FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

08月« 2013年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年09月

今日は今日で。。。

朝から動きましたよ。



昨日の病院での採尿不可のため

昨夜採尿できたオシッコを

母が眠っている間に届けてきました。

診療時間前に。


今は目覚めても起き上がらない母ですが

ドキドキの緊張で大急ぎでした。


母を「フェアー」に送った午後からは

私の授業があり、

その前に届けようにも病院はお昼休み時間帯なので

この時間帯しかありませんでした~です。




そして今日、

母は「フェアー」を予定外でお休みしました。


手の患部は発赤・腫れ・熱感が全くなく、

体温も36.6度と問題なく、

食欲あり、排便順調なった今朝です 


なのですが

元気がありません。。。。。

そして妙に嫌な感じの生あくびを2回しました。。。。


迷走反射神経の発作を起こして、

意識混沌途中の覚醒する時にするあくびとそっくり同じでした。


勿論意識はしっかりしていて、

迷走神経反射の発作ではありませんが。



血圧測ろうとしたら

「痛いわよ、何すんの  」

お母さん、強い調子で拒否でした。。。。トホホホ・・・・


すぐにベッドで横になってもらいました。

少し肩で息をしていました 



今日は午後から授業で生徒が来る仕事日です。

う~~ん と唸って。。。。


でも即決 

お母さん、今日は「フェアー」お休み ということに。


無理はしない ということです。


いつ何があるかわからない高齢ですものね。


調子の安定しない母の様子見を

施設にお願いするのではなく

きちんと自宅介護で いうことでした。



その後何とか血圧測定できまして

今現在も

母は血圧も安定状態です 

(やっと測らせてくれましたよ 

「フェアー」でも拒否が多いのですよ) 




そして

授業はやりました 


母は授業をしているすぐ横の、

自分の部屋のベッドで横になっています。

母のひとり遊びの 数かぞえ が聞こえてくるんじゃないか と

思っていました。

何も聞こえず、

授業の間、母はとても静かでした。


母には

私の声が聞こえていたのでしょう。

それを聞いていたのでしょうかね。。。。


そんな感じがします。



代わりに

授業中はいぬの瑛太がいつも通りオチッコに、

今日はウンチもしに登場しておりました。

ま、これは毎回の定番 




授業の時に

母が在宅したのは初めてです。


先々予測される在宅24時間介護でも

こんな風に私は仕事はをしながらも

母のそばにいられるのだな と思って

いつかくるその日のための、

ちょっと予行練習みたいでしたよ。



私は私なりに

母のペースに添っているつもりですが

母も又、母なりに

私のペースに添ってくれています。


とても感謝です。




        クリックお願いします ↓
              
  


         明日は予定通りの「フェアー」お休み日。

         家族みんなで過ごす日です 







正解でした。

朝方曇り空でしたので

出かけるのに雨かな。。。と思いましたが

午前中から晴れてきました。



先日 「腱鞘炎」 と診断されましたが

予後順調とは言いがたく、

セカンドオピニオン ということで

整形外科に受診に行ってきました。


朝、介護タクシーで。



私は医師宛に、

母に関したものを

箇条書きにして簡潔簡素に書き留めていきました。


母の病歴(ほとんどなしですが)

現在のアルツハイマー病、高血圧の薬投与の状況。

そして

先日「腱鞘炎」の診断を受ける前と

受けた後の様子。。。。

患部の状況や体温の上昇や歩行の問題、

脚の浮腫みやこわばりも出てきたことに関してでした。



医師はそれを見ながら

私に質問です。

「これはいつから?」 とか 「その時は」とか。


とてもスムースにいきました。

これら問診と触診からの診断の説明が

とても丁寧でした。



そして

きちんと血液検査と尿検査をしましょう ということに。

それに基づいて最終的に判断しましょう ということに。

私が懸念していた

「リュウマチの可能性はありませんか?」と聞いたことも含めて。


鎮痛、解熱、抗炎症作用のあるお薬を

処方していただきましたよ。



母は受診後、

私の仕事の関係で「フェアー」にお預かりでした。


帰宅しての母。

昼食時に処方されたお薬は服用済みで、

そのせいでしょうか、

炎症も治まり、熱も36.5度です。


ビックリしたのは

家の中での歩行が

普通の、今までの感じに戻りました。

フラフラ感がなくなりましたです 


でも今現在の段階で

脚の浮腫みはパンパンです。

毎晩行なう私のマッサージは効きません。




病院での尿の採取では母出ませんでした。


「おかあさ~ん、大(オシッコ)してね」
 と

コップを当ててる私ですが、

途中から便座に座ったそのままで

母、両手を合わせる指遊び  になってしまいました。。。。

20分位おトイレにいました。


「お母さん、ここから出してね」 と

母のお腹をさすりました。

出てきたのは

小ではなく、大でしたよ。

あらあら、お母さん です 



明日、血液検査の結果を聞くのと

今晩採尿したものを持って

病院へ私がひとりで行ってきます。



何はともあれ、

脚の浮腫みを除いて

母が楽になったことが一番でした。


顔つきがもう全然違いますね。


病院では

母はとても頑張りましたよ。



       クリックお願いします ↓
             

         お医者様はホント大事です。

         今回の新しい病院での受診は

         母にとって正解でしたね。