FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

11月« 2016年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2016年12月

いのちの大切さ

10月末に出版された本。



プロのファッション・広告写真家の原田京子さんが

ライフワークとして撮りためてきた、

動物保護団体アーク(アニマルレフュージ関西)のワンたちニャンたちの写真に

児童文学作家の高橋うららさんが言葉をつないだものです。



ひとと同じように、

ワン・ニャンたちそれぞれのじんせいがあり、

そして

その中で捨てられた子たちが見捨てられてる子たちが、

「アーク」に保護されて身体的および心的ケアをきちんと施され、

新しい家族に出会っていく過程が描かれています。


動物と人との、いろんな形の関わりがあるなかで

心温かくなる、動物とひととの共存共生への共感です。


児童文庫ですので子供向けでとてもわかりやすく。

いのちの大切さを子供が学ぶ上でも良書です。


大人が読んでも心ホクホクと。

クリスマスプレゼントにも最適です。 

16,12,11

660円(税抜き)   うちの瑛太も載っているのですよ。 





昨晩、母は「フェアー」一泊お泊り。

一泊の予定。。。。

でしたが、私の仕事の段取りがまだ終わらな~い。。。。


スケジュール的に詰まり、夜は授業もあるし、

このままだとエネルギーが減少していくのみ なので

(帰宅した母を迎い入れた時点で、私が一時休息必要かも、気味かも・・・)



で、もう一泊お泊りお願いしました。 

朝一でその段取り電話をして。


母は何も変わったことなく、

いつものように「フェアー」で過ごしているそうです。良かった。



        クリックお願いします
             ↓