FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

11月« 2014年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2014年12月

ゆうちゃんが来て3週間♪

11月25日に

”群馬わんにゃんネットワーク” の新井さんから ゆうちゃん を

家族として譲り受けて3週間が過ぎました.



すっかり自分のペースを確保しているゆうちゃんです.


排泄もベランダオチッコ場で.

食欲もあります.

自由に部屋を行き来して自分の居場所をしっかり確保していますよ.

私の呼びかけにも反応しますよ.



夜間の夜鳴きがありましたが

食後,爆睡の傾向が強いので

一日2食分を3回に分けて,夜間私の就寝前に与えますと

夜鳴きが止まりました. 昨晩で連日4日です.


いい子ちゃんね~ゆうちゃんは~  です. 助かります.



但し,

まだひとつだけ懸念事項があります.


身体に触られるのをそりゃ~もう~極端に嫌がります 


特に首回りです.

怯えてパニクって パクパク噛む動作があります.

でも歯を立てて噛む事はありません.


でもどうしても首輪を持って誘導しなければベランダまでは行けないので

(ゆうちゃん,ベランダまでのコースが認識できず)

首輪を持って誘導しますが

持とうという気配で怯え,持つとパニクって逃れようと

立ち上がったり横に逃げ込もうとしたりしり込みしたり でした.



私の推測ですが

どうもゆうちゃんはセンターの送られる前の元の飼い主の場面で

かなりの虐待を受けていたような気がします.

首輪を持って振り回されたり,釣り上げられたり・・・・


急に殴られたり蹴られていたような気もします.

なでなででふれたり,ちょっとした動きにも非常に拒否が強いです.

パクパク噛む動作がみられます.




ゆうちゃんの嫌がることは出来るだけ避けるという前提でも,

ベランダオチッコ場誘導の時だけは首輪を持っての誘導も仕方なく,


強く反応したら止まってあげます.

落ち着くまで待ってあげる.

そして

首に首輪の圧がかからない様にゆっくり進む方向を示してあげます.

絶対引っ張らずに.


ゆうちゃん,それに大分慣れてきています 

当初のような,極端なパニクリはありません.



でも今はまだ身体をじっくり観察出来ていません.

触れさせませんから.


飼い主として身体の細部の健康状態を知っている必要がありますからね~.

異変にすぐ気付けるように.



でもゆっくりゆっくりやっていきますね.

今はゆうちゃんが嫌がることはしないように.

ゆうちゃんにはただまったりゆっくり安心して,

暮らしてもらいですから.


人間に捨てられるような辛い思いはもうないからね,ゆうちゃん.

十分生き抜いてきたゆうちゃんです.



ゆうちゃんの身体に触れさえしなければ

呼びかけると 「なんですか~」と 私の顔の前に自分の顔を持ってきますよ.

私の手をペロペロします. ご飯をくれる手  とわかってる.




この写真は高崎市の動物愛護センターに収容されていた時のものです.

この後そのセンターに収容中,特発性前庭障害を起してしまったのですが・・・・
14,12,18

しッかし,可愛いな~~~~   飼い主デロデロ~ 


今も可愛いけど~ 

今は可愛いというより,美人だな,うんッ   親ばか全開の飼い主. 


ず~とゆうちゃんの一番いいペースでね,ゆっくりね.

私もいぬと分かち合う人生は幸せ.


           クリックお願いします ↓