FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

04月« 2015年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2015年05月

10泊11日・・・

今日も夕方,母に会いに「フェアー」へいってきました.



今日から初めて一日中,

全く杖に頼らずなんとか歩行が出来るようになりました.


自発痛は殆どないのですが,でも歩くと痛みます. 

まだやはりロキソン投与継続しました.


ゆっくりゆっくり歩きます.

私の人生,ゆっくり流れる感じ 




母は

昨日は夕食後ということもあり,初めはトロリンぽかったのですが

今日の夕食後の母は最初から まぁ~~ご機嫌 


おしゃべりして,額と額コッチンコとスリスリし,茶摘の歌を私が歌い~ 



途中からは母から

「せんせ様ァ~~ 歩こう~  と意欲的.


母はいつも私と手を繋いで歩いていた事を忘れていないのか とちょっと勝手に感動.


但し,

ウ~~ン,ウ~~,私が歩けるかなァ~ 母の手引きして・・・ と.


 
そうね,今はスタッフがいらっしゃるから,

母と私の見守りしてもらいながら,

私が母の手引きしながらの,出来るか出来ないか,うまくいくかの,

私の歩行訓練でした.


母がバランスもしっかりしてきちんと歩けていましたので

母がバランスさえ崩さなければなんとか大丈夫でした.




但し,

昨日「フェアー」を訪れた私の歩行状態を確認したせいか,

今日の午前中,ケアマネからお電話がありました.


明日28日に母は帰宅予定なのですがそれで本当に大丈夫ですかと,

私へのお気遣いでした.


検討した結果,

トイレ介助,ベッドからの立ち上がり介助はまだ危険である という判断で

もう二日母のお泊りを延長しました.


母の帰宅は30日土曜日.  10泊11日となってしまいました.


こんなにお泊りしたら

とても在宅介護と言えないじゃないか と思いつつ,

今回はホントに緊急事態ということで仕方なしですね.


母の介護生活で

初めての緊急事態,長期お泊りです.


その後も「フェアー」に通所する時の往復時外階段昇降の介助は

「フェアー」から2名態勢で全てやってくれることになりました.





母は

体重が落ちることなく,認知機能もそのまま維持されていて,歩行も順調でした.

とてもとてもありがたいです 



歩行に関しては

私との室内歩行訓練がないこと,外階段の昇降がないこと,通所時の歩行がないことで

「フェアー」内での歩行訓練,これだけは重々にお願いしてあるのですよ 



明日からは授業が入って,仕事開始  です.


15,05,27 2



はいッ,爪切りました! あなたがここで爆睡している間に. 3本!!! 

ウフッ
 
15,05,27 1


           クリックお願いします
                 ↓