FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

03月« 2014年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2014年04月

いぬの瑛太

今日は雨.

今現在の降りなら母を「フェアー」に連れて行けますが

あまりの大降りになったら

「フェアー」に車でのお迎えを頼むかも.


今日は大学院教室へ

英語のプライベート授業で出かけなければいけませんから.



実は一日,曜日を間違っちゃった~・・・ 


今年度の仕事始めは

金曜日じゃなく今日からでしたあ~~~のアホ


昨日の段階で

昨日は母の受診,今日は瑛太の受診と予定を振り分けていましたが

昨日急遽瑛太受診を優先して

動物病院に行って来ました.


今月のこの後,半日受診の時間を取るのは難しいので

昨日が一番の好都合ということで 



瑛太は順調です 

昨年4月に大癲癇発作を引き起こして以来,

その後一年間一度も発作を引き起こすことなく今日まで来ています.


レスキュウ保護されて以来,

その去年4月まで月いちくらいの,不定期なペースで

癲癇発作を引き起こしていたのに です.


いつか又発作を起こすだろうと懸念しながらも今日まできて,

驚異的です 


瑛太は

水頭症で門脈体循環シャントで小肝症で気管虚脱で心臓肥大です.

肺水腫も起します.


4月大発作の時点で,

抗てんかん剤,ステロイド剤,高濃度ビタミン剤,ブドウ糖を投与.


その後,

抗てんかん剤,ブドウ糖の投与は中止し,

順次,少しずつその他の薬の投薬量を減らしてきて

途中肺水腫の症状が現れて利尿剤の投与が追加となっていました.


ステロイド剤,高濃度ビタミン剤,利尿剤の投与は

耳かき半分もない量で,

ステロイド剤は週一回,利尿剤は隔日,高濃度ビタミン剤は毎日の投与です.


そして昨日,

とうとうステロイド剤の投与は中止となりました.

やっとここまできました.


瑛太の状態が良いのと

投与量はもう限界との獣医師先生の判断でした.



瑛太は私の声によく反応するようになりました.

アイコンタクトも十分.

視界狭窄も改善されて以前よりはよく見えているのか

いつも私の後を追いてきています.




一年前の瑛太の悲劇から今日まできました.


水頭症にはこの薬という通り一辺倒ではない,

瑛太の状態をう~ん,う~ん唸りながら診て

その状態に合わせた薬の調整と私へのアドバイスをしてくれた

獣医師先生にとても感謝です.


この先生にめぐり会わなかったら

瑛太はこの癲癇発作を繰り返して

命はなかったかも,寝たきりになってたかも.



かといって

瑛太のこの病が癒えたわけではありません.

今まで通り,穏やかに慎重に日常を過ごさせたい と思っています.


刺激は禁止なので

瑛太,発作以来,お風呂入っていなぁ~~い~・・・・

ま,仕方ないかぁ~~~・・・・だね,そのうちいつかだね.

14,04,03


            クリックお願いします ↓              
                  
 
           今日から忙し日開始.

           今日木曜日は特に 

           母は今月一回目の一泊お泊り,お願いしましたよ