FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2013年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年10月

久しぶりの迷走神経反射です。

今日は

忙し日、英語の授業のある日でした 



13時からひとり。

15時からひとりです。


母の「フェアー」お預かりが13時からですので

その10分前に母を連れて行きました。


最後の生徒は16時半に終わります。

母は17時に帰宅予定です。




朝は

今日のお天気を見越して  

いつも通りの早起き早起きで

日干せるものはドンドン干しました。


洗濯も2回しました。


あぁ~~楽しい~~でしたよ 




午前中は

午後からの授業の準備もほとんど終わっていましたので

母のベッドルームの床掃除をやりました。


古い床材はもうはがしてありますので

今日のお天気サンサン が

部屋に差し込むのを見越して

消毒も兼ねての拭き掃除です。


2、3日中に新しい床材を張る予定です 




と、私は予定通りの絶好調  でしたが、


なんとお母さん「フェアー」にて

迷走神経反射の軽い発作を起こしてしまいました。。。。


血圧が下がり、脈拍数が多くあり、でありましたが

でも帰宅後は血圧も脈拍も正常に戻りましたよ 



たまに起す、この迷走神経反射の発作の原因は不明なのですが

お医者様に相談しても

お医者様も手の打ちようのないこの迷走神経反射ですが、

発作が治まるといつもケロリと、

起した発作はどこ行ったの? 状態の母ではありますが、

いつも自然に治まるのを待つしかないのですが、


今日の母は

いつになく尿が多量でした。

それこそ利尿剤の効果が現れている という感じが

朝の起床時からありました。



そのせいか帰宅時には

いつもまだ残っている太股・ふくらはぎの浮腫みも

全く見られませんでした。


介助されての外階段の昇りも

今までのうち、一番軽快でしたからね 



急に出始めた排尿で心臓やらの内科が

ビックリしたのでしょうか。。。。


ま、憶測の域を出ずの、わかりませんが です。



ところでちょっと、いえ大いに反省 


このところ母の腱鞘炎や浮腫みや利尿剤服用や褥瘡の兆しで

そればかりに気を取られていました。


母がたまにこの迷走神経反射を突然起すのだ ということを

忘れてました。。。。しかもすっかりです。。。。

それらにすっかり気を取られ過ぎていましたよ。



気にしても予防措置は取れないんですがね。

あぁ~でも反省です。



       クリックお願いします ↓
            

        いぬの瑛太も私同様、絶好調でしたね 
   
        授業中も出てきて歩いています、ウロウロと。

        生徒に頭ナデナデされてましたよ、初めて