひとつでもありました。


母も逝くし、その後、私も確実に逝く。

             逆も可なり、  だけれど、とりあえず順番。



   順番で、私より先に弱ってる人、             
                アルツハイマーという病で。


最近、よく思うのは

もし、私が母より先に

      認知症になったり、
          ・
      脳卒中を起こしたり、
          ・
      何かの疾病を患ったり、
          ・
      障害を持って生まれても、
          ・
      事故、事件に巻き込まれたり、
          ・
          ・
で、
介護と介助が必要となって、弱った時、
それでもし、母が私の側にいたとしたら
母は私の介護と介助をするだろう。
                  ま、推測は、推測だけれどぉ~。



先日、私のお店に来る80歳近いおばあちゃまの、50代後半の娘さんが、
脳梗塞で倒れました。

順番からいくと、私が先なのに・・・」と泣いておられました。



私を産んでくれて、命与えてくれて

        そしてその母が今、より、当然、先に弱ってる のなら、


側にいて、
介護でも、介助でもいいじゃないか。

弱っていて、助けが必要、
だったら、手をかせばいいじゃないか。


今、アルツハイマー病の母と向き合ってる私は

        あぁ~順番でよかったぁ~~~  と、実感!                                                                                                                                                                                                                             

私は、それこそ年齢的な順番で
母よりは、体力・気力・知力があるから (の、はず・・・・・だけどぉ・・)



全ての生き物は 老いる、弱る、逝く。


じき、残る桜 の、私もです。(母と私の順番が順当ならば)


それを 如実に、実感として、 指し示して教えてくれたのが、
今現在の、私を産んだ母です。




     人気ブログランキングへ                 

          ブログランキング参加中
                    クリックお願いします





*** COMMENT ***

Dear, Mi。。。i

YOU CAN GET ME ON THE PHONE.


IF YOU DON'T KNOW MY PHONE. NO,
PLEASE, SHOW ME YOUR ADDRESS or PHONE. NO
THROUGH THIS SECRET COMMENT.

ジュリア

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう