FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

07月« 2019年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 介護生活 » TITLE … 点滴治療から経口投与へ

点滴治療から経口投与へ

今までにない大発作を起こした日、


目はあっちとこっち、

口は舌をチロリと出したままヨダレ垂れ流し、

声かけには反応せず、

立てず歩けず潰れたカエル状態、

食べれず飲めず、

嚥下難しく誤嚥の可能性あり。

オチッコ出ず。




その後毎日、

動物病院に行くために

動物病院が開く時間を

明け方からまんじリともせず待ち続けた数日間でした。



昨日、

初めて午後から行きました。


瑛太は

自力で立ち、歩き、ご飯が食べたいと催促し、

私の声に反応し始め、 何度かそれに尻尾を振り、

まだ以前ほどではないにしろ、

意識の覚醒がはっきりしてきたからです。


脳と身体の連動性がスムースになりつつあります。



確実に寛解期に入り始め、

発作さえ起こさなければこのままいけるという感じからでした。



先生には

午前中瑛太の様子を電話で報告済みでした。




午後の診察で

診察台に乗せた時、

瑛太は立っておりました。

先生も「おお~」 ということで思わず笑みを浮かべておりました。


急速な回復ぶりに

先生と私は顔を見合わせて ホ~~ッ でした。



先生に言わせるとですね、

予想外のありえないような展開なのだそうです・・・・




今日から2週間通院はなしです。


ステロイド系抗炎症剤、抗痙攣剤、高濃度ビタミン剤の

在宅での経口投与に切り替わりました。



瑛太の今の様子は

眠るか歩くのどちらかだけです。



深い眠りから覚めると

10分ほど歩き回ります、ひたすら。

その後又深い眠りに入ります。


歩き回るときのことですが

今までは歩くことのなかったコース、

例えば

椅子の下とか部屋のコーナーとか

ドアが開いているクロゼットの中もです。


あちこちクンクン匂いをかぎながら

何か確認作業です。

まるで初めてのおうちに来たときのようです。


認知が完全に回復していないようで

それを今から認知するための確認作業のようです。


それをずっと続けてから

睡眠に入り、

その中で今覚えたことの

脳への記憶の定着を行なうように

爆睡します。


このくりかえし作業が行なわれています。

不安そうでは全然ありません。



歩行はまだフラフラ、

初めて犬用ブーツを履いたような歩き方ですが

朝より夕方、昨日より今日という

安定を示す確実な進歩がみられます。


以前のような俊敏な反応はみられません。

でもそれでも問題なし です。



先生からは

多くの注意事項とアドバイスを頂きました。

脳の炎症からの回復期ですので

刺激を避けるようにとのことです。


私はヨダレで汚れたこともあり、

腹ばいオチッコ状態でふき取りを楽にするためにも、

点滴注射等のスムースさを図るためにも と、

瑛太のモコモコ毛をざく切りカットしたのですが

1分くらいの時間でしたが

それもホントはいけなかったのだそうです。


どんな小さな刺激にも

炎症を起こしている脳が

どう反応するかわからず、

それが発作に繋がる可能性が大きいのだそうです。


もうすでに切っちゃっていた私ですので

それを聞いて ウギョ  の   なのでした・・・・・・ 

   


13,04,16

     これが たべるもの だということがわかるよ~

     カリカリ、ゴックン  もできるよ~   by 瑛太




         クリックお願いします ↓
                 


母は昨夜帰宅しました。

まぁ~~何事もなく穏やか  です。

私は  です。

今日、「フェアー」はお休みです  + 









*** COMMENT ***

ごれんさんへ

祈りのエール、
しっかり届いています。

先生はダメだと思ったそうです。
生きているのが不思議だとも思ったそうです。

でも先生もベストを尽くしてくださった。
私との連携も非常にうまくいきました。


瑛太を引き取った時点で
瑛太の命と運命は私が預かりました。
皆様方からと神様から。
ですから私が出来うるベストを尽くしたいと思っています。

片山 恵様へ

こんばんわ~♪

突発的に起きる発作なので
この発作さえ押さえ込めばやり過ごせば とも考えていました。
但し、今回は如何せん発作が大き過ぎて
ダメージが大きかったです。

この病のことは承知で引き取りました。
これからもいつ起きるかわからないこの発作ですが
これが瑛太の運命ですので
その度に家族として一緒に乗り越えていくつもりです e-465
命ある限り。
病とはそういうものでもあると思っています。

トドままさんへ

わざわざありがとうございますe-466

ジュン母さんのところでもお言葉頂きました。
感謝。

先生は最初の段階で
無理かなもう~と思ったそうです。
ですから先生もとても嬉しそうでした。

>トドよりも食欲ありですよ。すごい!<

トドちゃんは食が細いのかな?!

>遠方より応援していますよ。<

ありがとうございます。
A loveletter from Canada e-343

こみさんへ

こみさん、こんばんは~e-343

昨日のはこちらのミスですよ~~ごめんなさい。
これは承認式なの。間違えちゃった操作ですゥ~・・・e-466

>目にみえるものだけが全てではないと、改めて教えられた気がします。 <

はい、今回は私も改めて実感しています。
生き物の思いの不思議です。

母が戻ってのいつもの生活です。
感謝です。

そしてこみさんの見守りにも
感謝です。

しいこねこさんへ

ゆいこさぁ~ん、しいこねこさん、ありがとうですe-466

> あ!瑛太君も毛布巻き巻きだぁ~ <

実はこの巻き巻きもこういう風になってからなんです。
前はご存知のようにアンモナイトタイプでした。
毛を刈っちゃっての寒さ対策も兼ねてかけてみたら
嫌がりませんでした。
カーデガンかけても嫌がりません。
前は嫌がったのですよ・・・・

ゆいこさん、ボクとりあえず普通の生活に戻れそう~e-465 by 瑛太.

ビビコさんへ

こんにちゎ~~~♪

ありがとです。

とりあえず危機は脱しましたが
まだまだ予断は許せません。
でも瑛太にとって発作の苦しみから脱せたことは
ホント幸いです。

今のところ、瑛太と私にとってちょっとした安息です。

ビビコさんもe-271

NO TITLE

juliaさん本当にうれしいです。


涙でそう、ぐったりして何も動きのないところから、ごはん食べれるようになって本当に

良かった~。どれほどの心配と気の張った気持ちが続いてるかと思うとこちらからは

祈りのエールしか送れませんが毎日応援、祈ってます。

juliaさんのやさしさの中に瑛太が包まれているのを感じます。

瑛太は本当に幸せ物ですね。


すごいですねぇ〜
つくづく感心してしまいました

がんばって欲しいけど、正直もうダメなのかと思っていました
実に申し訳ありませんでした

でも本当によかったですね
これからもまだまだ瑛太君の闘いは続くのでしょうけど…



NO TITLE

Juliaさん、瑛太くん、ジュン母さんのところから遊びに来ましたよ。

とっても可愛いハンサム君の瑛太くん。先生も驚かれるほどの元気を見せてくれましたね。
お食事もしっかりと取れました。
トドよりも食欲ありですよ。すごい!

体調が安定していきますように、遠方より応援していますよ。

NO TITLE

昨日もコメントさせていただいたのですが、うまく送信できてなかったようで…。

瑛太くん、大きく前進できて本当に良かったですね。juliaさんの適切な看病も大きいのでしょうが、
瑛太くん自身がこれからもjuliaさんの側で過ごしたいと望んだ気持ち、juliaさんの生き抜いて欲しいという気持ちが届いたように思えます。
目にみえるものだけが全てではないと、改めて教えられた気がします。

おかあさんも元気に帰ってこられたようですし、また3人で穏やかな時を過ごされるのを
影ながら見守らせていただきます。

NO TITLE

あ!瑛太君も毛布巻き巻きだぁ~
ご飯食べて、ゆっくり寝て、お家の中探検して。。。
瑛太君、凄いね!頑張ったね!
今日は三人でゆったりした時間がすごせること祈ってます
byゆいこ

NO TITLE

Juliaさん、おはようございます!

ちょっとバタバタしていて、コメントもできずにいましたが
瑛太君のコト、すごく案じておりました。

一時の深刻な状況を思うと、驚異の回復のようで
胸をなでおろしてます。

まだまだこれから心配は続くと思いますが
とりあえず一安心してイイのかな・・?

瑛太君の回復、ホントにJuliaさんの思いと看護の賜物。

お母さんの事も含め、Juliaさんの深い深い愛情と
いつも冷静且つ、ホントにキメ細やかなケアに、いつも感服してます。

瑛太君の更なる回復を毎日、ブログのこちら側から見守らせて頂きます。

ホントに、ホントに瑛太君のひとまずの回復、良かった~(^-^)/

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう