FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2013年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年10月

浮腫みのために別のクリニックへ

今日は母を連れて、

循環器が専門のお医者様のクリニックへ行ってきましたよ。



今まで「腱鞘炎」で受診していた病院で

「腱鞘炎」は治りました。

今の所、それに関して全く問題ありません 


が、

浮腫みがひどくなっています。。。。。


昨日、その病院へその相談で行ってきましたが

そのままお薬継続で  というお話でした。。。。



その段階で

私は母を

別の循環器系の先生のクリニックに連れて行くことに決めましたね。




そこで今日はレントゲンを撮っていただいて、

その説明は

まず 「肺水腫も心不全も大丈夫」 という診断でした  



先生が原因として考えられるもののひとつに

ロキソニン投与が考えられる ということでした。



とりあえずロキソニン投与中止で、


そして浮腫みがひどいので

まずは二日間だけ

ラシックス錠(利尿剤)投与を倍 (朝1錠から朝夕各1) にして

様子を見ることとなりました。



ちょっと、実はかなり安心しました。


ロキソニン投与はこの間ず~と朝昼夕の3回です。

「腱鞘炎」の再発を抑えるためなの (?)かもしれませんが

母の状態を身近で見ている私としては

いつまでロキソニン投与が続くのだろうか と思っていましたので。


「腱鞘炎」は治りましたしね、今現在。

ひどかったですからね~

高熱を繰り返し、腫れて発赤して、

お箸も持ちたくない状態でしたから。



今度は浮腫みの対策治療をすることになりました。


浮腫みが取れたら

歩行の改善が少しは見られるかもしれません。


最近は

車椅子で出歩く出かける利便性も覚えましたが、

私が ですが、

でも母の身体的には脳の活性化も含めて

自力で歩くのが一番ですから。


自分の意志と気力と、

それによる行動範囲が維持出来ますよね。

わずかな意志と気力ですがね 

それでも

意志は意志   気力は気力 




この間、私は緊張していました。

母のこの浮腫みで。

今日の今は

まずは 新しい治療方針がでた ということで

ちょっとホッとしていますね。




今日は私は授業がありました。


でも午前中の母の受診とかぶるので

生徒に時間をずらしてもらいました。



検査と診療が終わってそのまま「フェアー」へ。


血液検査もしてもらう予定で母は朝食抜き。

お昼も時間がありませんでした。


連れて行ったその場で

「フェアー」にお願いしてお昼を出して頂きましたよ~~

お昼ご飯は皆さん終わっているのに。。。。


あぁ~申し訳ない、しかも突然で でしたよ 



        クリックお願いします ↓
             

         母が早く楽になりますように。

         辛いのは本人ですからね。