FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

12月« 2018年01月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»02月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2018年01月

バランスを取り戻さないと。。。

何があっても関係なく、

お日様は昇ります (今日は曇りで昇りませんでしたが)




母は今日は「フェアー」お休み日。

明日はキャンセルお休みにして,

今週土曜日から「フェアー」利用再開することにしました。


この間私のお相手(?!)で日曜日からず~と丸一週間お休みです。


先週土曜日以来、入浴してないので

今日温かいタオルで身体を拭きました。

180118_1749~02

さんまのお刺身に生姜と大葉と長ネギ。 チキンと玉ねぎ、カレーで炒めて。

納豆。  人参のスープにサワークリーム乗せて。


完食です。




昨日は「フェアー」の管理者さんがいらっしゃった。

瑛太にお花を頂いた。
180117_2114~02


母と「フェアー」はもう10年の付き合いです。

母のことは当然として

介護家族である私のことも瑛太のこともよく熟知されています。

私へのお気遣いに感謝。 

瑛太の死で心にすっかり傷を負っちゃっている私としては

やはり犬好きで同じ経験を負ったことのある管理者さんとの会話で

かなり心が楽になりましたです。 泣いてしまった。。。



ペットロス症候群

うつ病[2]
不眠
情緒不安定、疲労や虚脱感・無気力、めまい
摂食障害(拒食症・過食症)
精神病様症状[3](ペットの声や姿が一瞬現れた気がする錯覚、幻視・幻聴などの幻覚や、「今に帰ってくるのではないか」という妄想など)
胃潰瘍など消化器疾患(心身症)

このような、精神疾患や症状を精神分析的に説明すると、ペットとの別れという現象を受け入れられない場合の防衛機制の一種である逃避であるとも解釈されよう。他方、行動療法(行動医学)の基礎理論である刺激反応モデルによって説明すると、ペットの別れという「刺激」に対する生体の「反応」ということになろう。
                           -Wikipediaー



瑛太を見るたびに思わず、 

「瑛太、もう起きて~ご飯しないと~」 と声かけしそうになって、

やっぱり、瑛太のいない日常が認められず、

なかなか今の状況を受け入れられていませんが

今日は

合間合間に呼吸法でのメディテーションを意識して心掛けて。

今のところ、これしか自己救済法が見つからない。



自分の中のバランスを取り戻さないと。

なんかすごく苦しいのですよ。 参ったです・・・・・



       クリックお願いします
             ↓