FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

06月« 2018年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2018年07月

怪我がひどいことに・・・・

傷つけてしまいました・・・・

母の両腕です。



先週38度超えの熱があった母ですが

但し消耗感もなく完食、覚醒もしっかりでした。


なれど金曜日土曜日は

日中もベッドの中で休んでいてもらいました。



でもおトイレ介助には出かけました~ 車椅子に乗って。


母はず~と大便の方はリハパンの中ではしません、

ほぼ絶対というくらいしませんッ!



重度の認知症でも

そこは母が自分で維持している尊厳なのでしょう。


母のその思いを支えるためにも

だから必ずおトイレには連れて行ってあげるのですよ。



消耗感はない中、

いつも通りにおトイレ介助していつも通りに排泄があり と

ここまで順調だったのですが、


便座から立ち上がる時、崩れました・・・・



いつもならここで私が エイッ、ヤッ、なのですが

お母さん脚をきちんと出来ない、膝曲げたまま・・・沈んだまま・・・



しかもトイレの中は狭いです・・・

ドアの敷居部分に車いすが半分かぶさってもいるのですよ。

180704_1401~01

ひじ掛けのこの固定部分に身体をこすったり打ち付けたり・・・・



私は母が骨折しないように注意しながら

汗だくになって エイッ、ヤッ と格闘して母を抱えあげて

やっと何とか車椅子に乗せました、フ~のホ~でありました。


金曜日と土曜日の両日です。



翌日の朝、

見事な赤青あざと擦り剥きが表れておりました~・・・ 


単なる打撲による皮下出血ではないのですよ。。。。


母は立ち上げる時痛かったと思います。

でも「痛い」と言わないので私は気にしなかったのですよ。



いや~今やものすご~い傷となっております。


私としては全力で頑張ったのですが

如何せん母に傷を負わせてしまいました。


「お母さ~ん、ごめんよーーー!」 であります 




今日は「フェアー」へお風呂入りに行きました。


今のところ熱は治まり落ち着いています。


今日のおトイレ介助は

崩れ落ちることもなく順調でした。 ハァ~良かったです。



重度の認知症の本人は

怪我したことは全然理解しておりません。。。。



        クリックお願いします
             ↓