FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2019年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 瑛太との出会い一年。

瑛太との出会い一年。

去年の今日は

私がいぬの瑛太と初めて会った日でした。




「アニマルレフージュ関西」アークの

譲渡会に初めて出かけました。


この日のことは

決して忘れられない思い出です、私と瑛太にとって。



私はいぬのマーシャさんんを18歳で亡くした後、

自分の年齢を鑑みて、

最後まで責任を果たせるという意味でも

引き取り手を見つけるのが難しい老犬を

望みました。


「アーク」のHP上で

里親を求めている各犬のプロフィールは熟知していましたので

その時は

当時11歳のシーザーという名の子を引き取るつもりでおりました。



選んだ理由は簡単です。


昔、マーシャさんと一緒に飼っていた、

先に亡くなったもう一頭の子に風貌が似ていたからです。


そしてその時は

シーザーが一番の最年長で

引き取り手の新しい家族も見つけるのは大変かも・・・・


老いているので

早く家族が見つかったほうがいい という

判断でもありました。




が、シーザーは

その日の譲渡会には来ておりませんでして、

来ていたのが

シーザーと一緒に同じ所からレスキュウされた

当時9歳で水頭症の 瑛太 でした。




不思議な出会いでした。


床にしゃがんで

初めて瑛太と顔を会わせた時、

瑛太、私をじ~と見ておりました。


今の瑛太からするとありえないような感じでした。

瑛太、怖がりはしませんが

あまり人間に興味を示しません。

というか

自分から 「どもども~」 はないんですね。



私は瑛太を見つめてこう言いました。

    「あなたが瑛太ね。

      よくここまで生き延びてきたわ。

                 もう大丈夫よ。」
 と。




しばらくして瑛太を抱いてみました。

瑛太、私の腕の中で顔を埋めてネンコです 


初めての譲渡会で、

しかもその時期、

瑛太を一時預かりをしてくださっていた

フォスターファミリーが同行されてなかったので

頼れる人がいなくて

ちょっと回りの刺激に疲れたようでした。



「やはり発作もあり、

水頭症の治療も必要であり、

なかなか新しい家族を

瑛太が見つけるのは大変なのです」 とも

聞きました。


シーザーより

病持ちの瑛太の方がそういう意味で

リスクが高いんだなァ~・・・・・ と。


あ~、瑛太

   じゃあ~、 うちの子になりましょう
 と。



2週間後

瑛太は我が家にやってきました。

うちの子になるために。




今回、生死を分ける水頭症の大発作の中、

皆様の応援が

瑛太のエネルギーとなり、力となり、

その危機から生還することが出来ました。


だから

今日一年目の 出会い記念日 を迎えることが出来ました。



ありがとうございます。



        クリックお願いします  ↓
                

     シーザーは

     その後ほどなくして素敵な新しい家族を見つけました 









*** COMMENT ***

しいこねこさんへ

ゆいこさぁ~ん、しいこねこさぁ~ん、
おはようございますッe-328

瑛太が欠けることなく迎えられた記念日でした。
大発作の後ですので
特に感無量でした・・・・・e-459

去年の今頃はしいちゃんもいて、
瑛太を見ていてくれたのですね。
そして今はゆいこさんがいて~・・・・・

>瑛太k君、こうしてuliaさんに逢うために、9年間という月日があったのね<

逆もしかりですよねェ~~!
9年間、
物として扱われて暗闇にうずくまって生き抜いてきた瑛太には
ホント今の生活を楽しんでもらいたいのです。
せっかく生まれてきたんだから です。

瑛太も私の生活に幸せを運んできました。
「幸せちゃんがやってきたe-328」ですe-343

NO TITLE

おはようございます。

瑛太君と1年目の記念日。
サンニンで迎えられて、本当に良かったです!

去年の今頃は、しいちゃんの介護をしながら、このブログを読ませていただいてました。
で、Juliaさんが瑛太君を家族にされたのを拝見し、深く考える機会を与えられました。

瑛太k君、こうしてuliaさんに逢うために、9年間という月日があったのね。
今のサンニンの生活が穏やかに続きますように。。。

うささんへ

ありがとうございまぁ~すe-466

譲渡会での
つい出た自分の言葉と瑛太の姿が今も鮮明です。

もしシーザーが参加してたらシーザーが、
もし私が他の譲渡会にあるいは動物センターに行っていたら
瑛太ではない他の子がここにいたわけです。

瑛太が生まれた時に
私が生まれた時に
出会うことが決まっていたようです。
そう思うと運命ですよね、これって。

人との出会いもそうですし、
みんなのそれぞれのワンちゃん達も
その出会いは運命ですよね。
でもワンちゃん達の運命は
それが幸せなものか、残酷なものか、
出会った人間次第です。
悲しいっす・・・・

運命という出会いの縁ならば
その縁は大切に育てたいと思っています。

縁がないんだな と思う人もおりますが・・・・

halさんへ

おはようございますです~~e-343

はい、一年が過ぎました。
あっという間の感じがします。
譲渡会に行った時の、あのドキドキ感がリアルによみがえります。

>宇宙人の顔のような子イヌが家へやってきました。 <

うわ~、HAL君、可愛過ぎッ~~~e-328

犬との出会いも人との出会いも
運命と縁ですねェ~~~の実感!

michikoさんへ

michikoさん、
おはようございますe-466

こちら地方は素晴らしい朝日を見せていてくれてます。

>二人(?)で記念日迎えられたのですね。<

はい、母は予定通りの前日からのお泊りでしたので
瑛太とふたりで一日を過ごしておりましたe-343

今回の事があったので
瑛太の息遣いとぬくもりがあることに
とても感謝した一日でした。

いつもありがとうございます。

NO TITLE

1年目の家族記念。おめでとうございます。(^o^)
なんか、運命感じる話だなぁ。
出会うべくして出あった。
家族になるべくして家族になったって感じですね。
 
穏やかなサンニン生活、
juliaさんも、瑛太君も、お母様も、普通の日々を これからも満喫してください。(*^_^*)
 

NO TITLE

そうですか、もう一年たってしまったのですね。早い。
瑛太くんはずっとJuliaさんのところにいたような感じです。
でもそれはやっぱり運命の出会いなんですよね。

今思えば、HALを飼う時もとにかく引き取らなければならないことになり、
宇宙人の顔のような子イヌが家へやってきました。

やっぱり縁としかいいようがありません。
ワンコとの生活はなんか人生を全部かえちゃうようなところがあると思います。

NO TITLE

二人(?)で記念日迎えられたのですね。
色々な思いが駆け巡った一日だったことでしょう。

瑛太君のこれからの幸せ時間祈ります。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう