FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

01月« 2016年02月 /  1234567891011121314151617181920212223242526272829»03月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2016年02月

母,脳梗塞 と診断されました.

母は今日,以前掛かっていた脳外科を受診しました.


左側 脳梗塞 でした.

原因特定されました.  そういう意味では良かった~ です.




今日は別の新たな展開もありました.  すごいぞ,良かったぞ でありました.


今,母は

「フェアー」事業所のご好意による申し出で

あの階段を男子二人がかりで車椅子ごと下ろしてもらい,

昨日より2泊3日のショートステイ中.



今日の朝,

「フェアー」ケアマネからのお電話で

「お母様を何とか階段介助しますので,今後も通所お泊り利用してください」 

とのことでした.


ははあ~~~ッ   突然のお話し,予想だにしなかった話でのけぞる私.


(男子二人でも腰をやられちゃうぞ 位の難儀な車椅子での階段介助なのに....)



事業所内での話し合いが行なわれたのでしょうね. 

スタッフ皆さまからのこの結論に心より感謝.



利用予定日は介助要員人数確保と時間割の日に.

週4日で. 

こちらは全然問題なしです. それに合わせて私のスケジュール再編成して.


お母さん,ホント良かったね~~ 

みんなに会えますよ~~  大好きお風呂にも浸かれますよ~~ 





その後,

私は訪問診療に関して

医療機関と連絡を取り合っていたとき,

ある医療機関から言われたのですね,

「今の病態の原因が特定しないと治療方針が見出せない....」 的に.



それを聞いて私の頭の中で瞬時に電気がついた 


あッ,お母さん,今ならCTスキャン撮れるわ! た,た,多分! 



母はもうベットに横になってじっとして のCTスキャン等の検査は

もうもう無理だったのです.

過去最後の2回は動いて暴れて頭動かして...


だから今回脳梗塞を疑っても

それに関する受診は無理と判断していたのですよ.



あ,でも今の母は動かない. 反応が鈍くなっていて. 

横にじっとしていられるにちがいない. た,た,多分!




それに加えて現在「フェアー」滞在中.

迎えに行って病院行ってまた「フェアー」に戻せば

階段昇降の問題なし.





即,「フェアー」に行って母を連れ出し,

母が以前掛かっていた脳外科のドクターのところへ.


母は動かず,いい子ちゃん(?!)でいてくれて

完璧にCT撮れての綺麗な画像撮影. やったね!



2011年に撮影された最後の画像も含めて,

それ以前の画像も比べながらのドクターからの説明でした.



結論は

脳梗塞状態は落ち着いている ということでした.

投薬療法はなし.


私から血圧に関するデータや状態を聞き取ったドクターからは

血圧降下剤の投与の中止ということでした. 具体的な説明もありました.


嚥下の問題も出てくることの指摘もあり,栄養の摂取へのアドバイスも.



そしてドクターに言われました.

「お母さん,また以前のような状態に回復するかもね」 と.


私は心の中で はぁぁ~~  とのけぞった.


お母さん,ついてるね~~すごくついてるッ!!




病院にいる間中の母は殆ど傾眠爆睡状態  話しかけても反応なし.

帰る頃に 「せんせ様ぁ~」 と声だしがあったり,話しかけに反応ありでした.


先ほど「フェアー」に電話したら

昨日の食事時はむせ込みがみられたが

今日はないということでした .



私の気分は

緊張から解き放たれてちょっと脱力. 


これから午睡しよう~ 
 


        クリックお願いします
              ↓