Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 瑛太、受診・・・・・BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 瑛太、受診・・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瑛太、受診・・・・・

昨日は

いろいろあっての忙しい日でした。


友人に会ったりです。

93歳の母上が

脳梗塞3日後にお亡くなりになって。




瑛太は動物病院受診でした。

一週間ぶりです。



今の瑛太は

私の声に反応しますが

私を認知できません、全く。


私の声や物音に過敏に反応して

「エ? 何?」 

まるで永遠に ??????。。。。。。

という状態でして

空中や壁を

キョロキョロしたりじーーと見つめています。


幻視を追い続けます。



そして

以前はあり得なかった異常な食欲。

食器の回りをウロウロしたりで

「もっとゴハンくださいッ」



眠っている以外は

このふたつの行動でウロウロチョロチョロしています。


これだけです。


以前の様に

私に「遊んで遊んで、遊ぼうよォ~  」 も

「抱っこして~  」 も

「もっとなでなでして~  」 も

私が歩くとピタリと離れず も

私を見つめ続けてること も

全くなくなりました。


抱っこされると暴れます。

身体をなでなでされると嫌がっていなくなります。


私という人がいることは

全く感知出来ず です。


その件も説明しての受診でした。



「目がはっきり見えてない、幻視のせいで」 という

先生の診断もありました。



薬のおかげで

発作は抑えられていますが

副作用の影響も強し ということでした。



先生、唸りながらも

「薬の投与量を減らす」 という治療方針に変えました。



問題は

今現在、痙攣を抑えられている神経細胞の、

薬量を減らすことで

ある程度の復活があるわけですが

その機能が正常に働くかどうかが不明とのことでした。

異常に過剰に反応する可能性もあり ということです。



2週間、投与量半減にしての様子見です。

ちょっと腫れ物にでも触るようは感覚です、私。

いつ発作起きるかと・・・・・。




でもちょっと苦笑です、私・・・・


母は私のことを娘だとわからない、

認知症の自分の世界にいる人です。


いぬの瑛太まで

私のことをわからなくなって

幻視と異常な食欲の、それだけで行動する

自分の世界にいるいぬになってしまいました、今現在ですが。


なんだなんだ、私の家族のおふたかた共、

家族の私がわからない ですから。


でも、ま、

おふたかた生き抜いていてくれてます。

私は私で家族として

安全と安心を提供する以外に

何もできません。

それでよし です。


息づかいとぬくもりの

大好きなおふたかたですからね。



  瑛太用に   
  瑛太用煮干

今は瑛太、手作り食に移行中で

食材、何をどう使うか考え中ですが

これはいいッ と見っけ~~~

塩なしッ


犬用ではなく人間用なので

ちょっとつまんだら美味しかった~す 


瑛太ばかりでなく

お母さんと私も食べよう~と 





      クリックお願いします ↓
              

勿論、

シャンプーも爪切りも耳掃除もブラッシングも禁止。

了解です ということで。








*** COMMENT ***

しいこねこさんへ

ゆいこさぁ~ん、しいこねこさん、
こんばんゎ~~e-343

今までの発作と違って
今回の大発作は
瑛太にとって強烈なダメージを残しておりますです・・・

今回の減薬で
どうなるかドキドキです。

認知症でも母は母で
別の犬みたくなった瑛太も瑛太は瑛太です。
私にとって大切なものです。

手作り食、
もう~すごい喜び方?!
カリカリとはホント全然違いますよね~~~
やはり美味しいものは
犬だってわかる! ということですよねe-465

NO TITLE

おはようございます!

瑛太君の診察結果、どうなったかな~と心配していました。
減薬して様観するのですね。。。
どうか脳細胞が、良い方向で復活・活動してくれることを祈ります。

瑛太君とお母様、Juliaさんを認知することが難しくても、その温かさに絶対的な信頼を置いてらっしゃると思います。
だからこその毎日があるのですよね。

瑛太君、手作りごはん美味しいよね~
ゆいこさんもカリカリとは、食べ方がぜんぜん違うんだよ。
だから、おばちゃんも頑張っちゃうんだけどね。

halさんへ

脳に対する薬の影響て凄いと実感です。

以前の瑛太ではない、
全く別の犬がいます。

瑛太も目つきが変。
今は口先もちょっと開いたままで
ベロがチロと見えたままです。

副作用を鑑みて、量を減らして発作の可能性が高くなるリスクか、
このまま投与の現状維持で発作を抑えていくか、
先生も唸ってました。
脳圧降下剤のみの変更するか、とか。

「何かあったらすぐ連絡してください」と先生が。
先生の優秀さと丁寧さとデータの豊富さが
救いです。

NO TITLE


そうですか、今はとにかく経過待ちですね。
今の瑛太くんの様子は、母が抗精神病薬を使っていた時と似ています。
母は目つきが変で、私の手を振り払っていました。
薬の影響はとにかくすごいものです。強すぎるとこういうリアクションになると思います。
ただ薬の量を減らして良くなることもあるので、ちょっと期待してください。
ピッタリと決まると改善されると思います。
がんばれ瑛太くん。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。