FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2016年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2016年10月

とりあえず乗り越えて。

このブログが更新出来ませんでした~



母は熱が37度超えで上がり始め、

発語もなく、反応も鈍く・・・



「フェアー」利用のキャンセルも含めて3日間、

我が家で私と過ごしました。



37、9度まで上がって。


38度超えになったら、

クーリング開始と訪問看護師さんへの連絡と考えていましたが

ギリギリで38度は超えませんでした。




最初の二日間はベッド生活の母でした。


飲食させるのに誤嚥を防ぐため、

ベッドでの体と顎の体位角度保持やらにとても気を使いました。

慣れていない私です。



私に出来ることとして、

まずは何が何でも ”水分補給” ということで、

水分補給は少量で回数多くして分けてやりますので

しょっちゅう、ベッド倒したり、起こしたりしていましたよ。



この時あらためて、

介護家族としての介護介助生活を実感!!!


いずれこれが当たり前の日常の介護生活になるのだな と。




昨日から平熱に戻ったので

私への発語もあったので、

母もベッドでの安静から車椅子生活に と離床してもらって。




今日は「フェアー」へお風呂入りにみんなに会いに。

お風呂入っていないので頭部がクチャイ。。。。

病み上がりですが看護師さんがいらっしゃるので安心。




仕事は

キャンセル変更の出来る授業はそのように段取りし、


でもはずせない英文論文添削があり、

その授業も続けながらの母の介護であった。



ゆうちゃんは

相変わらずの ”お手間ちゃん” で変わらず。

瑛太は

私に全くお手間をかけないいい子ちゃん、いつもの。



この間、母の食欲は衰えず。

栄養管理はうまくいきました。




今日で、この間続いた英語論文添削授業が最終日なので、


また平熱に戻った母とワンたち家族一緒で

お仕事しながらの、

いつもの日常になりそうです。  (´▽`) ホッとして。  ありがたいです。


今回も又(今月2回目)とりあえず乗り越えられました。

でも原因が特定できず、そこがモヤモヤ・・・・



             クリックお願いします
                 ↓