FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

01月« 2018年02月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728»03月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2018年02月

訪問マッサージの先生

今日月曜日は

母は訪問マッサージの日でした。

いつも通りの定刻に先生いらしてくださって。



母は丁度2年前に脳梗塞を起こして、

それ以来の先生です。もう3年目に入るのですよ。


母は脳梗塞を発症して、

そのまま車いす、完全食事介助、完全身体介助になりましたが

身体的な麻痺は今はもう残らず、回復していて、

脳梗塞を起こした人には全く見えません。


高齢でアルツハイマー型認知症の人の車いす生活という感じです。



発症当時は

右手右脚は感覚もなく麻痺してダラリ~ン状態でしたよ・・・・


もうダラリ~ンは全くありません 



この先生のおかげでもあるのですよ。



いつも丁寧に関節をほぐしてくださり、マッサージしてくださり、

関節が柔らかくなりましたから

母は膝を簡単に曲げられることができるようになり、


立ったり座ったりゴロンと体位交換するときなどのいろいろな場面で

母も介助者の私もとても楽にスムーズにいっています。


障害を負う病を発症しても

それをどうとらえて、その後をどう過ごすかによって

障害はホント軽減されるものです の実感です。





先生と母との信頼関係もしっかり。


母は先生の動かす方向に

自然にちゃんと身体や関節を委ねています。


先生、お願いします という感じです。



先生と私もよくおしゃべりします。

先生は 

”男子厨房に入る” の料理好きで、相撲好きで、本好きで

社会や政治に関する話題も豊富です。


いつも先生といろいろなトピックスでおしゃべりをして、

ピタッと30分の毎週月曜日と金曜日です。


今日は亡くなったワン瑛太がトピックスでした。




只今の母は昼食終わって傾眠中 

水分補給も兼ねた玉ねぎ皮茶のゼリーも食して。
180106_1216~01


母の傾眠中に

このブログ更新も含めていろいろ終わらせて、

これから郵便局に行ってきます、友人に車を出してもらって。


郵便局までは

往復ウォーキングの距離として最適なのですが

時間を要します。。。。。


なので友人に車出してもらってサッサと時短に。

母が目覚める前に。



夜は授業です  




今日も一日が始まっています。

皆様も素敵な一日を 


            クリックお願いします
                   ↓
           
        レスキューされて里親募集中時 の瑛太のプロフィール写真。   












繋がる瞬間 ♪

昨日から

私の授業も通常営業。

いつもの長い付き合いの生徒が来て久しぶりのおしゃべりも 



この生徒は

”瑛太の(未来の)パパ” と私に時々呼ばれてました。


もし私に何か(ワン瑛太より先に私が逝っちゃった場合)あったら

瑛太は彼の家族にしてもらうお願いをしていたから。


「瑛太~ 

未来のパパにお愛想よくして~~ いつかお世話になるかもしれないから~~」
 と

この生徒が来た時、私はよくふざけてワン瑛太に言っていましたよ。


今はもうそれが出来なくなりましたが。





今日はキャリア女子の午前中授業。



母は朝の起床介助終わった後、ベッドで朝食を取ってもらいました。

そしてそのまま授業が終わるまでベッドで待機。


朝食後の二度寝で

車いすでなくベッドだったからか、ぐっすり感があったのか、

目覚めたらお目目パッチリで話しかけへの反応十分でした 




母大好きマンゴーは

今スーパーでは手に入らないので冷凍モノで。 

添加物何もなしなので我が家的にはOKで。
180204_1503~01


今日の母の水分補給も兼ねたおやつ。 

マンゴー・牛乳をゼラチンで固めて。
180204_1554~01

生徒にも 「どうぞ」。    「美味しいです~ 」 と。

私は食べないのですよ。




「フェアー」のインフルエンザ感染発症も終息した というお電話があり、

母は水曜日から「フェアー」利用開始決定です。 良かったです。


あぁ~ 入浴させられますよ~ 



ついでにケアプランの変更もお願いしました。

今までの週4日から、

毎週水曜日(10時半~16時半)と土曜日(10時半~16時)の週2回、

入浴でということでの通所スケジュールに。


今までの週4日スケジュールは

私の仕事スケジュールの兼ね合いもあっての利用でしたから。


私の緊急所用の時はお泊り利用ということもお願いして。



おかあさん、

これからはふたりで残りの人生をいっぱい過ごしましょうね~

おうちでね~ 
  ということで。



これを母に言葉に出して何度も伝えます。

すると母は私を見て目をパチとさせてコクリとします。

この母の、わかってる感が私はとても嬉しいです。


ふたりでしっかり繋がる瞬間でもありますね。



これから母の夕食準備です。

お昼から大量のみじん切り長ネギを吹けば飛ぶよなチョロ火で蒸してる最中。

部屋中、長ネギの甘い匂いが漂っています 



         クリックお願いします
               ↓
          















母と私の在宅のルーティン化 ♪

雪景色のこちら地方。


いつもの通りの朝活で今朝もまだ暗い中起床して、

深々降り積もる雪を眺めながら、


雪国生まれの私は

高校生の時試験勉強での徹夜明けで

窓から音もなく降り積もる雪の静寂をひとり見つめながら

遠くに何を思っていたのか。。。 とついその時のことを思い出しましたね。。。。


今はこうなっちゃってるよ~~ ヾ(o´∀`o)ノ




今日の母は

超~久しぶりの訪問マッサージを受けました。

良かった~~ 

関節も硬くなっていないということで ホ~~ 


これからまた週2回定期的にお願いして。

母の自宅で過ごす普段の日常が始まっています。



私の方は

母の「フェアー」利用回数を減らして の前提で

スケジュール調整して、生徒にも連絡済。


明日から授業。

もうワクワクですよ~ 

この生徒とも1月の初めに授業したきりです。


あぁ~やっと私の日常も始まる 






この間ず~と私と過ごしている母ですが

いろいろ順調です。


咳痰はまだ若干出ますが。。。 投薬中。



こんな納豆も見つけました~

このまま食せてもう刻む必要がないので私的に時短で便利~ 
180202_1429~01


以前の母は

不思議なことに「フェアー」利用日に排便をしてくることが多かったのです。


自宅だと私一人での身体おトイレ介助です。

「フェアー」は二人かかりです。


やはり母は母なりに

私のひとり介助だとキツイのかな。。。と思っていましたよ。


そりゃそうですよね。 

私一人の力で立たせられて、

リハパン・パッド、ズボンの着脱があるのですから。



でもこの間、排便がきちんとあります。

もう私一人の介助でも慣れたのかもしれません。

良かったですよ~


母が排便の時に、

私はそれを促すのにお腹のマッサージをしてあげます。

それもすっかり上手くなったのかもしれません、もしかして    



私の明日の授業準備は完了したので

これから部屋を暖かくして
             
母の上半身を清拭してあげます。


            クリックお願いします
                 ↓
            

             









きっかけがチャンスとして。

昨晩はいろいろ考えた。。。

あまり眠れなかった。。。で昼寝した 




日は流れていく。

写真家の原田京子さんがお撮りになったアークカレンダー。 February になって。
180201_1258~01

老犬たち、可愛すぎッだ~~




今回の件。


母が「フェアー」でのインフルエンザB型に感染発症し、

今また今度はインフルエンザA型利用者さんが「フェアー」利用中ということで

母はそのまま利用できずず~と在宅していること。。。。たまたま。



私は自分のルーティンが出来ずスケジュール立てられず、

irritate し始めていたけど、


う~~ん。。。これって何かの啓示かな~ と。





瑛太が亡くなって、母の知り合いの93歳の方も亡くなって、

日常の中で目の前に死というものをつきつけられて、


いつも一緒の母との生活が続くわけではないのだ・・・

母ともいつかは別れなければいけないのだ・・・

そりゃそうだ・・・・
 と改めて実感させられた中で、



母と私の残りの時間を

もっと二人で過ごす時間を増やすチャンスなのだ とも思いましたよ。




今回たまたまず~とふたりで在宅で日々過ごしているけど

(「フェアー」利用開始以来10年以上に及ぶ介護生活で最長で)

すごく濃くて充実感があるのですよ。


特に母がです。 

いつもいつも話しかけられて、それに対する反応が素晴らしいのです。
 

母ともっともっと一緒にいたい、いてあげたい と痛感してしまった。


十分な高齢の母です。

それが必要なステージが来たのだ とも思います。




今後の母の通所は出来る限り短くして。

私のスケジュールは日程と中身を凝縮して。


母の在宅を前提に最初から凝縮したスケジュールを立てると

今回のようにirritate することがなくなりますしね。




「フェアー」の今回インフルエンザA型の終息の判断に関しては、

感染力の強力なA型の潜伏期間は1~2日だそうですから

只今事業所内利用者さん及び可能性のあるスタッフのA型感染の症状が

全員治まったと判断した時点の4日後から

母の「フェアー」利用を開始ということにしました。


あと2週間くらいでしょうか。。。 ま、予測できず・・・・

利用してもしなくても

小規模多機能型居宅介護の料金は

要介護度に応じた月額定額で徴収されます。

勿論それが理由で利用することは絶対ありえないわけで。




今週土曜日から授業再開で生徒がやってきます。

我が家もこうして人が集まる処として

感染経路が繋がらない予防に徹底しようと思っています。


感染に関する危機意識の徹底が重要です。




今回は母の介護サービスが使えず、ない状態となり、

それによる私の介護ペースが崩されましたが、

逆にそのことで

母と一緒に過ごすことの大切さがさらに実感できるチャンスでもありましたね。



          クリックお願いします
                ↓
          

        明日は久しぶりに訪問マッサージ開始に。
        母の在宅ルーティンを回復させなくちゃ。