FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

01月« 2014年02月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728»03月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2014年02月

ケアマネとミーティングでした.

今日は

母が「フェアー」に向かうときは小雨模様.


母が車椅子を押しての自力歩行はなしで

コートの上にビニールカッパを被せて,

車椅子を押す私は傘も差して.


雨の日は

母が自力歩行出来ないのでちょっと困りますね~



「フェアー」の玄関で

看護師さんやスタッフに迎えられて

「こんにちわ~〇〇さぁ~ん  」 と

顔を近づけて笑顔で言われたら

「あら~どうも~  」 と

相手の顔をきちんと見て満面の笑顔でした.


びっくりしました.

母はもう人様からの挨拶に全く反応しなくなっていましたから.


アルツハイマー病認知症ではなく,

まるで単なる記憶喪失の普通の高齢者に見えましたよ.




午後からは

自宅で「フェアー」のケアマネと

月いちの訪宅を兼ねたミーティングでした.


母の,何かあった時の今後を話し合うためです.



通所できなくなった場合,

「フェアー」の,通所以外のサービスの内容をお聞きしましたよ.



ま,母が24時間在宅でもし寝たきりになったとしても

オムツ交換も清拭も着替えもマッサージも食事介助も

私は自分でやるだろうし.


でも内容の確認でした.



そして私ひとりでやるのではなく,

ヘルパーさんと分業でやるのも悪くはないな~とも.


そして仮にもし母の介助にヘルパーさんをお願いするなら

母が7年通って見慣れている「フェアー」のスタッフの顔の方が

母には断然いいに違いありませんから.



最近の母はとても調子がいいのです.

眉間に皺 が全く見られずいつもニコニコ.

多弁でもあります,自分の世界の言語ですがね.

周辺状況の悪化の発現はなにひとつみられません.


歩行も予想を裏切っての回復ぶりです.



それもケアマネと確認しあってふたりでパチパチ 

「記憶喪失は止まらないけど認知症治ってきてる?!~」 と冗談まで 


とりあえずの今の母は

しばらくは「フェアー」の通所が利用できそうです.

その確認でもありました.



瑛太は抱き上げられるとき嫌がりますが

じ~と抱っこされているのは大好きですよ 

14,02,27

キイボードが打ちにくいよ~・・・・


           クリックお願いします ↓
                 

           今日も一日ありがとね~お母さん