Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

04月« 2017年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2017年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

担当ドクター、やっと登場・・・・・

母の病院へ。


今日は

4月29日の入院以来、

初めて担当ドクターと面談の日でした。

初めてのインフォームドコンセントの日 


開始は予定時間より1時間以上遅れて。私じゃなくて。




診断病名をまずお聞きして。

「尿路感染症」 とのことでした。。。。


(ぇ・・・・ 入院時救急医の診断は「肺炎」。。。

その見解に元づいて投薬治療開始・・・だったのですが・・・・)




「肺炎は?。。。。。」 はお聞きしましたら

「肺炎ではありません」 と断言されました。


はぁ~・・・・・


え~と~・・・ 私も同じ症状を同時発症したこと と、

母の今現在の咳と痰はどうなのか とお聞きしました。。。。


でも肺炎ではありません と。



胸部画像を見せられて 「肺はきれいですから」 と。。。。

右肺の白い影、大きくないかい?! と心の中で呟いて・・・



ま、 母はこの間の今日までの8日間、抗生剤の投与を受けていたのですがね・・・・

今日から抗生剤の投与は中止となりました。




「尿路感染症」と断定の根拠は? とお聞きしましたら

入院時と今日の検査の、尿検査の数値から導き出したとのことでした。


ああー、そうですかーーー と私は心の中で棒読み・・・・・



今現在の痰に関する見解は? どうでしょう~ とお聞きしたら

「ウイルス性の風邪でしょう~」 と。(ま、多分)


私としては

母の痰を気にしてもらいたかったです。

痰で誤嚥を起こされたらこまるから・・・・・





数値的な結果は

緊急入院時と今日の検査を比べて、

炎症反応と白血球数が平均値に戻っておりました。


ああ~それで十分 と心の中で呟く。




但し、痰が止まらない・・・ 

しかも咳があまり出なくなって、

そのせいで痰が喉の奥でゴロゴロと吸引が必要な場面も。


とりあえず、

出来るだけ早く、痰が治まれば退院したい と申し出ました。




ず~とゼリー食の母。

アルブミン値、激落ち・・・・・


そして

何故か母は嚥下困難の診断も出ていました。


だからゼリー食から始まっていたのでした・・・・・


入院する当日朝まで

いつもの嚥下機能食をパクパク食べていたのですからね~。

そこが不思議だったのです。 


だから

ゼリー食から始まってのそのまま8日間、

で心配だったのです、栄養面で。



私はこの間ドクターのいない場面が続く中、

看護師に何度か嚥下機能訓練のスタッフにお会いしたいと

申し入れをしたのですが

退院時に嚥下機能結果が出るので

その時に会えますから の一点張りでした。。。。





母は

いつもと違う知らない環境で緊張があるのでしょうか、

その分認知機能が衰えることなく覚醒しています。

いつもより覚醒?!!!


すごいのよね、お母さんて、こういう場面で 

母に感心と感謝の私。



しかし

筋肉は私がいくらマッサージをしても

寝たきりで端座位やら立ち位やら車椅子移乗がありませんので

明らかに落ちています。


栄養もです・・・・ 泣く  





入院予定は12日までですが

なるべく早く退院させるべく、

自宅に痰の吸引器を設置することに決定。


痰吸引は自宅で家族が出来るそうです。

今日病院から帰宅して「フェアー」を通して、

吸引器自宅設置の段取り済みです。


今後の長い介護生活の中で

高齢の母には必需品となる可能性も出てきていますしね。



私が

母の様子をみながら、「フェアー」やその看護師さんと相談しながら、

いつ退院をするか決定することにしました。


            クリックお願いします
                  ↓
              
 











スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。