Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

10月« 2016年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2016年11月

低栄養状態から改善の方向性

この間、母の食事の内容に関して

あれこれ考えていて。。。。



今日もまた「フェアー」の看護師さんとミーティング(電話で)して、

丁寧なアドバイスを頂きながら結論を導きました。 決定事項として。




10月時点での採血の結果は

血清アルブミン値の下がりでした。

他の数値は全く問題ない中で栄養が吸収されていない。


それを元に低栄養状態としての結論に

高カロリーの栄養調整食品の使用開始がベストということになりました。


その方向でいくしかないかな。。。と思っていたのですが

その方針を変えました。  やはりそれらは使わない。





先日、ベテランのケアマネをやってらっしゃる方が

「低栄養予防のお助けブック」という小冊子を持ってきてくださいました。

専門的な分野をわかりやすく説明されていて、とても参考になりました。



そして決定的だったのは

昨日、母の体重の変化がなかった ことです。




もうひとつは出来るだけ化学合成の食品や加工品は使いたくないという

我が家の基本的食生活もあります。


でこの間、トロミ材としても

片栗粉やらゼラチンやら寒天やら葛やら、

ネバネバ食材の応用のトロミ材替わりとか、いろいろ試行錯誤してましたよ。




日々の食事でその低栄養状態の改善を図ることにしました。

母はまだ口から食せますから。




もうひとつ結論づけの理由は

辰巳芳子さんという料理研究家の本です。  

”食はいのち” という、いきることの原点。



今日もスープのためにチキン出しを取っていましたよ。

我が家の常備品。  ただ今解凍中のチキンボーン。
16,11,30


今現状の食事に、

辰巳芳子さんのレシピを参考に

いつものスープをもっともっと丁寧につくることにしました。

(クックパッドからの卒業でしょうか~~ 




しばらくこのやり方でやって母の様子を見たいと思っています。


そのために、血液検査は毎月やっていただいたほうが良いという

「フェアー」看護師さんからのアドバイスでした。


私も強く同意。

きちんと数値的な測定の結果を客観的に見ながら。



私が今母のために出来ることです。



         クリックお願いします
                ↓
           

           Green Smoothie は毎日必ず欠かさず。
           リンゴ・アボカド・キュウイ・バナナ・
          小松菜・ケール・大葉・スーパースプラウト。











お願いしよう~。。。

今日の母のお迎えに

「フェアー」のケアマネもいらっしゃいました。



母の送迎の時は

母を私がひとりでスタッフ到着前に

自宅室内用車いすから外出用の軽量車椅子に移乗しています。

帰宅時の逆もしかり。



それを送迎のスタッフがやってくださる  という申し出でした。



先日のお迎え時、

母が立ち上がっても動けず、車椅子移乗が困難となり、

崩れ落ちそうになりながら立ち往生のところを

やってきたスタッフに助けて頂きました。。。。



それがあったからでしょう。


現実、母は歩行が困難になりつつあり、下に沈み込みます。

強い支えが必要です。


私一人では大変であろう という配慮ですね。




急な話だったので、

あら、どうしようかしら。。。 と一瞬。


しかも 今はまだ私は一人でも大丈夫だろう というのもありました。

介護とはそんなものだろう と。



ぁ・・・・ 

やっぱりお願いしよう !




何故なら母は「フェアー」ではお泊りでも通所でも

立ち上がりや移乗や車椅子上の体位変更整えやおトイレ介助も

スタッフふたり一組でやっていただいています。


もうスンナリと母には何の負担なく ですね。



でも私の時は私ひとりなので

ヨコラショッ。。。 やら ドッコイショ。。。 やら、

私ひとりで支えて移動しますので

どうしても強く力がかかります。


車椅子下方にずれたら上に移動するのも、強い力で引き上げです。


これ母には負担ですものね。。。。。!




私は介護の方針として

母のために出来ることは自分でやろう と。


その中でが困難や問題が生じたら支援をお願いしようと

ずっと思ってやってきましたが、

ここでは無理せず。



母の身体も負担にならず、私の身体も楽になります。



脳梗塞発症以来、

母の介護の内容は身体介助がガッツリなので内容がとても重くなっています。


母の認知症の進行と高齢化と共に

私一人では難儀する場面が出てきましたね~。。。。


母が「フェアー」に通える間はお願いしよう。



母は36kgちょっとです。 45kg満たない私にはなかなか重いです。

ところで母の今月の体重測定。

先月とまったく変わらず でした


       クリックお願いします
            ↓
      
      我が家にやって来たゆうちゃんに初めて近づいた瑛太。       
      「クンクン。。。 ここの子になるんだよ~  2年前。












とうとうお節は中止に。。。。。

昨晩、

以前から懇意にしている知り合いの方がいらっしゃいましたよ。

近くまで買い物にいらしたということで。


職業はケアマネです。ベテランであります。

知識と愛情に溢れた方で

母がいずれ認知症の進行や高齢による体力身体的衰えが出て、

「フェアー」の通いが出来なくなった時は

24時間在宅介護の母のケアマネをお願いするつもりです。


私的には母のために この人しかいない という思いです。


母のために、そして私が慌てないように

いずれの、次の段取りも取っています。



車椅子の母を挟んでふたりで座りながら、

おしゃべりが弾みました 

さすがのキャリアで、ためになる事がとても多かったです。





11月ももう終わりです。

12月のスケジュールは埋まっています。


その中で例年と違うこと。

それは毎年作る、同じパターンの ”手作りお節” をとうとうやめることです・・・・



2月の脳梗塞発症以来、母の嚥下機能は落ち、

誤嚥予防的な食事に移行中です。


なので普通のお節食は無理になりましたから。



ま、母用にお節ぽく作ってあげたいと思っています。


でももう以前のように買い出しやら下ごしらえの準備などはいりませんね。



私の、母とお正月をお節で過ごす というお楽しみがなくなりました・・・・



長い介護生活の中での、その時間の流れの中で、

脳梗塞が引き金となった母の認知症と高齢化がはっきりわかる出来事ですね。




12月に入ったらすぐに

訪問歯科診療の摂食嚥下機能検査、2回目を受けます。


この間移行してきている食事内容での検査です。




今日は授業中にいつものように「フェアー」から帰宅。

その後も別の生徒の、連続授業でした。


授業が終わってのすぐの、

夕食前なのに、

「お母さん、ごめんね~ ありがとね~」 とアイスクリームでご機嫌伺い 


ちょっと夕食の時間が遅くなりました。



           クリックお願いします
                ↓
             
              二年前の寝起きのボクちゃんなの~  









車椅子ごとのトレーニング。

最近私がやらせてもらってるトレーニング。

「フェアー」にお願いして、スタッフの見守りの中。



外階段の車椅子ごとの、母の昇降です。



母は車椅子に座ったまま、

その車椅子の前部と後部をそれぞれの人が持ちながら、

車椅子を水平気味にして後輪だけで一段一段昇降します。


私はやったことがありませんでした。

いつも傍の付き添いだけでした。



先日友人からの 

「災害の緊急時や何かあった時、誰かにお願いするのに

やり方とこつとその注意点と

介護家族は知っていたほうがいいのじゃないか」
 と言われ、


まったくその通りだわ ということで

「フェアー」にお願いしてやらせていただいているのですよ。



重かった・・・ 


また、一段一段車椅子を上げ下げすると同時に

脚もタイミングよく一歩一歩移動させなければいけません・・・・



ま、このタイミングに関してはいずれ慣れで解決出来るでしょうが

予想以上の重たさでした。



私は甘かった。。。。


やる前は

筋力には自信がありだし、

これを続けたら更に筋力つくかしら~ うふ 
と見事に能天気の私でしたね。。。。



スタッフの皆さん、

結構軽々(?!)とスムースにやっているように見えていたのですよ。




今回自分が参加してみて、

スタッフの皆さん、

こんな重いものをいつも上げ下げしていてくださっていたのか。。。。 
と、

その大変さを実感して、ホントもう~~頭の下がる思いです。



でも継続して頑張ります、私~




今日は授業で、

母にはその間ベッドで待機してもらいました。

今日の授業は講義内容濃いのでその方が私も集中出来ました。


今日の ”召し上がれ”  生徒に撮影してもらいました~ (私はご飯準備中)
16,11,27 召し上がれ

ワカメと小肌の酢〆。 キノコの餡かけ温奴。 豆苗と生姜の和え物。

ブリを焼いて (「男子ですから2個で」 と)。 安念芋のお味噌汁。


キノコの餡かけとお味噌汁だけは母も同じです。


嚥下食になった母と生徒は献立が今は殆ど違いますね~。

以前は

この生徒の時の”召し上がれ”と母の食事メニューは同じでしたから。



これからお母さんの足湯の時間です。

その後、母はベッドへ。

母の今日の一日は終わります。 穏やかに平和に。


そばにいてくれる母に感謝です。



             クリックお願いします。
                  ↓
        
         お昼寝中のある日の午後。
















今朝のハプニング・・・

今日も青空。 

早朝からの活動量も一気に上がります 



今朝のハプニング。。。。


午前中「フェアー」へ向かうお迎え時は「フェアー」からお電話があります。

「これから向かいます」  「よろしくお願いいたします」 で。



いつもそこで母を自宅室内用車いすから

「フェアー」お出かけ用車いすに移乗します。 そして待機。

       自宅用             外出用
         ↓               ↓       
16,11,26

いつもこんな風にして移乗し終わって、

玄関外に移動してスタッフを待っています。



ところが今日は

移乗するのに母を抱きかかえて自宅用車いすから立ち上がらせたら、

立ったままですが母は足が動かせませんでした・・・・


ちょっとでも動いてくれないと向きが。。。。

車いすはロックされていて、私の足で引き寄せようにもビクともしないし~・・・



支えて立ったままの母娘。。。  

母は沈み込んでいくし。。。それを必死に支える娘。。。。 

てな調子でした・・・ Σ(´Д`lll)エエ!! 


移乗してもらうどころではなく。。。



と丁度時間的にタイミングよく、スタッフが登場してくれましたよ~。


「あら~~ッ」 という声と同時にサッと介助して母を座らせてくれました。




昨日まではいつも出来ていたことが今日は出来なかった母でした。


明日は車いすの向きと位置を調整しての、今日の教訓です。


で、いずれは私がひとりで移乗させるのではなく、

スタッフが来てから一緒に移乗させることになるのでしょうね。




母はそのまま何事もなかったかのように「フェアー」にお風呂セット持って。


私はその後、

往復1時間のウォーキングと、

途中マーシャとゆうちゃんが眠っているお寺に会いに寄って、

落葉拾いのボランティア1時間半。


お天気が良く、

体を動かしていると冷たい風も心地よく、身も心もスッキリでした 



デスクワークも終了したし、

後は夕食の準備しながら母の帰宅を待つ  の図。


        クリックお願いします
              ↓
         
      お寺の御神木。この老木の下で落ち葉拾い。  











高齢による衰え、避けられず。

素晴らしい青空のお天気でした。




先日の訪問診療のドクターからのお薬の処方箋が届きました。



以前受けた、

訪問歯科診療の 「摂食嚥下機能検査」 の報告書をもとに、


母の最近、時折引き起こされている37℃超えの微熱の原因が

「不顕性誤嚥の可能性あり」 ということの判断で、


今後高い熱が出た場合、重篤化を防ぐために

抗生物質を投与するように との指示でその時のためのお薬です。




午後から

「フェアー」の看護師さんの所へ行ってきました。

これらの報連相で、今後の方針とアドバイスをいただくために。



今回の血液検査結果は

前回(4ヶ月前)に高かったALPは正常値に戻りましたが、

栄養が吸収しきれていない数値(アルブミン)だけが出ていました ので

今後は高カロリーの補助食品も一部取り入れて使うことにしました。


他の数値は炎症反応もなく、全て基準値範囲内でした



私の食事管理だけでは

高齢の母の栄養管理は無理なようです。


栄養が吸収しきれていない分と

それによる低栄養を防ぐためにもそうすることにしました。



今は嚥下の問題と低栄養を防ぐ というのが

母の課題というか、私への課題ですね。




2月の脳梗塞発症以来、

血圧降下剤の投与は一切中止している中、

最近、血圧は起床時自宅では高めですが

日中はとても安定しています。


今のところ血圧安定剤の再投与の予定はなしです。



母はアルツハイマー病と高血圧以外、

他の臓器疾患がなく、やはり丈夫です。



でも高齢には勝てません。。。。 嚥下機能の衰えです。


歩行も含めた身体機能の衰えも出てきました。




今日の母は朝から発語がかなりありました。


「フェアー」でも来客用ピンポーンがなったら

「はいはい」 と母が反応して、

あまりのタイミングにスタッフ皆さんの笑いを取っていたとか 


        
            クリックお願いします
                  ↓
         













残された生を生きる。

起床時から雪でした。

まだ暗い中、雪が降る静寂。


あ、今日は母は「フェアー」お休みしてもらうわ と

8時まで待って「フェアー」に電話を入れました。




私の1日のスケジュールは

ほぼ以前と変わらずに戻っています。


高齢でアルツハイマー病の母と、

いつ水頭症による癲癇発作が起きるかわからない

老犬の瑛太がいるからです。


亡くなったゆうちゃんへの思いを心に受け止めながら、

いつもの介護生活ですね。。。。。




ゆうちゃんの存在と、その死は

あらためて私に 死 というものを考える機会と時間をもたらしました。。。。


残された者たち の意味も。




私の腕に抱かれながら逝ったゆうちゃんは

淡々と自分のその終わりを受け入れて逝った という感じでした。。。。


地球上の、ありとあらゆる全ての生物は誕生と死を繰り返してきました。

永遠とは時間の流れと死です。


ゆうちゃんばかりでなく私もです。




そして時には

介護そのものが死を見つめる作業でもあります。


やってくるであろうその死を見つめて、

老齢の母や私のような高齢の人間は

己の寿命の、この先の長さを推し量ることができます。



だからこそ必ずやってくる死という終わりまで、

幸せに心豊かに、

そのために一日一日を丁寧に生きていきたいと思っているのです。


今ある生に感謝して。



この強い思いは母の介護をしてきて獲得したものです。




私は当然母と瑛太より先に逝きたくはありません。

この愛すべき家族を見送ってから、最後に逝きたいと思っています。


勿論、思っていても私が先かもしれません。。。わからないのですよね。




食事は

バランスをとり、添加物を避けて、出来るだけ自然に近いもので手作り、


運動は

朝の目覚めを兼ねたラジオ体操、ヨガ(そこで機械で筋トレ運動も)

そしてウォーキングを欠かさず、


メンタル的には

グーグル社用テキストに基づいたマインドフルネスメディテーションを。


1日の始まりと終わりは

朝日と共に活動して、夕日と共に休息する生活。



これらを日常生活習慣の基本にしっかり沿えて。 



英語の仕事自体も脳トレを兼ねています。


これら繰り返しはセルフコントロールの強化でもありますね。   





何がなんでも我が家の基本は私なのです。

死ぬまで丈夫でいなくちゃ。 できる限り。



自分の体調管理をしっかりやって、

母と瑛太との介護生活を楽しみながら維持したいと思っているのですよ。


いつかは終わる介護生活ですが。  それまで。





今日は母の訪問診療の日でした。

インフルエンザ予防ワクチンを接種していただきました。

接種時、母動ぜず 


           クリックお願いします
                 ↓
            
        ただ今、ひとりでバウバウ中のボクちゃんです~    













これどうしよう・・・買ったばかり・・・

今日は

母「フェアー」お休み日で訪問歯科があり、

先週修理に出した ”入れ歯ちゃん” が返ってきました。


破損しそうなところは修理されていてしっかり問題なく。

調整もしていただきました。 咬合調整も出来ました。



食事は

誤嚥防止ために嚥下食を入れ歯なしで食べていますが

母はまだ十分に入れ歯が使えるので

顎への刺激が脳への刺激となってありがたいです。


アルツハイマー病ですから、

何がなんでも脳の刺激は大切です。


先生や衛生士さんに話しかけられていましたよ~

母の反応はイマイチですが

母の聴覚は問題ありませんので母の意識とは別に、

これも刺激なのですよ。




そして診療中、

珍しく瑛太が出てきましたよ。 (来客時のいつもは出てきません。)

「あらあら~ ワンちゃん~  」 と。

その笑顔は ”皆さん、ワン好き” バレバレでした~  




訪問マッサージもありましたよ。

気持ちよさそうでした、いつも通り。





今日は

母を傍に置いて部屋の整頓もしました。

捨てる物も出てきています。



ただし、これどうしよう~~・・・ 


ゆうちゃん亡くなる3日前に購入した、(殆ど使用することのなかった)

ゆうちゃんの夜鳴き音を防音するための 白い防音シート。
16,11,22

ケージを覆ったり、壁に立てかけようと。 幅5cmでかなりの量です。

買ったばかり・・・ でも大きい・・・ もう使うことはないだろう・・・し・・・


断捨離好きの私としては

使わないものは置いておきたくないのですよ~・・・・


捨てるしかないのですね~。。。。。




今日は生徒のお母さんから、自宅栽培のサツマイモ揚げての、

差し入れもありました。   撮影前に2個つまみ食い 
16,11,23

明日は

こちら地方はどうやら雪模様のようです。


そうなれば母は「フェアー」をお休みさせます。


午後から訪問診療の先生もいらっしゃいますし。 

(母はこの日はいつも早退してきます)

路面の問題やらのリスクも避けて。



なので明日は動けない、買い物行けなくなるので

今晩これから(母はもうベッドなので)

ウォーキングついでにスーパーで食材調達です。


今時スーパーは22時までです。 便利です。


         クリックお願いします
              ↓
        
    あれ、ゆうちゃんは?  玄関で爆睡中でした~          












新しいスケジュールに立て直し。

素晴らしいお天気でした。



今までは

ゆうちゃんがいつギャオオンと発作を起こすかわからない介護の中で、

外出も控えて、

ヨガ教室はず~とお休み、ウォーキングにもなかなか出られず。。。



そして今日から

ゆうちゃんがいない生活にスケジュールの立て直し。

週単位のルーティンです。


母が就寝した後の毎晩のウォーキング再開とは別に、

週3回、母が「フェアー」に行ってる日中にウォーキングを組み込んで。



先代犬マーシャとゆうちゃんを埋葬してあるお寺まで。 


片道速歩で30分の距離です。  私にとってベストの距離です。

そこでついでに今は落ち葉拾いのボランティアを。

このお寺には私の書道道具も置いてあります。


今日も行ってきました。 汗をたっぷりかきましたよ。



しばらくはこんな風に関わっていくつもりです。

いえ、ず~とにそうなりますね。





母の認知症の症状が進んでいます。

かなりはっきりと。


私への 「せんせ様ァ~  」 の呼びかけも殆ど発していません・・・・


歩行が安定していません・・・ 

脚の出し方を忘れているような時が出てきました・・・・



母の週単位のルーティンスケジュールも環境も変わっていないのに。。。。




私は母の目の前に自分の顔をおいて

「お母さん、お母さん、お母さ~ん  」 とひたすら声かけして、

HUGHUGいっぱい して、(*´ε`*)チュッチュ とほっぺにチュウして。


わたしはここにいますよ~~ と。



食欲はあります。

自分でおいしいと感じたものには

お口、パクッと勢い良く開けてくれます。




明日は訪問歯科と訪問マッサージの日。

修理をお願いした ”入れ歯ちゃん(上顎の)” が戻ってきます。


入れ歯入れたら、ちょっとでも刺激になればいいのですが。


        クリックお願いします
                 ↓
        
        人がそんなに怖くなくなって
        うちのJuliaとお散歩もできるようになったのよ。

 
        リードをつけるのが大変でした・・・噛まれて。        
        抱っこして外階段を下りるのも大変でした・・・噛まれて。
        でも噛まなってくれました。
 

               
              人気ブログランキングへ











黙々と。。。

今日は

母が「フェアー」に行っている間の午後にお寺に行ってきました。




ゆうちゃんの埋められた土の状態を確認するためと、

お寺への、お礼の気持ちを表すのに

境内の落葉拾いのボランティアのためです。




午前中は友人が自分で作った人参を持参。

「あれ、いつも月曜日がお休みでしょ?!」 と私。

「だから今日が月曜日でしょうが~。。。 w( ̄o ̄)w」 と友人。 

アハ~。。。 (。-_-。)



やっぱりまだぼ~としているのだな~



食欲全然湧かず、キリッと感ないし。


夜は夜中にガッツリ目が覚めてしまっているし。

ゆうちゃんの夜鳴きに付き合った癖が直らない。

おかげで早朝起床が出来ないし。



この事をご住職に話したら

「だから49日というものがあります。 

自分でいくら切り替えても

心と体はやはりそういう状態で皆さん同じように続くのですよ。」

と言われて、


49日は長すぎるぞ~ と心の中で呟やいた。。。。




お寺の境内で、

落葉拾いをひとりで黙々と。。。。 マインドフルネスメディテーション。


途中雨が降り始めて、別の作業に移行して。




黙々と集中しながらのフィジカルな作業は心地よいものでしたね。


今は身体を動かすに限ります。




気分転換、もうひとつで。 バラを飾って。 

ホントはドライフラワーを作るために購入したのですがね。

いつも通りしなくちゃね。きちんとね。
16,11,21



母は今日午前中は訪問マッサージの日。

その後「フェアー」へ。


排便も十分にあり、発語もあり、いつも通りです。

感謝ですね~~。


      クリックお願いします
            ↓
         

        うちのJulia、アタシが来て間もない頃、
        触れないアタシをお昼寝している間に
        「ゆうちゃ~ん、ニギニギ~  」とか、してるのよ~

        目覚ましてビックリだったわ、あの頃。














とか、とか、とか。。。がない・・・・

今日の私の予定は授業だけでした。


教え始めてから、もうそろそろ6年目に入る生徒でした。

なので2年前の、ゆうちゃん我が家に登場~ もよく知っていますよ。


ゆうちゃん、授業中フラリンフラリンやって来て、

そのままフラリンフラリン元の部屋に戻って行ったり。


「え~と、あのかた(ゆうちゃん)一体何しに来たんでしょうか~」 と

私たちの笑いも取って。




授業後は母と瑛太と過ごしましたよ 。



起床して。 私と一緒に寝ている瑛太も同じく起床。


私がパタパタ動いていると瑛太も。

デスクワークに入って机に向かうと、机の下の自分用お座布団で 二度 
 


その後、母の起床介助がベッドの上で始まります。

瑛太は起きてきて母の部屋にやって来てベッドの下で

目を真ん丸くしながらソワソワ。。。 

「早くおばあちゃんのお世話終えてねーーーーーっ」 と。


母の朝食と瑛太の朝食は同時なのですよ。



瑛太の毎朝は変わらず。  全く同じこのパターンを繰り返します。


瑛太が何かを要求するのはこれくらいです。


後、たまに夜私が机に向かっていてお布団を敷いてないと

「お布団敷いてないよ~ ボクは先に寝るから~ 」 とソワソワと呼びにきます。



それ以外は一日中自分のペースですね。

老犬なりの睡眠時間は多い。


声掛けすると嬉しそうに寄ってきます 

人前にはあまり出てきませ~ん。





今日の母は毎食後、眠っていましたね~。。。

授業中はベッドで 


歩行も安定せず なので

ベッドから車椅子へ、車椅子からソファーへ 等々に移動は

歩かせることなく、車椅子を傍に置いて移乗でした。


脳と体の連動性を考えたら

歩行で身体を動かしたいのですが

もう無理はしない の段階に入ったのかもしれません。




一日中、授業やら家事労働やら母のお相手やら、やらをやっていて、


今までは

「ゆうちゃん、そろそろ起きるかしら。。。もう起きないと~ご飯ですよ~」、

ぎゃわんと鳴かれたら「今行くから~」 とか、 

お日様の日は「お天気だからベランダ日光浴よ~」 とか、

授業中、あるいは来客中「ゆうちゃん、今忙しいから鳴くかないでいてね~」 と

心で念じたり。。。。

母の身体介助しながら「今はウンチしないでね~」 と言ってみたり、

「今晩は鳴かないで寝てくれるかな~・・・」 とか、とか、とか。。。。



今はそれがない。

一体何だ、この暇な感は・・・・ 気が張っていない・・・・ 

スコンと何かが欠けた感。。。。



2年前にゆうちゃんが我が家に来る前の

”さんにん生活” になったのだとあらためて実感した今日でした。




         クリックお願いします
               ↓
         
     未だ全く触れない頃。 ご飯に夢中の間、ブラッシング。
     当初の反応はそりゃ~強烈でしたが、
     毎日毎食事スリスリと。。。数か月。。。
     私はこの時、見事なへっぴり腰・・・・ 

     めげない私に諦めて、ゆうちゃんは全く平気になりました。
     お触り作戦、第一弾。 抜け毛予防も兼ねて。
  










 
  
        





ペットロス症候群

ゆうちゃんを埋葬した金曜日の夜は

母に一泊お泊りをお願いしました。


ゆうちゃんが亡くなって以降、ボ~としてたりで、

その間溜まった英文資料の整理と、授業やって、

そして埋葬。

その後、ゆうちゃん物の片付け、整理。


母がいないので、

夜はご住職からの招待でお寺で飲み会でした。 お寿司とワインでした。

 

埋葬の夜に、そのお寺で、心配りのご招待で、(と全部揃った条件下で)

飲んだら泣くかも と思っていたら、飲んだらやっぱり泣いた。。。


もう泣くことはないでしょうね。  

少なくとも5年分は! 涙と鼻水が出た感じ。。。





深刻なペットロス症候群にはなりませんね。

母と、特にワンの瑛太がいてくれるから。



以前、先代犬のマーシャが亡くなった時は

マーシャだけの一頭飼いでしたので、

あの当時は失った途端、

ペットロス症候群に罹っていたような気がします、今振り返ると。


授業は全キャンセル、ブログも書けずに中断、母は「フェアー」にお泊りお預かり。

部屋の中雑然の定位置管理できず。。。。。何も出来ず、手につかず・・・・・



でも母がいましたから

「あぁ~ こんなことしてられない。。。」 となんとか復活した当時でした。


そして瑛太を

保護団体アーク(アニマルレフュージ関西)から我が家に迎えたのですよ。





母は何事もなく、いつものように、

「フェアー」一泊お泊りから帰宅しました。


お泊り担当は

母が大好きな、母が「フェアー」利用当時からの一緒のスタッフでしたし。

もう10年も母と一緒にいてくださいます。

彼女の笑顔と声を感じながら母も楽しかったでしょうね~。



明日は母は「フェアー」お休みで、私は授業です。



これからもいつもの日常が続きます。

”よにん家族” から ”さんにん家族” になりましたが。


              クリックお願いします
                    ↓
            
         ベランダで日光浴兼ねて、みんなでブラブラ中   











埋葬

埋葬しました。



土に返す、母なる地球に返すということで。



月曜日に亡くなってもっと早く返してあげるべきでしたが

昨日の大人女子生徒に

会わせてあげたかった、会ってもらいたかった というのもあり、

(埋葬場所のお寺の日にち的な都合もあり、)

ドライで何とかゆうちゃんのボディを維持して。


彼女は最後にゆうちゃんの頭をゆっくりと撫でてくれました。



今日は午前中からの授業が終わって。

その後、ゆうちゃんのその重さを感じながらタクシーで。


そこで

ABBEY ROAD のジョージハリスンみたく、ジーンズで墓を掘って。

ゆうちゃんに思いを込めて。




埋葬しました。


先代犬マーシャの隣に。

大きな桜の、老木の下に。

16,11,18



「ありがとう、愛しているから」 と言って。


残された私たちは生きていきますね と心で言って。




毎年、この老木にお花見にマーシャに会いに、母とお花見に行くのですよ。

お花見弁当作って。



でも今年は2月に母が脳梗塞を発症し、とうとう行くことが出来ませんでした。


でも今は母もその後それなりに復活です。



来年は

この老木のもとにマーシャとゆうちゃんが眠っているここに母とお花見に行きますよ。

お弁当持って。



ゆうちゃん、お空素敵ね~ と
16,11,18 2



ご住職に感謝。


以前、

私も死んだら、ここでそのまま一緒に土に帰りた~い と言ったら

(以前マーシャが亡くなった時)、


「それではわたくしが死体遺棄で捕まりま~す」 と言われて爆笑~~~



その時、あ、そうなのですね、火葬なのですね、日本は と納得でした~~




応援してくださった皆様、ありがとうございます。

ゆうちゃんは空に向かいました。

支えてくださってありがとうございます。 感謝。


        クリックお願いします
              ↓
        
     私がゆうちゃんに と作った、手作りのリードとカラーです。

        












変わらずそばにいてくれて。

今日は授業でした。 今終わりました。


生徒はこのブログにコメントも入れてくれていました。


彼女の気遣いの中、

授業始める前に喋る喋るしゃべるッ私でした、ゆうちゃんのこと。


「先生、ゆうちゃんは幸せでしたよ」 と言われて

「ゆうちゃんがいてくれて私も幸せだったのよ」 と。


止らなくなりそうだったので慌てて授業開始でした。





昨日は

母は「フェアー」お休み日で訪問歯科と訪問マッサージの日でした。



入れ歯はお預かりして補強の修理をする段取りとなりました。


入れ歯を入れたまま、

軟らかい粘土状のもので口腔内全顎のインプレッション(型)を採りました。



母がそれを我慢できるかどうかが難問でしたが

固まるまでじっとして動かず抵抗せず上手くいきました。



固まるまでの途中、何をされているか理解できない母は

ちょっと声を出しましたが

先生の声掛け 「お鼻で息してください~」 で

私が母の鼻を軽くツンツンしながら、一緒に 「お鼻でここで息して~」 と。



認知症の母にとっては訳わからず のうちに終了しました。


来週出来上がってくるまで 歯無ッしィ~ の母です 

食べることには問題ありません。


先生とは

嚥下の件と、母にとっての咬合することによる脳への刺激の必要性を確認して。



今晩の ”お母さん、ご飯ですよ~”
16,11,17 1
ブリの照り焼き。 切り昆布・生姜・だし汁でドロトロドレッシング。

潰した軟らかいカボチャ。  冬瓜とチキンミンチのあんかけ。 

ハンペンもだし汁でミンチでドロトロして、昆布・生姜ドレをかけて。

時間がなくてお粥に出来なかった玄米ご飯は母は少量で。

シジミのお味噌汁。 母は汁だけで。



食事の前にGreen Smoothie 。

リンゴ・アボカド・バナナ・春菊・スーパースプライト・人参の葉・自家栽培ケール。

これで葉物栄養です。
16,11,17 2


逝ってしまったワンのことを思いながら、ふと横見ると、

私の笑顔を取り戻してくれる母と瑛太がいてくれます。

家族に感謝です。


やることもいっぱいあります。 




         クリックお願いします
                ↓
       
     我が家に来て数週間目。セーターを編んであげました。
    
     何かしてあげたかったのですよ。 但し、この一枚で終わり。

     着せるのにも脱がせるにも 噛まれて噛まれて 触れませんでしたね~。
  









ゆうちゃんへ。

多くの、殺処分を受けてその生を終えたワンや猫たちは

生きた証さえないのだ。




残された私があなたにできること。



私は永遠にあなたのことは忘れることはないのだ。

私はあなたを最後に看取って、

あなたがこの世に生まれて生きてきたことを知っているのよ。



私の中に永遠に忘れ去られることなく、存在するのだ。


それはゆうちゃんがこの世に生まれて生きた唯一の証なのだ。




私の大切な家族、母と瑛太を空から見守っていてね。


いつかまたね。  待っててね。



           クリックお願いします
                  ↓
          
          
          我が家の子になって数か月位に
          やっとナデナデさせてくれるようになったわよね~











ありがとう、ゆうちゃん・・・・

昨日夕方から授業で中学生が来ました。


横たわっているゆうちゃんと会って。

私がシリンジで水分補給をするのを見ていて。

「ゆうちゃん、ゴクンして、お願いだから」 と。


でももう口から洩れるので中止して。


生徒はゆうちゃんを見つめながら発した言葉はそれだけでしたね。

いのち を見つめる感じでした。




母がベッドに入った後、

ゆうちゃんは横たわったまま、あるいは私に抱かれながら。

時間を過ごしました。
16,11,15 2



そして22時25分頃、

ス~と前足を空を目指すみたく持ち上げて。。。

ゆうちゃん、動きたいの? と声かけしましたら

呼吸が止まり、徐々に心臓の鼓動も弱くなりました。


心臓マッサージをして。 

ゆうちゃん、まだ行かないでッ。 戻ってッ と心で叫びながら。


一度数秒ほど心臓が回復しましたが二度目はありませんでした・・・・・・


苦しそうな声を発することもなく、

目も表情も穏やかでした。
16,11,15 1



二年前に他県の動物愛護センターで収容され、
収容中に前庭障害の重い発作を起こして意識不明で飲食出来ず寝たきりとなり、

譲渡家族を見つけるのは無理 ということで、
殺処分までの猶予期間が短くなり、
同じ死ぬなら殺処分でなく、せめて人のお家でということで、
保護団体のお家に引き取られました。

殺処分数日前でした。

何故か我が家に来ました。もう看取りということでした。
でもゆうちゃんは回復しました。
すっかり我が家の子となって、丁度今月末で丸二年です。


動物愛護センターに収容される前の生活は
相当の虐待を受けており、
多分そのせいでしょう、人間に全く触らせませんでした。
我が家でも私を噛んで噛んでおりました。

人間というもの対して、 怖いものだ というゆうちゃんにとって恐怖の対象でした。

人が動くだけで、手が近づいてくるだけで
暴力を虐待を受ける という恐怖からの防衛本能でした。
ゆうちゃん生来は攻撃性はありません。


2年の我が家の生活で ゆうちゃん、ここでは自由に生きてね と。

ゆうちゃんは今はもう噛むことが全くなくなっていました。
友人も生徒も驚いていましたね。

抱っこも出来るようになりました。


ゆうちゃん自身がひとへの恐怖から解放されて良かったです。


でもゆうちゃんは自分から私に甘えることは一度もなかった・・・・

甘え方を知りませんでした・・・・

そこが切ないです。




虐待を受けて捨てられ、殺処分の対象となり、そして我が家に来て、

ゆうちゃんはその運命をひたすら受け入れて来ました。


そして今自身のその死も受け入れて穏やかに眠りにつきました。


日本犬らしく、凛としていましたよ。


土に帰ろうね、ゆうちゃん。

私とおばあちゃんと瑛太と一緒にいてくれてありがとう。

私を見つけてくれてありがとう。




今日は何も手につかん・・・ 心臓が痛い。。。。



       クリックお願いします
            ↓
      
      座布団やベッドが理解できず、ブランケットも必要なく、
          
      なので部屋中がゆうちゃんのベッドで休憩処でしたね。
   










OMG. 体力にかけるしかない・・・・

朝から OMG. であった。。。

昨日、母とワンたちで過ごした穏やかな一日が一転。。。。



ゆうちゃん、調子悪し・・・・


昨夜はず~と鳴きぱなしでした。

但し、ギャオオンと野太い声でなく、キュワン、キュワンと高めの声で。

声かけしても認知出来ず、目はあっちにいったまま・・・・キュワンキュワンと・・・



朝から食事受け付けず。


ゆうちゃん大好き牛の生肉で強制給餌を試みるも、ゴクンと出来ず。

水分はシリンジ使っての強制補給で何とか。



意識朦朧。。。。 ぐったりダラリン・・・・ 私に触れられると若干の反応あり。


体温、上下激しく・・・・

体温が下がったので全身を撫でてあげて血行良くして、

ブランケット掛けての今現在。  目が離せない状況が朝から続いています。
16,11,14

先週受けた診察で獣医師曰く、

脳の問題は別にして、内臓問題なく体力があるとのこと。



今月末で丁度我が家にやって来て2年。 

まだたった二年だよ、ゆうちゃん。



ゆうちゃんの体力にかけるしかない。。。。。

まずは食べて欲しい。。。。。



今夜、中学生の授業があります。


この生徒はゆうちゃん大好きのゆうちゃんファンで

我が家に来た当初から 噛むわ噛むわ  のゆうちゃんと

少しずつ少しずつ距離を縮めながら

今はやっとゆうちゃんが触れるようになったのですよ。

ゆうちゃんが触らせるようになったのです。


このゆうちゃんの姿を見たらショックだろうな。。。



             クリックお願いします
                   ↓
            
         去年3月のおふたり。 ゆうちゃん頑張れ。













日差しの中で

お日様の気持ち良い日でした。


母は「フェアー」お休み日、私は午後から授業の日。

と、生徒から 「風邪ぽくてお休みしたい」 メール。


本格的な症状はでていないのでしょうが

多分、母への気遣いもあり です。 母への感染の可能性を避けるために。



ここで一挙に、

授業をやる前の緊張から解き放たれて、

授業も予定もなしのお休み日となり、

ドドォ~~~~と、リラックスモードに突入~~~ 


母は昼食後傾眠が始まりました。。。     瑛太も 
16,11,13 1



ゆうちゃんも只今発作中。  15秒から20秒位の感覚で ギャオオン 中。。。

瑛太はサッサと別の部屋の自分用お座布団の所に移動。
16,11,13 3


夏の日差しと違って、部屋に差し込む穏やかな日差しを浴びて

母は気持ち良さそうに傾眠していましたよ。 30分くらいでした。

今日はJAZZがかかっていたのですよ。



段々傾眠や睡眠の時間が長くなっています。


昼夜逆転はなく、夜も眠っています。




今日は母の大好き、

アイスクリームやグリーンスムージィを一口一口づつ、口の中へ。

とても美味しそうにします。 

ゴクンした後、お口パッと開けての催促、早ッ 


私も一口。 これ美味しいわね~お母さん と。


この同じ味が口の中に広がっていて

母と私はこれを美味しいと同じことを感じているのですよね~~



母は自分から何かを表現することはもうほとんど出来ませんが

この美味しいものをそれぞれの口の中でふたりで共有。 一緒に。 

お互いに今感じているものが同じの一体感。


こんな小さなことが私をとても豊かにしてくれています。



日差しのせいもあるのでしょうか、

今日は母と穏やかな穏やかな一日がゆっくり流れています。



        クリックお願いします
              ↓
           
    こんな風にもトリミングされちゃうボクちゃんですぅ~。











朝のマッサージ

一昨日のお泊りから帰宅して

昨日の朝も今日の朝もやることは変わらず と始まりました。



ベットの上でパジャマ下を脱がせて臀部陰部の清拭して。

その後、横向きのままの母の臀部と背中をマッサージして。

クルクルスリスリ と。


心地良さそうに気持ち良さそうに、

「すみませんね~」と言う時があり、 「あらあら~ と声を上げる時もあり。


無言の時もあり。


最近は無言の時が圧倒的多くなりましたよ。

じ~と一点を見つめています。



心地よいわ~ と意味の表現はもう出来ないようです。。。

認知症の進行でしょうね。


でも何も反応しなくても

心地よい気持ち良いのはよくわかっているのでそれでいいのです。


相手が心地よいのがわかっていると

やってる私まで心地よいのですよ~~~ 


「お母さ~ん、どうですかぁ~~気持ちいいでしょう~~」 と声かけながら 


私が母と立場が逆だったら

やってもらって気持ち良い心地よいですから。




今日「フェアー」にひとつの方針をお願いして。


入れ歯なしの時の方が食道への送り込みが良いということで

食事は入れ歯なしで。 すでに食事内容もその対応です。

しっかり十分に舌を動かして上手に食しています。


おやつは入れ歯入れて。

咬合咀嚼を通して脳に刺激を伝えるために。


来月の嚥下機能の診察の時まで続けるつもりです。



それ以外での普段は入れ歯装着でお願いしました。

母、入れ歯が入っていないと、ちょっと涎が出ている時があります。

入れ歯が入っていると全然その傾向はなしなのです。



母が口を開けて催促するもの。
16,11,11 1

Green Smoothie です。

今日のは

アボカド・梨・バナナにケール(自家製)・ほうれん草・サニーレタス・大葉で。


誤嚥予防用食事に移行する中で

母が好んでくれるのはとてもありがたいのですよ。


サラダ等の生の葉っぱはもう母には危険です。

これだとタップリ摂ることがことが出来るのですよ。


栄養摂取の上で

葉物のお浸しやサラダの代わりになって良かったです。


アボカド入れるとフワドロリで特に母向きです。


          クリックお願いします
                ↓
          
   今日も日光浴! は出来なかったの・・・ アタシ、鳴くから。。。










低温調理法で

今日は母をやはりお休みさせてしまいましたよ。


昨夜生徒から連絡がきて

金曜日今日授業を土曜日に変更願いでした。


いいですよ~~ とその時点で、

そうなると授業は夜ひとつだけになるし、

金曜日は「フェアー」での入浴のない日だし
 と、

その時点で私の脳内は母のお休み決定でした~ 即決 



私の生徒は

きちんとがっつり決まった曜日と時間帯の生徒達と、

私と次回の予定を組む、曜日時間が不特定生徒達のふたつのグループです。


不特定生徒のそれが昨夜入ってきましたよ。 忙しい生徒ですから。

ちょっと良かった。 母と過ごせるわ と 




今日は一日中、母にいっぱい話しかけましたよ 


「はいはい」 と返事がある時もあり、

(よくしゃべる女だ。。。) 風に無視して無言の時も。。。 (°_°)



人生お互い一緒にいる時間はもうとても短いですからね、

一緒に過ごせるときは過ごしたいのですよ。





只今、

母のための軟らかい食事を作るのに、あ~でもない、こ~でもない中。


玄米はお粥、

そして鶏ガラだしスープに野菜を 低温で 煮込んだものをベースにする。
16,11,11 2


玄米粥にスープを使って雑炊風にしたり、

このスープに別の野菜を煮込んでスープで食べたり の

基本バージョンとして常備することにして。


今注目の ”低温調理” の応用です。

「焼く」 「蒸す」 「煮る」 に次ぐ第4の調理法だそうで。



今日は試しにとりあえずお鍋でやってみました。

吹けば飛ぶよな チロチロ火 で。5時間。


今回は玉ねぎ・人参・キャベツのベースでどれもトロトロ軽くつぶれます。

しかもスープが鶏ガラだしスープと野菜の甘みで~~濃くておいしい~。


これにチキンミンチやらジャガイモ入れたり、トマト入れたりして。




この低温調理法(真空調理法)ですと

素材に含まれるビタミン等の栄養素が壊れないのだそうです。


すごくいい~~そこ大事~~!  ということで

軟らかく栄養も壊れないこの調理法でいくことにしました。



専用調理器もあるそうですが

ヨーグルトメーカーも適している(25℃~65℃) ということで

我が家のヨーグルトメーカーの出番です。 これも良かった~



お肉も柔らかくなるので

母にひき肉ばかりでなく食べさせてあげることが出来ます。



ところでこの時間帯にまだ起きてる。。。。私・・・・ 

ゆうちゃんがオチッコしてくれるのを待っている私・・・・・・



          クリックお願いします
                 ↓
            
            たまにロン毛のボクちゃん。