FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

10月« 2016年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2016年11月

あり得ないことが起きているわけではなく。

母が3泊4日の長いお泊りから帰宅しました。


お帰りなさ~~い と 

やはり家族である母がいる我が家はいいですね~ 



丁度夕食の準備の煮炊きの時間です。

この時間、その匂いと湯気が台所から立ち込めて

母がいるいつもの暖かい穏やかな晩げ の時間です。



そして

「お母さん、明日は「フェアー」お休みして一緒にまったり過ごそうか~~」 と

また始まったよ、私。。。 

明日は授業が重なってる・・・う~ん・・・ と只今唸り中。。。。 




「フェアー」の連絡帳からは

「フェアー」での母の食事の仕方や注意点などが書かれてありました。


とろみ食になって、

口腔内での食塊の作り方がすんなりいって、呑み込みが順調で、

食事時間の短縮もあるということで。




嚥下指導の先生に言われたのは

食事時間は長くても40分以内に。


理由は

高齢者や認知症の人の場合、

喉の筋肉が疲れること、集中力の低下を招いて

咽を引き起こす原因のひとつだそうです。


とろみ食に切り替えて正解でした。



また、「連絡帳」の中で

この食材は飲み込まず最後まで口腔内に残っている 等々。。。

細かい情報提供もありますので

母の食事を作る上でとても参考になるのですよ。



ゆうちゃんは

吸い飲みからシリンジに移行しての水分補給に。
16,11,10

食器で自分では上手に飲めなくなっていますから。 時には認知出来ず。

吸い飲みだと零れ落ちる量もあります。


ので、シリンジで。

自分からはもう飲みませんので脱水に陥りやすいということで。

先日の検査でも、

問題はありませんが若干脱水気味と指摘を受けましたから。



ゆうちゃんはがっつり次のステージに入り、

母もそろそろ次のステージに移行しそうな気配があります。


私は介護家族として、

認知症で高齢の母にもゆうちゃんにも

あり得ないことが起きているのではなく、


当然あり得ることが起きているので、

そこはしっかり当然のこととして受け止めて、

次のステージの介護をやっていこうと思っています。



それを続けて行くと、時間の流れの中で、

その介護ステージが

我が家の普通の生活となっていくのですよ。 今の生活のように。



母が帰宅して、家族揃った今晩の我が家に感謝。


              クリックお願いします
                    ↓
             
        4年前のボクちゃん。今はとてもお元気ちゃん。 










生活リズムの総崩れ、ナウ。

シャッキリ感がない・・・ キリッと感がない・・・・



ゆうちゃんの夜鳴き連夜で寝不足を補うのに

仮眠の時間を取って、睡眠の時間は確保しつつも、

いつもの時間に起きて、時系列に日中次々こなして、夜は良質な睡眠を取る という、

私的日常生活が総崩れ・・・



え~~とぉ~次何やらなきゃならないんだっけ~・・・どっち優先?! と

いちいち考えながらの行動で

脳が疲れる感じ・・・・ サクッと感、限りなくゼロ。


仕事はやる。




ドッグフードに口付けない、食べないゆうちゃんに牛の生肉を上げたら食べた。


あらま、チミたら、牛なら食べるわけ~ と言いたいところですが

そんな冗談をかます状態ではありません。 

口に入れさせてくれるだけでもありがたい。


水分補給は母の吸い飲みを借りて飲ませています。


また全く歩けなくなりました。

でもじっとしていずに立ち上がろうとして鳴きながらバタバタ動き回り、

あるいは死んだように眠りこける状態。 


この間、完全昼夜逆転。

もう大声で鳴くというより叫び始めたら、

撫でても声掛けしても抱っこしても関係なく止まらない・・・ですね。




母はお泊り中「フェアー」で

昨日、便ショックを久しぶりに起こし、

とりあえずしいつも通りの回復は見せてくれて。


でも今日は体温がちょっと高めで覇気がないし、傾眠がとても強い・・・し。


「フェアー」に母の顔と様子見に行ってきました。



母とゆうちゃんのダブルの介護は今日今晩は大変だな と、

う~~ん・・・、と唸りながら、

「フェアー」の看護師さんと相談協議して、

万全と言えない状態の母でありますが、

今晩もう一泊のお泊りをお願いしました。



しかも今日は訪問歯科の日であった。

キャンセル。 申し訳ない。 

しかも連絡していなかった・・・・ あぁ~・・・何やってんの、アタシ状態。




ま、老いたの母とゆうちゃんがこういう状態になるのは

仕方ないし、自然の流れだと思っています。


母は少しずつ、ゆうちゃんは急激に、

こういうステージに入ったのだな という心構えはガッツリです。

介護家族歴、長し ですよ~。




今解決すべき喫緊の課題は

ゆうちゃんの夜鳴きによる問題です。



近隣からの苦情を避けなければいけません。

夜、私が眠れるようにしなければいけません。


で問題解決の対策として

ググって検索して、まずはネットから ”遮音防音シート” を購入する手配して。

明日私は大工仕事ですよ。


今晩は母がいないので授業の前に仮眠して

今晩のゆうちゃんに備えて。


お母さん、ゆうちゃん、頑張れ~ と心の中でいつもエールして。


          クリックお願いします
                ↓
            











動物病院を変えての診断。

昨晩、母と「フェアー」にはお泊りお願いして。


今日午前中に友人に車を出してもらって、

ゆうちゃん連れて新しい獣医さんへ。


水頭症による癲癇発作持ちの瑛太のかかりつけ医です。

瑛太は2012年我が家の子になってもず~と発作を多発。


2013年4月に強烈な発作を起こして昏睡となり危篤となりましたが

この獣医師の処置で一命をとりとめ、その後は一度も発作がなく今に至っています。




ここに行ってきました。  でも遠いのですよ~・・・・・

友人が車を出してくれて助かりました。



今までかかっていた病院の履歴を文章にして説明して。


診断は

老犬特有の老化による脳障害ということでした。

勿論、治療法もなく、改善は見込めないということでした。


血液検査の結果からゆうちゃんは

内臓がとても丈夫だそうでそれはそれで寿命は長くなるということでした。


その分、介護生活も長くなる ということでした。


昼夜逆転や鳴くことにはこういう症状の場合、

夜の睡眠をとるための睡眠剤の投与も効き目があるとは言えず、

対処法がないそうです。

はい、わかりました。 ということで。




帰り路、友人とランチ。
16,11,08 2

ここは無農薬、添加物なしのレストラン。

身体にやさしい食事で、

ランチメニューとパスタをふたりで分け合いながらモグパク 

16,11,08 1



今日は

午後から授業がふたつの予定でしたが

ひとつはたまたま明日に変更ということになりました。


その分、じゃ~夜に備えて仮眠するわ~ ウヒ  と 




我が家は認知症のひと、ふたり(母とゆうちゃん)になりましたが

う~~ん、ゆうちゃんの方が母より重いな~・・・



生き抜いてきた生き物も必ず老いを迎えます。 死を迎える前に。

今、ゆうちゃんも、母と同じように。



せっかく生まれてきたのいのちですからね、我が家でいっぱい長生きしてね。

私がそばにいるからね、ゆうちゃん。

いつも、最後まで。


今日の一日に感謝。



          クリックお願いします
                ↓
              
















変だし、寝不足だし、大変だし。。。。

あぁ~~ やっぱり変~。。。



今日月曜日は普段あり得ない曜日の生徒の授業。

土曜日か日曜日の生徒です。


この生徒の授業は内容がとても濃い。

例文の選択などでも生徒に合った下調べも必要です。


私の授業は既成のテキストは使わず、各生徒の上達に合わせて手作りです。




で、午後から授業でした。

2時間みっちり。 私の達成感も やったね感! 

今日は試験だったけど。



終わったら~、

気分は土曜日(あるいは日曜日)授業終わったぞ~ のリラックス感満載。。。

「夜に向けて母とゆったりだわ~」  

風な、いつもの土曜日(日曜日)感。 (母いないけど)


ではなかった。。。。その後は。。。

いつもの月曜日の中学生の授業の日であった。。。


中学生の授業が終わって、



うん、月曜日のルーティン授業が終了だから

明日はえ~~と火曜日だよね、燃えるごみの日だ と大分落ち着いた。

今後の授業スケジュールを再確認。




で、母はというと

今晩から今月初めての2泊3日の「フェアー」お泊りに。


パジャマのお泊りセットを持って「フェアー」に行ってきました。

スタッフに囲まれて過ごしていましたよ。




そして何故母のお泊りをお願いしたかと言いますと

ゆうちゃんの調子が良くありません。。。。

16,11,07


つうか、鳴きがすごくなりました。 すごい。

自分でなかなか立てない中、

ズリながら叫びながら動き回っています。




治療法がない前庭障害というより、

脳そのものが変性変異しているような叫び方です・・・・


物事に動じない瑛太まで

ゆうちゃんを見つめながら呆然としています。



なかなか止まりません・・・・  以前に増してひどくなりましたよ。

なので私はこの二日間、ガッツリ寝不足。。。。



そして

その発作で叫んでいるゆうちゃんはツラそうです。。。。

ゆうちゃんもよく眠れてないし。


今かかっている獣医師を変えて、、、

明日、別の獣医師のところで検査と診断をしてもらう予定です。


治療法があることを祈って。


           クリックお願いします
                ↓
              
 
















曜日の感覚が変・・・・・

曜日の感覚が変~~・・・


毎週、土曜日か日曜日に絶対やる授業があります、もう何年も。

先週土曜日曜は母が熱出していたのでお休み変更して

3日水曜日の祭日に、代りの授業をした。



私自身は基本おこもり生活ですし、

勤め人とか学生の家族もいないので

世間一般の一週間の感覚、今日は休日 という感覚がありません。


いつもこの生徒の授業翌日が

日曜日か月曜日感覚で調整しています。



なので

この生徒の3日水曜日翌日が月曜日感覚になってしまっていて、


しかも金曜日母を休ませたりしているし・・・ 

ここで「フェアー」お休み日曜日感覚に。。。。


しかも明日月曜日がまた珍しくその生徒の授業。



もう曜日が感覚が変・・・・

しっかり決まっているいつものルーティン生活の感覚が崩れてる・・・・


ゴミ出しで慌てているわけです。。。。





と言っても今日はいつもの日曜日でした。

母は「フェアー」お休み日 



母の食事形態は

普通食→刻みとろみ食→ミキサー食の移行の段階で

刻みとろみ食のステージに入りましたが

口の中で食物を回しながら食塊形成し、喉への送り込みは問題ありません。



但し、歩行が重くなりました。


今日は

起床後ベッドから車椅子まで畳縦2畳ほど歩き、夜は逆で、

日中一度車いすからソファーまで畳縦1畳ほど、逆も の歩行量で

訓練的な歩くことはしませんでした。 無理せず。


転倒による骨折などのリスクを絶対に避けるためです。


歩行も次のステージの段階に入った かもしれません。



            クリックお願いします
                 ↓
              







お粥というか雑炊というかリゾットとも~

食材の美味しさとか見た目とか食感とか、

そういう ”食を楽しむ” 段階から

誤嚥しないように嚥下しやすいように! の食事の段階に入った母。



とうの以前に食を楽しむ段階は

アルツハイマー病ゆえに終わっておりました。

何を食べているのかわかっていませんでしたからね~。。。


でも美味しいものよくはわかっていましたよ 


なので普通に食事、一家団欒家族の食事を守ってきました。




と、今はそんなことは言っていられな~~い。


安全と栄養補給のステージです。

つい数日前からですが 




まずは玄米ご飯をお粥にすることにしました。

雑炊ともリゾットとも言える。



今日の朝ごはん

ブロッコリーとシラス。 バラ海苔と長ネギのお吸い物。

玄米粥にチキンミンチ・白菜。 パセリ。

野菜類は細かく刻んで。

これにGreen Smoothie (ケール・春菊・リンゴ・バナナ・キュウイ)

16,11,05

お吸い物は片栗粉でとろみ付け。

ブロッコリとシラスのは玄米粥と混ぜて食べてもらいました。

粥をとろみ代りにです。


玄米粥にいろいろ食材を入れると

今まで通り栄養のバランスは問題なく取れそうです。

と、まず一歩。



今日は日中、

母のお昼ご飯時間帯に「フェアー」にお邪魔して

「フェアー」での食事を見せて頂きました。

とても参考になりましたよ。


今日の晩ご飯は玄米粥にカレーです。



            クリックお願いします
                ↓
              












「フェアー」お休みして。

今日も素晴らしいお天気でした。



友人が母に会いに来ました。


でもやって来るのが10時過ぎになる ということで、

母は10時半には「フェアー」のお迎えがあるのですが、

う~~ん、と  母は今日の「フェアー」利用をお休みしました。



今日は入浴のない日なのです。

だから休ませられました。

入浴日だったら母には行ってもらいますけど。

母、お風呂大好きですから~ 



三人でおしゃべりしながら、

友人はアイスクリームを母に食べさせながら。

但し、アイスクリームを食べる以外の母の反応薄し。。。。 




「こんなにお天気がいいと

お母さんを車でドライブ散歩に連れて行ってあげたいわね~」
 と

車で来た友人。


但し、車椅子の母を外階段を降ろすのは無理なわけで。

二人とも経験がないから。


で言われた。

「Julia、ちゃんと「フェアー」のスタッフから

車椅子ごと降ろすやり方とコツと注意点学んでおいた方がいいよ」
 と。

「それを知っておいた方が災害や何かの時にも誰かに頼みやすいでしょう~」 とも。


あぁ~~そうであった。

大事なことが何故かスコンと抜けていた・・・・!




赤ちゃん用の”ハイハイン”をとりあえず購入。

子供を持ったことがないのでどういうものかよくわかっていませんが、


香料・着色料・保存料を使用していないので我が家的には使用可。
16,11,04

「フェアー」でのおやつタイムに使ってもらうつもりですが

もう一度看護師さんと具体的に相談して。



母の誤嚥予防の食事内容を

あ~でもない、こ~でもない と暗中模索試行錯誤中。


          クリックお願いします
               ↓
            











青い空の、生物学的根拠

素晴らしいお天気でした。

青空を眺めながら一日の始まりにワクワクします。



美を感じることは、生物学的に根拠がある。
生存に必要なことを自然界から抽出する操作として。

青に美を感じるのは、海や大気の色だから。
ダイヤモンドの輝きが美しいのは、水の反射を想起させるから。
福岡伸一。



昨日は

母の摂食嚥下機能検査と訪問看護と訪問マッサージで

母的にはなかなか忙しいスケジュールの日でした。



起床時から反応が弱かった母ですが

いろいろこなす事が刺激となったのか、

時間の経過と共にマッサージの時は絶好調の反応でした 


最後のマッサージの先生には

自分から 「すいませんね~  と声掛けしていましたよ。


あまりのご機嫌ぶりに

先生と私は顔見合わせて 「あらまぁ~~(すごいわ)」 と。



その後の夜もニコニコと発語があり、私への反応も十分でしたね。



スケジュールが詰まっていろいろ人と会って、

疲れるかな と思っていましたが

本人、時間が経つにつれて絶好調~~~でした。

ちょっと意外でした。


母には刺激が必要なんですね。

言葉のキャッチボールは出来ませんし、何もわかりませんが、

母の世界の中では何かが楽しかったのでしょうね~。




今日は青空の下、「フェアー」にお風呂入りにみんなに会いに 


その間、私の授業があって

母は生徒と丁度入れ替わりで帰ってきましたよ。

生徒に ”召し上がれ”
16,11,03

豚肉・豆腐・卵のゴーヤチャンプル。

ゴーヤ、厚みありますね ということに。


いつも母にも食べさせるのでゴーヤも薄切りなのです。

その薄切りゴーヤに慣れている生徒には

今日のゴーヤは厚切り感たっぷりだったようです。



昨日の摂食嚥下検査でのアドバイスを元に

母の食事内容は変更するつもりですので

普通食として調理するゴーヤは母にはもう使わないことにしたのですよ。


誤嚥予防として

食材と食べさせ方、食事内容を少しづつ変えていこうと思っています。



今日も母と私のスケジュールがだいたい終わりました。

あとは母が就寝するまで晩ご飯を食べ、足湯したりして

まったりゆっくり過ごす時間です 

そのあとは私の時間。


今日の一日に感謝。


        クリックお願いします
              ↓
            












嚥下機能内視鏡検査

今日は

母の摂食嚥下機能の、初めての検査の日でした。


嚥下に関する専門医がお見えになりました。


「フェアー」の看護師さんとケアマネに同席をお願いして。



朝食に食べたものの一部を用意しておいて。


ゴーヤの煮びたし。 蜂蜜入りのお水。 グリーンスムージィー。

チキンミンチと白菜のミルクスープ。 トマトと卵炒めで。
16,11,02 1


鼻の穴から鼻咽腔咽頭ファイバー(内視鏡)を挿入して。

喉の内部が画面に写し出され、直視下で状態を確認します。


母は一瞬、鼻のどこか一部を通る時、 という感じがありましたが

そこを通ると問題ないのでしょうか、


ドクターに 「イヤなところ通りましたからもう大丈夫ですよ」 と声掛けされ、

母はそのまま何事もなかったように。 あっという間に挿入。




それぞれを飲食して。


飲食したものが口腔内を通り、喉にやってきて、食道に落ちていくのが

一目瞭然のリアリティさでした。


食べ物が入り口で引っかかっていたり・・・・


はぁ~~素晴らしい検査でした。



ドクターは

母の喉の構造、嚥下の状態をそれぞれを画像で、

詳細にわかりやすく丁寧に説明してくださいます。


入れ歯を装着した時としない時の飲食の検査もやって。




いろいろ結論も導き出されました。


母は入れ歯を入れているときよりも

外しているときのほうが

喉から食道への食べ物の送り込みが良いのです。



食事中は無理して入れ歯を使わずに、食事を。

そのかわり、噛まなくても飲み込めるものを ということに。


入れ歯を入れた咀嚼のトレーニングとしては(脳への刺激のため)

おやつの時間にハイハイン(子供用おやつ)を使うのも良い と。



水分はとろみなしでも検査上OKですが

リスク考えてとろみをつけた方がベターである と。

今の現状を維持するのに安全を考慮しての選択として。




母は今のところ何とか普通に食せていると思っていましたが

あの画像を観て、私は甘かった と認識しましたよ。


アルツハイマー病で高齢で

身体の各器官は嚥下もちゃんと衰えていました。



母はもう完全に予防の段階に入りました。



ドクターからはその他カロリーのことも含めて

多方面に渡ってアドバイス頂きました。


検査してホント良かったです。 学ぶことが多かったです。

ドクター、優秀で、それにも感謝です。




今日の晩ご飯
16,11,02 2

先に血糖値の上昇を抑えるためにも

Green Smoothie (小松菜・ケール・スプラウトと果物2種)を飲んでもらって。


卵の油揚げ茶巾煮。 ブリの照り焼き・大根おろし。 長芋・海苔。

スプーンですぐ崩れるように煮込んだ、

イモ・人参・玉ねぎの根菜のお味噌汁。


玄米ご飯はお粥にしました。 ご飯は以後お粥にして食してもらいます。



とろみは使わないので

細かくしたものをスプーン上でお粥と一緒に、

あるいは長芋と一緒に。

お味噌汁はジャガイモのトロトロ状で。


問題なく、母は完食してくれました。




検査中、画像で母の口腔内と喉の動きを見るたびに、

そのリアリティに 「おおぉお~~」 と感動(?!)と驚きの声を上げていて、

いちいちうるさい私でした~ 


         クリックお願いします
               ↓
            
   













食欲は落ちないふたりでいてくれて。

朝から小雨で母のお迎えは車でした。


この間、ちょっと熱があって入浴中止してましたので

お休みと重なって、

お風呂大好き母にとっては久しぶりの入浴となりました。


「お母さん、今日はお風呂入れるわよ~  と朝から言ってみる。

聞いていないというか、聞こえていても何もわからない母ですが。



午後から日差しが。

急いでゆうちゃんの日光浴です。  

お日様浴びながらウトウト中 

16,11,01

最近のゆうちゃんはやはり全然調子が良くない。


立ち上がろうとします。

バタバタして何とか立ち上がってもすぐにひっくり返ります。

でも立とうとします。

それを繰り返しながら移動することもあります。


眠っている以外はほとんどそれを繰り返します。。。。。


立って歩けないので筋肉が落ちました。

さらなる悪循環です。。。。


特発性前庭障害の眩暈もツラそうなのです。。。。


食欲は落ちません。 そこは救いですね。

鳴くのは変わりません。 そこはガックシですね。。。。




食欲に関しては母も同じです。 落ちません。

今晩の お母さん、ご飯ですよ~ 
16,11,01

ゴーヤの煮びたし。 瓜の浅漬け。

人参とワカメの油揚げ茶巾煮。 茗荷・長ネギ・大葉・生姜のアジのたたき。

玄米ご飯に黒ゴマ。 小松菜のお味噌汁。


もう一品と思ったけど、夜は英語の授業なので時間がなかった。

母、完食。 もうありがたいです。




明日は母はお休み日。

嚥下指導のドクターが、訪問看護が、訪問マッサージが予定の日。

私の授業も続くよ。


母と一緒の、ちょっと忙し日です。


            クリックお願いします
                ↓