FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2019年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2019年10月

とりあえず今回は無事に。

台風一過の、朝から素晴らしいお天気です。


私の市は停電・断水もなく、我が家も何事もなく無事を迎えました。

今回は風台風ではなく、雨台風だったから。


但し、一夜明けて報道される各地の被害は甚大なものになっています。

よく名を知られた一級河川の氾濫が凄いです・・・

今も自衛隊消防のヘリによる救出が行われています。




長野県に住んでいる、以前英語を教えていた生徒にもメールして。

この生徒もその家族も無事で被害は受けなかったとのことでした。


栃木県の別生徒は自分たちは大丈夫だけれど、

回りは大変そうです。




これからの日本、もうこういう災害は頻発していくのでしょう。

今までの感覚での暮らし方ではもう追い付いていかない、

地球規模の気候変動です。

「文明史の転換点を迎えている」 という言い方のコメントもありました。



今回は私が一番恐れていた停電・断水がないので

只今、入院中の母の退院に向けた段取りも

このままサクサクとそのまま進められます。


これが母現在、病院で食している夕食です。
191010_1806~01




これは母が入院するまでに自宅で食していたものです。朝食です。
190729_0900~01

刻んだトマト・シイタケ・オニオン・ガーリック。  
ゼリーにしたオクラ茶。
玄米の卵粥。  
ひき肉・豆腐・長ネギ・生姜、片栗粉で軽くとじて。


190509_0815~01

キューカンバーウォーターのゼリー。
お豆腐にオクラ・生海苔に自家製醤油麹。
ひき肉・炒り卵と刻んだ小松菜、下は玄米粥の三色丼。
レンコンのポタージュ。

あと、これに必ず、

果物と、葉っぱ数種でのグリーンスムージーがつきます。



全て手作りで、

人工の化学合成されたトロミ剤は一切使用しないのですよ。

それぞれの食材が持つ、粘り・トロミを利用して。

母の場合、お粥も強トロミ剤になります。

ゼリーはゼラチンで作ります。



今の病院食のこの食事形態だと、

母の嚥下機能はさらに低下してしまいます。


多分相当機能は落ちているでしょうから、

退院したら摂食嚥下は一から出直しになると思います。



しかも母にとっても不味くてしょうがないでしょう・・・

でも頑張って食しています。

お家に帰るために。




もし風台風で電柱が倒れ、倒木で道路が寸断されていたら、

母の病院へにも通えなくなるところでした。


今回は (とりあえず今回は! 次回はわからない・・・)

我が家的には想定した最悪の状態はすっかり避けられていて、

これから早めに母の病院に、

母の顔を見に、脚のマッサージをしに行ってきます。



            ブログランキング参加中 
             クリックお願いします

                  ↓