Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

08月« 2013年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年09月

時間

日の出からお天気です。

スコンと抜けた青空です。



冷房も要らず、暖房も要らず、

過ごしやすい季節の今です。




10月になります。

母の「フェアー」利用の予定表は提出済み。



母は今月18日から

車椅子に乗って「フェアー」のスタッフと一緒に帰宅。


そしておうちの外階段を

スタッフと私とのふたり介助で昇る という段取りになっています 



但し時間が

今までの18時帰宅から17時の帰宅の変更となりました。


今まで通りの18時この時間帯は

「フェアー」の他の利用者さんの

夕食+夕食介助の忙しい時間帯と重なり、

スタッフの関係から

通常日は1時間早めの母の帰宅となりました。



今のところ、

わたし的には少々キツイです。


1時間早いか遅いかで

時間の配分とやれることが全然違います。



通常日お預かり5時間から4時間になって、

その中で

英語の授業をやったり、あるいは翌日の授業準備をしたり、

瑛太の相手をしたり、買い物に行ったり、夕食の支度をしたり、

銀行、病院、市役所にも。。。。



基本的な家事労働と勉強を含めた自分の時間は

母の起床前に

早朝起床して終わらせてはいますがね。



でも変更する気はないのです。

母は3食、基本的にではありますが、

自宅で食べてもらう ということがあるからです。


食事による健康管理は

出来るだけ自宅でしたいと思っています。

とても大切なことですから。


行く時間を早めたり、

帰宅時間を遅くしたら、

向こうでの食事になってしまいますから。



今日はこの4時間の間に、

母の尿検査の結果を聞きにと、

瑛太の動物病院の受診が入っています。


瑛太の病院は遠い。。。。。

よ~く考えたら4時間内は無理ぽいですので

20時までの延長にしてもらいますね。  




勿論、最初から仕事の関係で

20時までのお預かりの時もありますよ。

時には

緊急予定外でも。



明日は母がお休みなので動けませんから。

その後は授業が続く日ですし。

今日動きます  




母の通常お預かり時間は短くなりました。

私のいろいろこなす時間が短くなりました。


でも考えようなのですね。


月にして25時間。年にして300時間です。



この時間の量は

母と私が一緒に過ごす時間が増えた  ということなのですよ。

わぁ~300時間もです  




高齢と年を重ねて。

母と私は、

一緒にいることの人生の時間が長くはありません、もう。



だからこれでいい と思っています。

これでよかったのだ と思っています 



この短くなった4時間の使い方は

私のスケジュールの段取りの取り方次第ですからね。

私も それが当たり前 となって慣れるでしょう。


そういうのは得意でもありますから。



今日の朝ご飯
DSCN4026_convert_20130930095237.jpg

 ラッキョウ。

 乾燥小エビとモヤシのあんかけ温奴豆腐。

 キャベツ・人参・コーンのコールスロー。ケンタッキー風に甘め。常備采。

 いか・長いも・赤パプリカ・トマトのカレースープ。


     カレースープに入れる白ワインが

     間違って白ワインビネガーで。。。。

     ま、問題ありませんでしたぁ~~~ 




     クリックお願いします ↓
            
 
         お泊りの申請はまだ・・・・・。

         友人と食事をする予定があります。

         母の体調を鑑みながら

         ただ今、日時の調整中です。 








母の気力は健在。

早朝、

厚い雲に覆われながらも

その雲の向こうには青空が広がっていて、

今日の一日の始まりも

エネルギーを感じさせる始まりです 


私は忙し仕事日です。



今日の朝ご飯
13,09,29 朝食

水菜・長いもに ニンニク・オリーブオイルetcに漬けたトマトのサラダ。
(これはふたりで)

サツマイモ・玉ねぎのポタージュ。 パセリ乗っけて(大事な食材です、我が家では)

フレンチトースト + ザックリ炒めキャベツとウインナー。



昨日の母。

私の予定のキャンセルがあり、

母が「フェアー」に向かったのは予定の13時ではなく14時30分。

予定外に母と一緒にいられる時間が出来ました 


入浴しにお出かけ、 みたいな感じになりました。

17時に帰宅でしたから。

前日も同様でした。




外階段の降りは

両足揃えて一段づつではありましたが

順調でした 


そして「フェアー」に向かうのに

母の 「歩ける」 という歩行能力と、 「歩く」 という意志は健在でした。


どちらかが欠けていたら

車椅子に乗ってもらうつもりでしたよ。


母の手を引きながら

もう片方の手で誰も乗っていないカラの車椅子を押しながら

「フェアー」に向かう の図でしたよ。



途中の角で

真っ赤なボルボが私達の横に停まりました。

「あら~可愛いこと  」 と母。

車は大きかったのですが

母は赤い色に反応していましたねぇ~ 


その時、

もうそろそろいいでしょう、お母さん ということで

「お母さん、これに乗ったら?」 と車椅子に誘うと

「あら、これに座るの?」 と母。

「フェアー」の数メートル前で車椅子に乗った母でした。



以前のようにもう歩行は強くないのですよ。

それでも 自力で歩くのが当たり前 というのを見せてくれた母でした。

生きる という気力を持っている人でもあります。





そして

お母さん、薬を飲みませ~ん。。。でした。

あらあら・・・でした。


今まで血圧降下剤を朝1錠だけだったのが

一挙に3錠増えました、一日3回。

しかも大きめ。


いつまでも口の中に転がしていたり、

プッと口から飛ばしてしまいます 


認知症なので

「飲み込んで~。。。ゴクンして~。。。噛まないで~。。。」 の言葉は

理解出来ません。


なのでこれを買いました。

13,09,29 薬ゼリー

薬局に問い合わせて

どの薬も粉砕粉末にしても問題ないということで

この粉末とお水と粉々お薬を混ぜて。

小さじスプーン1杯量のゼリーになります。


「はい、お母さん、これ」 とお口の中へ。

「あら~美味しいわ~」 と一口でゴクン、とてもスムースに。


お薬の問題はこれでクリア 


大人用もありますが

買いに行ったドラッグストアで品切れでした。



       クリックお願いします ↓ 
           











軽く屈伸です。

今日も朝から、

突き抜けるような青空です。


この青空の下で

身体全身を意識した呼吸法を行なうと

やはりエネルギーが充満してくるのを感じますね。


今日一日の始まり ということで。




昨日の母は

腱鞘炎の症状は出ませんでしたが

脚の浮腫みがうまく取れず、

ご機嫌でしたが静かでしたので

やはり無理せず、

「フェアー」には出かけず、

の予定にしましたが。。。。


でもやっぱりこの間、

入浴しておりませんでした(母は毎回「フェアー」で入浴)ので

脚の浮腫みも

時間と共に大分治まりはじめてきましたので、

夕方近くに

入浴をしに「フェアー」に行ってきました。


入浴大好きの母にとっての

気分転換にもなりますから。
 


自宅外階段を降りるのは

この2日間「フェアー」お休みで

その昇降がなかったのに拘わらず、

大分スムースになりましたよ 


そこのところがちょっと心配の私でしたから。



よって

瑛太の動物病院受診は行けませんでしたけど。

予定日より1週間早い受診予定でしたので

これに関しては問題なし です。




これが又再開です  

13,09,28 1

座布団の上に脚を置いてもらいます。

脚はほぼ垂直です。



13,09,28 2

こちら側に座った私が座布団を引っ張ります。

その距離分、母の脚が伸びます。


次に又座布団を押し戻します。

母の脚は縮みます。


ゆっくりこれを繰り返して

座ったままの膝を中心の屈伸運動です。

太股にも効果があります。


床材が滑らかですので

とてもスムースで力も要らず です 


おしゃべりもせず、

結構母も私も集中しながら。



母は嫌がらずやりますが、

面白いのは

飽きるのでしょうか、疲れちゃったのでしょうか、

何なのでしょうか。。。。

もういいですということで

やりたくなくなると

突然ピタッと座布団に足の力を入れて

この動きを自分で止めます。


無言のまま。


座布団は

止まります動かなくなります。


この突然やってくる ピタッとぶり に

この母の意志表示ぶりに

私は 「あら、来たわ」 と毎回爆笑です 


それで終了です。



強い負荷はかからず の

大した運動ではありませんが、

続けていると効果はありますね、高齢である母の場合。


そして認知症の母と私の、

とても大事なコミュニケーションのひとつでもあるんですよ。



     クリックお願いします ↓
            

        








シングル介護なので

今日は

母は予定通りの「フェアー」お休み日  + 


昨日の予定外お休みで

二日続けてのお休み日です。


今月は2回予定外のお休みがありました。



暮れお正月以外は

続けてお休みというのはほとんどないんですよ。


すなわち

今まで母の身体状況はとても順調だったということだったのです。

風邪も引きませんしね。



なので今回のように

身体がしんどい時は無理をせず、

自宅で療養、自宅で様子見ということでした 




今回の受診で出されたお薬が効いているのでしょうか、

腱鞘炎の症状はすっかり治まっています、今のところ 


認知症の母にしてみれば

その右手の痛みや不快感がないものですから

立つ時と歩く時に両手引きしようとしても

「あら、こっち」 と今までみたく、

右手でお手手繋いで と要求してきますよ。


とりあえずの回復です。



私としては右手の負担を少しでも軽減したいのですがね。


それでも

トイレ介助の時のお座りと立ち上がりは

バーを使っての自力でのお座り立ち上がりはさせずに、

「私が抱っこしますからね~~」 と

両脇から抱えて全面介助しています。




今後予想される母の24時間在宅介護の、

まるでこの予行練習ですが、

ちょっと困ることも改めて発見です。



買い物に行けません。

昨日予定外の母のお休みで

買い物予定が出来ず、

おかげで今日の冷蔵庫の中は

かなりのスカスカ状態。


朝、母が寝ている時の買い物はお店がやっていませんし。



明日、

いぬの瑛太は動物病院受診予定です。

母が「フェアー」に行ってる間に行ってきます。

勿論、買い物も済ませなくちゃ です。


もし母が在宅だったら行けないのですよ~。。。。。



え~と

銀行にも行けないでしょう~。。。

市役所にも行けないでしょう~。。。



同居家族がいたら

簡単にクリア出来る問題ですが

ここがシングル介護のツライとこですね。


そして結婚していても

同居家族がいなければ同じです。



あと、友人と食事や飲み会が出来ないでしょう~ と

思いましたが、

これは友人におうちに来てもらうことで

クリアですけど   



いずれのこういう場合、

ヘルパーさんの要請となるのでしょうね。



        クリックお願いします ↓
              
 
          腱鞘炎の症状は治まっていますが

          脚の浮腫みはパンパンで取れません。

          利尿剤の処方が出まして

          今朝から服用です。 







今日は今日で。。。

朝から動きましたよ。



昨日の病院での採尿不可のため

昨夜採尿できたオシッコを

母が眠っている間に届けてきました。

診療時間前に。


今は目覚めても起き上がらない母ですが

ドキドキの緊張で大急ぎでした。


母を「フェアー」に送った午後からは

私の授業があり、

その前に届けようにも病院はお昼休み時間帯なので

この時間帯しかありませんでした~です。




そして今日、

母は「フェアー」を予定外でお休みしました。


手の患部は発赤・腫れ・熱感が全くなく、

体温も36.6度と問題なく、

食欲あり、排便順調なった今朝です 


なのですが

元気がありません。。。。。

そして妙に嫌な感じの生あくびを2回しました。。。。


迷走反射神経の発作を起こして、

意識混沌途中の覚醒する時にするあくびとそっくり同じでした。


勿論意識はしっかりしていて、

迷走神経反射の発作ではありませんが。



血圧測ろうとしたら

「痛いわよ、何すんの  」

お母さん、強い調子で拒否でした。。。。トホホホ・・・・


すぐにベッドで横になってもらいました。

少し肩で息をしていました 



今日は午後から授業で生徒が来る仕事日です。

う~~ん と唸って。。。。


でも即決 

お母さん、今日は「フェアー」お休み ということに。


無理はしない ということです。


いつ何があるかわからない高齢ですものね。


調子の安定しない母の様子見を

施設にお願いするのではなく

きちんと自宅介護で いうことでした。



その後何とか血圧測定できまして

今現在も

母は血圧も安定状態です 

(やっと測らせてくれましたよ 

「フェアー」でも拒否が多いのですよ) 




そして

授業はやりました 


母は授業をしているすぐ横の、

自分の部屋のベッドで横になっています。

母のひとり遊びの 数かぞえ が聞こえてくるんじゃないか と

思っていました。

何も聞こえず、

授業の間、母はとても静かでした。


母には

私の声が聞こえていたのでしょう。

それを聞いていたのでしょうかね。。。。


そんな感じがします。



代わりに

授業中はいぬの瑛太がいつも通りオチッコに、

今日はウンチもしに登場しておりました。

ま、これは毎回の定番 




授業の時に

母が在宅したのは初めてです。


先々予測される在宅24時間介護でも

こんな風に私は仕事はをしながらも

母のそばにいられるのだな と思って

いつかくるその日のための、

ちょっと予行練習みたいでしたよ。



私は私なりに

母のペースに添っているつもりですが

母も又、母なりに

私のペースに添ってくれています。


とても感謝です。




        クリックお願いします ↓
              
  


         明日は予定通りの「フェアー」お休み日。

         家族みんなで過ごす日です 







正解でした。

朝方曇り空でしたので

出かけるのに雨かな。。。と思いましたが

午前中から晴れてきました。



先日 「腱鞘炎」 と診断されましたが

予後順調とは言いがたく、

セカンドオピニオン ということで

整形外科に受診に行ってきました。


朝、介護タクシーで。



私は医師宛に、

母に関したものを

箇条書きにして簡潔簡素に書き留めていきました。


母の病歴(ほとんどなしですが)

現在のアルツハイマー病、高血圧の薬投与の状況。

そして

先日「腱鞘炎」の診断を受ける前と

受けた後の様子。。。。

患部の状況や体温の上昇や歩行の問題、

脚の浮腫みやこわばりも出てきたことに関してでした。



医師はそれを見ながら

私に質問です。

「これはいつから?」 とか 「その時は」とか。


とてもスムースにいきました。

これら問診と触診からの診断の説明が

とても丁寧でした。



そして

きちんと血液検査と尿検査をしましょう ということに。

それに基づいて最終的に判断しましょう ということに。

私が懸念していた

「リュウマチの可能性はありませんか?」と聞いたことも含めて。


鎮痛、解熱、抗炎症作用のあるお薬を

処方していただきましたよ。



母は受診後、

私の仕事の関係で「フェアー」にお預かりでした。


帰宅しての母。

昼食時に処方されたお薬は服用済みで、

そのせいでしょうか、

炎症も治まり、熱も36.5度です。


ビックリしたのは

家の中での歩行が

普通の、今までの感じに戻りました。

フラフラ感がなくなりましたです 


でも今現在の段階で

脚の浮腫みはパンパンです。

毎晩行なう私のマッサージは効きません。




病院での尿の採取では母出ませんでした。


「おかあさ~ん、大(オシッコ)してね」
 と

コップを当ててる私ですが、

途中から便座に座ったそのままで

母、両手を合わせる指遊び  になってしまいました。。。。

20分位おトイレにいました。


「お母さん、ここから出してね」 と

母のお腹をさすりました。

出てきたのは

小ではなく、大でしたよ。

あらあら、お母さん です 



明日、血液検査の結果を聞くのと

今晩採尿したものを持って

病院へ私がひとりで行ってきます。



何はともあれ、

脚の浮腫みを除いて

母が楽になったことが一番でした。


顔つきがもう全然違いますね。


病院では

母はとても頑張りましたよ。



       クリックお願いします ↓
             

         お医者様はホント大事です。

         今回の新しい病院での受診は

         母にとって正解でしたね。

               











セカンドオピニオンで受診

今日は

これまでと比べて気温が下がりました。

すっかり秋です。



昨日まで

日中暑く夕方肌寒くで

母が「フェアー」に向かう時は暑く、

帰宅時、外では 「あら~寒いわ~」 の母でしたので

今日からすっかり秋物洋服となり、

私的には楽になりました。




今日は朝、超~早起きでした、私が。


昨日予定外で母が自宅で過ごしましたので

何も出来ず、

そのため掃除や片付けが一日分余分に溜まりましたから、

それをこなすため。


もうひとつは

最近毎朝母が起床時点で、

30分から40分ほど母のベット脇で

母のお相手をしてますので

私の時間がそれに取られていますから。

その分早めに ということでした。


但し、早く起きすぎて

午後にソファーに座ったままの

不覚(?!)にも  20分位、いぬの瑛太と。




母は起床時、

やはり手と腕の痛みがありまして

ちょっと難儀そうです。


でも起き上がると

いつも通り歩いてくれますが

バランスの崩れはあります。



右手が使えないため (使うと痛みがくる)

トイレでも

自分でバーに掴まって

以前のように自力で便座に座ることができません。


私が母の両脇に手を入れて

方向転換して座らせる介助になりました。


しっかり抱き合って のラブシーン状態です 

すんなりいっています 




明日、

母を連れて整形外科に行ってきます。


先日受診したところとは別のところです。



36~37度が母の平熱なのですが

この間今や一日に1、2回、

この体温を超えるのです。。。。


そして起床時、

脚の強張りも若干みられます。


これらは以前ありませんでしたからね~。



先日の診断は 「腱鞘炎」 でした。


「フェアー」の看護師さんとも相談して

セカンドオピニオンを取る という方向にしました。




今日の晩ご飯
13,09,23 夕食

  玄米ご飯+黒ゴマ。 エリンギ・モヤシのお味噌汁。 かぶの一夜漬け。

  いか納豆におくら。

  サンマの酢煮に大根おろし+かいわれ大根。

  さつまいものレモン・蜂蜜煮。


お母さん、これら完食 
  


      クリックお願いします ↓
             

        明日午前中受診。

        その後母は「フェアー」にお願いします、調整済み

        私は午後いちから授業です。

        頑張ろうね、お母さん でもあります 














お休みしちゃいました~

今日もお天気でした。

暑いくらいになりました。



今日

母は「フェアー」をお休みしました。


起床時、

若干熱がありました、37.3度です。

その後は治まりました。


ゆっくり起床しましょう で

30分ほど水分補給もやりながら

ベットでおしゃべり 

落ち着いていてご機嫌でした 



「フェアー」に出かける段階で

椅子に座っている母に 「出かけましょう~」と私。

「いやだわよ~」 と母。



立つのがイヤだそうです・・・・・

立ち上がるのが大儀だそうです・・・・



今日は

右手は発赤・腫れ・熱感はありませんでしたが

やはり右腕全体の違和感はあるようでした。


なので

歩くのは嫌がりませんが

立つ時がイヤだそうです。


バランスを取るのに

力を入れるのがイヤなのでしょう。



そうね~~、

今日は私の仕事もないし、

どうしても!の緊急の予定もないし、

ま、変更できるものは変更するとして、

イヤならお休みしましょう 
 となりました。




それに

いつ又熱が出るかわかりません。


「フェアー」では

看護師、ケアマネそしてスタッフの皆さんが

医療的にも介護的にも丁寧に対応してくださいますが

いつ慢性疾患の症状が現れるかわからない、

そして母のように

いつ熱が上がるかわからない状態の利用者の受け入れは

気を使うでしょう とも思いますし。


介護施設は病院ではありませんからね。


今日は

そういうことも含めて

こちらで様子見にしました 





   37度。

これは通常私が目指す母の体温です。


○ 50年前の日本人の平均体温は36.89度。

  現在は36.20度。

○ 36.4度以下は低体温といえるそうです。

○ 36.8度 ± 0.3、4度 でいいそうです。


低体温は免疫力に大きく影響して

免疫力を低くしてしまう という研究データです。




母を老人ホームから引き取った時、

母の平均体温は36度やっとでしたよ。

時には

35,5度あたりも 



今の人の体温が低くなった理由に

筋肉量の減少、ストレス、エアコン等が原因。。。。。



筋肉は人体最大の熱生産器官なので、

運動が出来ない、もうお呼びじゃない母のために

マッサージを含めた脚の運動をやります。

出来るだけ歩こう でもありましたよ。

階段の昇降も大事な要素です。




そしてやはり食事での改善もあります。

我が家の、

必ず 玄米ご飯 と トマト  はここから引き出しました。



母を引き取って以来、

こんなふうに長い間かけてやってきて

今の母は36~37度になるようになりました     



今日の晩ご飯
13,09,22 夕食

   玄米ご飯。 アサリのお味噌汁。

   ワカメ・ほうれん草・卵・椎茸の炒め物。

      キャベツ・玉ねぎ・豚肉でホイコーロウ。

         かぶ・かぶの葉・ハムのサラダ。



トマトは朝食べました 


ほうれん草の炒め物にもホイコーロウにも

ものすご~く生姜タップリなんですよ。



      クリックお願いします ↓
           

    だるさやつらさなど病的自覚症状がなければ

    37度は微熱でなく、

    健康な体温とみなしていいそうです。


この内容を知った時、

その意外性にちょっとビックリしました。

今は納得。

でも今の母の状況は簡単に37度超え。

そうなると緊張しますね。   

         














起床時はゆっくりゆっくり。

今朝の母のお目覚めは

昨日に続き、

ご機嫌でした 



いつもなら

目覚めている母の

脚スリスリ、お手手ニギニギそしてちょっと会話で

「大(オシッコ)に行きましょう」 となっての、

サクサクと起床ですが

このところは

それをやる時間が長くしています。



熱ぽかったり、痛みがあったり。。。。。と

その時に、

サクサクと起こされるのは辛いでしょうから。


腱鞘炎の右手をスリスリしながら

私は母のベッドに腰掛けておしゃべりしています 




急に動かすと腱鞘炎の手と腕は痛むでしょうし、

熱が上がったり下がったりで

ダルさもあるでしょう、多分。


だから

はっきり目覚めてからの

ゆっくりゆっくり起床です。



体調の悪さからくる、

母がわけわからず感じてる(認知症ですので)不快感に対する

私から母へのご機嫌とりです 


おかあさ~ん、ご機嫌はいかがですか~  と。



体調的にしんどいでしょう、母は。

それでも

起床時から少しでも気分がいい方が

母がその後の一日を過ごすのに

大きく影響しますからね。






これを買いました。

薬のみ器という 吸い飲み器 です。13,09,21 kusurinomi


熱のせいでしょうか、

起床時は

とてもとても汗をかいています。


時間的に

出来たら早めの水分補給をしたいので

ベッドの上で

この吸い飲み器を使って OS-1 の補給です。



本当は

今まで普段のように

口腔内をブラシとうがいで

洗浄してからの方がいいのですがね。


そんなことは言っておられず、

まず水分補給です 



起床時、汗をかいてる昨日今日。

真夏の時期より気を使いますね。



       クリックお願いします ↓
             

        今日一日、体温は落ち着いていました。

        帰宅後も全くの平熱です 

        手の患部も落ち着いています。


        でも腱鞘炎が治ったわけではありませんので

        気は全く抜けませんね。  








出たり引いたりの熱です。。。

日中気温高く、

夜はなかなかの冷え込みの今日でした。

秋の深まりです。



私は

授業が立て続けの仕事の日でした。


新しい生徒も来ましたよ。

自分から学ぶ という意志と意欲の強い生徒です。

教えがいがありますね。



母は今朝、

目覚めの段階から

ご機嫌とても良く、はっきりした感じでした。


「もう大(オシッコ)に行きましょう。起きましょう~」 の

起き上がる段階で

「ここ(左脚太股)とここ(手と腕)が痛い」 と

言ってくれました 


非常にはっきりしていて

確実な(?!)部位特定でした 


今までは尋ねても ??? で

確実な特定出来ませんでしたから。



そしてその時点で、

実際手が腫れて熱感あり。。。。体温高し。


即、

冷やす冷やす でした。

最初の頃は

ジェルタイプ市販の貼り付けタイプを

すぐ剥がしてしまって、

母のおもちゃ(?!)状態でしたが

今は本人、気にせずで

貼ったままでOK状態になってます。



ロキソニン湿布も併用して

これでちょっとした時間で

腫れと熱感と治まり、体温も下がるんですよ。



今日の朝ご飯
13,09,20 朝食

   切干大根。 カボチャ・牛ミンチの炒め物。トマト・ブロッコリスプラウト。

   玄米ご飯+黒ゴマ。キャベツのお味噌汁。

   生シャケと玉ねぎの酢漬け + いつものピクルスと。



今朝の朝食作りは時短。

私の忙し日ですので。


シャケと玉ねぎは2日間、酢とレモン汁で漬け込んだもの。

手間かからず 

他のおかずも昨日夕食と同じにしちゃいました。




午後から。

降りる階段は

問題なくクリアして「フェアー」へ。


「フェアー」では途中、

体温上昇(37.7度)が見られ、

入浴中止にしてアイスノン枕を使用して

ベッドで休む状態になりました。

その後、体温は下がり、

夕食もいつも通りに完食だったそうです 




帰宅は

「フェアー」からスタッフ2名の同行でした。


母が階段を昇るにあたって

どの介助体勢がベストか、確認作業のためです。


それをスタッフ全員で統一するためだそうです。

私の位置もどうするか(前介助か後ろ補助か)も確認です。

私は後ろから になりました。


とても安心しました。

そしてとても感謝です。



母は昇る最初は

やはり躊躇していましたが

途中から一段一段両足そろえながらの一歩ずつではなく、

脚を交互に上げながら昇る気になっていました。

今まで見たく です。

勿論、うまくいきませんでしたが。。。。


自宅玄関でも

私の声かけだけで

靴と室内履きを履き替えようとしてました。

「これ(室内履き)履いていいのね。これ脱ぐのね(靴)」 と言いながら。

片足はうまくいかず、私が介助しました。




熱は帰宅後、

36.6度と久しぶりの36度台です。

思わず 「わぉ~  」 と声が出ましたよ。


小さなパウンドケーキ2個と

ミルク・蜂蜜入りのカモミールティを完食です。

「あら~美味しいわ~  と。

母は私と違って甘いもの好きですからね。


しばらくは

腱鞘炎からくる熱との闘いかもしれませんね。



       クリックお願いします ↓
               

          しっかり食べてくれる。

          とてもありがたいのですよ。








繰り返しています。。。。

とても良いお天気のこちら地方でした。


何をするにも

すがすがしい気分になりましたね~。



母の調子は相変わらずです。


ロキソニン湿布と

患部を冷やしますと

腱鞘炎の腫れ・発赤・熱間が治まります。


「あら、このまま調子良くね  と願っても

左手が不自由な分、

やはり右手を中心に使ってしまいますので

以前ほどのひどさはありませんが

湿布と冷却をはずすと症状が出てきます。


この繰り返しが続いていますね。



今日午前中は

立つのも難儀そうでした。


「いいわよ、痛いから」 と

はっきり申しておりましたし。


どうしても右手使いますからね。。。。



朝夕の食事は

お箸を使えました。


朝食時のお箸は

難儀というより、大儀そうでしたけど。

「使ってね、お願いしま~す」 と私に言われて。



今日の晩ご飯

13,09,20 夕食

  ラッキョウ。

切干大根・人参。 大葉の甘味噌巻き。 グリーンリブス・トマト。

玄米ご飯+黒ゴマ。 カボチャ・牛ひき肉のオイスター炒め。 シジミのお味噌汁。


  切干大根はこれです。

  13,09,20 切干大根

  味付けを出来るだけ薄くして

  素材そのもののお味を楽しんで。

  お母さん、当然今日も完食でした 



もう一品作る予定でしたが、


昨日から

車椅子での帰宅でスタッフ同行。

階段を登る介助のために。


そのために今後の帰宅時間が

18:00から17:00に変更になったのを

つい忘れていて、

気づいたら、 

「あらもうお母さん帰ってくるわ」 の時間となっていて

キノコのソテー作りは断念でした。


一時間の差は大きいですね。



帰宅時の階段の昇りは

やはり難儀しました。


どうしても右手を引っ張ります。

「痛いわ~」 とお母さん。


だからバランスが取れません。

階段途中で躊躇してました、何度も。


でも前(私)と後ろ(スタッフ)の介助で

トータル19段の階段を

昇ることは出来ましたよ 


歩く機能は

まだ残存してありますから

介助があれば

問題はクリア出来ています  



帰宅後は

問題なくおうちの中を歩いてくれていました。

右手の負担をなくすために

不自由な左手も使っての両手引きです。
  



       クリックお願いします ↓
           

        腱鞘炎に関して

        根本的な治療法がありません。

        負担をかけない、無理しない。 

        それだけです。

        まいったな~。。。です。










急激にきましたね。。。

秋になりました。

夜の外は肌寒いくらいです。



「フェアー」のケアマネさんが月いち訪問でした。



休息日一緒に過ごした母の歩行は不安定でした。


腱鞘炎はそれなりに落ち着いていますが

若干の体温高めは続いています。


ニコニコ振りもおうちでやるリハビリは

いつも通りです 



でも昨日お昼に

「フェアー」へ向かった時点での階段の降りは

一歩一歩交互にして降りるのではなく、

両足階段に置いてからの歩行でした。


前日より今日 という急激な悪化が見られました 




この時点で

私の中で

先日「フェアー」で母の歩行に関する問題に関して

話し合ったときの段取りを

実行することにきめました。




帰宅の送りは

○ 「フェアー」のスタッフにお願いすること。

○ 私は電話を頂いた時点で住宅階段下で待機。

○ 私とスタッフふたりの介助と、

  あるいは見守り支援での階段昇りということに。

○ 車椅子ごとの運びになるかもしれません、スタッフと。
  (いつかは)


4つ目は車椅子階段昇降機の搬入予定です。

多分私単独で昇降が出来るはずでしょう、多分。




ケアマネさんが来る事前に

「フェアー」の看護師さんと

この間の母の急激な歩行を含めた

身体的変化に関して、

電話でミーティングをして

確認事項やらアドバイスを頂いて、

それを元にケアマネさんとの

更なる方針決定確認事項となりました。



昨日のお昼「フェアー」通いの時点での

階段の降りが難儀しましたので

帰宅時の昇りは

さらなる相当の困難が予測され、

昨日から「フェアー」からは車椅子で帰宅。


階段は

私とスタッフのふたりでやるという予定を

ケアマネさんと組みました。



初めてなので

自分でまず確認したい ということで

ケアマネさんが母と一緒に帰宅してくれましたよ。



あれ~~~でした 


母、全く昇れませんでしたよ・・・・・。


脚を上げることが出来ません。

次に脚を進めることが出来ませんでした。


その可能性は予測はしていましたが

あまりの急激さで

私は内心愕然でもありました。



といっても

ケアマネさんがいてくれたことにより、

何事もなく終了いたしましたよ 



これから通所の帰宅に関して

この方向で行くことに確実に決定しました。



送りの帰宅時間は

以前より1時間ほど早めの

17:00から17:30の間です。

仕事のスケジュールの調整が必要となります。




帰宅後おうちの中では

不安定ながらも今まで通り、

おトイレや椅子から椅子の移動など歩いていますが

でもあまりもう歩きたくないようです。


おうちの中はまだですが

外は基本的に車椅子利用とする予定です。



一昨日のお休みの日も

「歩かない、座っている」 と

立つことを拒否しました。


今まではそんなことはありませんでしたから。


母は自分の意志を示してくれたんですよね。


なので

「そうね、今まで頑張ってきたから

歩く の頑張りはもういいですよ」
 という気持ちです。


私は母が出来るだけ歩けるように

母が嫌にならない範囲で

ギリギリ引っ張ってきましたからね。




そして突然、

母の脳の中での運動野の機能が

急激に落ちました。


原因はわかりません。

腱鞘炎との関連があるのかもしれません。

高齢でアルツハイマー病ですから。

でもそれもわかりません。




脳と身体の連動性を考えたら

勿論歩いてもらうのが一番です。


でもいいのですよ。

ホント、母はいっぱい頑張ってきましたので

これ以上何も無理しなくても ですね。



高齢でアルツハイマー病の進行による

次のステージが来たと言う事です。


とうとう歩行がダメになりつつありますが

食欲あって普通に食べられ、

排泄も順調で、

そして何よりニコニコ穏やかです。


このまま母が

母なりの安心安全での楽しい幸せ感でいてくれたら で、

十分ですね。


いつか来る更なるステージまで。

その時は又その時でね、お母さん。

腕まくり 




朝ご飯

13,09,18 朝食

  グリーンリブス・トマト・バジルをガーリックオイルドレで。

  シャケ・赤黄パプリカ・エリンギ・玉ねぎのピラフ。

  ジャガイモ・人参・キャベツ・カボチャのスープ。

     スープはいつも瑛太ご飯のチキンボイルで出たスープ。重宝 



便秘対策用に 

13,09,18 小豆かゆ

 アズキと玄米。

 今回は甘くしました。 まるでぜんざいと変わりません。

 3、4日に一回くらいの割合で。

 母にはよく効きます。

 おかげでとても順調です 


     クリックおねがいします ↓
            

      昨日から玄関に置いてある車椅子を見て

      母の次のステージに来たんだわ と実感です。
 







母の変化、いろいろ。。。

今日は

突き抜けるような青空の

素晴らしいお天気でした。



湿度低く、

部屋中に風が吹きぬけ、

とても過ごしやすい一日でしたね~。


今日は

母は「フェアー」お休みの休息日でした  




昨日の「フェアー」お迎え時の

まるでガムを噛むごとくのお口クチャクチャは

夕べ就寝前の入れ歯洗浄で

入れ歯はずした時点でその後はなくなり、

今朝の入れ歯装着後も

そのような行為は全く見られませんでした。

一過性のもののようでした、とりあえず 




昨日の「フェアー」から訴えた太股の痛みは

全くありませんでした の今朝から一度もでした。

とりあえず、

脚を押してみたり、上げたり下げたり、曲げたり伸ばしたり の

結果ですが。




35度左に傾いていた体は

起床時問題ありませんでしたが

お昼過ぎからやはり20度くらいの傾きが続いています。。。。。




歩行は全然安定しませんでした。


しかも普段室内で

「歩かなくちゃ」 とか 「歩きましょう」 と

よく自分からも言うのに、

トイレ誘導に誘っても

「いや、歩かないわよ」 「ここに座ってるわ」 と

はっきり!拒絶がありました。


安定しない歩行で

本人は歩きたくないのでしょう。


母の身体の中で何かが起きてることは

はっきりと感じられているのでしょう。


今までこちらからの 歩きましょう に

基本的に拒否したことはありませんでしたからね。


でも はっきり拒絶! という形で

自分の意志を示してくれました。

そこのところはうれしいですけど。





腱鞘炎の患部は

昨日から腫れも発赤も熱感も治まっています 

但し、体温は37度超えもあったりで

通常よりやや高めが続いています。



認知力に関して

ボール投げも包帯巻きもいつも通りでした。

ホーーッです 



  今日の母です。

  サクサクと巻いていました。

  13,09,17


今日は母の歩行の問題があり、

腱鞘炎の症状も一時的でしょうが

ひとまず治まっていますので

整形外科の受診は

無理せず、中止しました。



母の今後に関して

いろいろ変更すべきことが出てきました。


ちょうど明日、

「フェアー」のケアマネの月いちの訪宅の日です。

情報共有と今後の方針を

話し合うことになりますね。




今日の晩ご飯

13,09,17 tyousyoku

 キャベツ・茗荷・大葉の甘酢漬け。

 牛ひき肉・トマト・玉ねぎ・ニンニク・生姜・ほうれん草の
           カレー粉・クミン・ガラムマサラ etc でスパイスカレー。

 カボチャ・玉ねぎのクリームポタージュ + パセリ。


お母さん、自分から

「美味しいね~  」 と言っていました。

ありがたいです。



     クリックお願いします ↓
            











お泊りから帰宅・・・・

台風が通り過ぎました。



大型台風ということで

気に留めながらの時間を過ごしました。


すぐ側の竹林が

強い勢いの風に大きく激しくたなびきゆれる様を

窓から眺めて、

風の強さを知りましたが

雨は少ないこちら地方でした。


台風去って、

部屋の中に昨日から非難していた植物も

ベランダに戻りました。




母の「フェアー」への送迎の時間帯は

何か、昨日の夕方も今日の午後も

そのいつもの定時時間が問題なくクリアーできたような感じで

ホントはお泊りしなくても良かったようですが

それは過ぎ去った後の結論となってしまいましたですね。


お泊りで母のいなかった時間は

クローゼットとキッチンキャビネットの扉と

おトイレのドア扉と玄関ドア内側を

ちょっと念を入れて掃除しました。


今この時期に一旦やっておくと

暮れの大掃除が楽になりますからね。






母をお迎えに行ってきました。

ビックリしました 


頭が左に35度に傾しがっていました。


歩行も不安定でした。


まるでガムを噛んでいるかのように

クチャクチャ入れ歯を動かしています、ずっと。


認知力限りなくマイナスに見えました。



スタッフが自宅まで一緒に同行してくださいました 


正解でしたよ 


母、階段登りが更にとても難儀となっていて、

スタッフの方が

母を後ろから支えて押してくれて、

無事になんとか階段を登りきりました。



そして左脚腿部分の痛みがある という

お話しと連絡でもありました。



自宅でチェックして。


左足が前に十分に出なくなっています。

歩行バランスもとても悪いです。


昨日は「フェアー」では眠りが浅いというか、

あまり眠らなかったようなので

今日は早めにベッドに誘導です。


ベッドの上でマッサージをしながら

太股のチェック。

膝を曲げてそのまま胸の方に持って行く屈伸運動(いつものです)で、

「いいわよ(いらないわよ)、痛いから」 と言いました。

強い口調ではありませんでした。


但し、右脚の方でした・・・・・ェ? です・・・


痛みの部位を特定出来ないのかもしれませんね。

アルツハイマー型認知症ですからね。



但し、

別の意味でビックリしたのは

お母さん、とても多弁でした。


いっぱい私に話しかけてきましたよ 


もう今は母の頭の中で

忘れさられて使うことのなかった言葉が

次々と。


私がちょっとふざけて

アニメの女の子みたいな、可愛い高い声のトーンでしゃべると

キャワキャワ笑っていました 


身体的に問題が出てきての

そんな緊張感の中で、

母がこうして笑ってくれると

あ~~ と救われる(?!)思いでもありますね。

思わず 「お母さん、ありがとね」 と言いました。



腱鞘炎の方は

発赤・腫れ・熱感はありません の今晩です 



明日は「フェアー」はお休みで

家族みんな(母、瑛太、私)で過ごす休息日です。

いろいろ様子を見なくては。



       クリックお願いします ↓
             

      食欲あり。排便順調。

      帰宅してプリンを2個ぺろりと。

      どうしてももう1個食べたい ということで 
    




















台風ということでしたが。。。

目覚めた明け方は土砂降りでした。



この台風の接近で

昨日から天気予報を見ながら

母の「フェアー」への通所をどうしようか考えていて、


昨日の段階で

16日(月)の台風最接近日は

「フェアー」の利用なしお休みということで

連絡段取りを取っておりましたが、


今日朝の段階で

今日通えても帰宅時が台風で大変であろう と思う

台風接近情報でしたので、


変更して、

今日通所してそのままお泊り。

明日20:00お迎えで

台風をやり過ごすことにしました。


市の防災無線も

台風情報を流し注意を呼びかけておりましたし。


なのでしたのに・・・・、


青空が垣間みられるような、

灰色の雲が流れるような、

やっと今現在になって、

雨が降り出しちょっと風が出てきて。。。。


まだ台風という感じがしないお天気で、

どうみても今日はお泊り必要なかった ということでした 




母の親指手首あたりの腱鞘炎ですが

朝の起床時は

腕全体を痛がります。


患部は時折、発赤・膨張・熱感があります。

冷やして一旦治まりますが。


極力使わないようにして

負担がかからないように気をつけています、私が。


でも本人が

腱鞘炎だという自覚がありませんので

自分で力の入れようやバランスを

コントロールすることが出来ません。


そこが難しいですね。



  今朝も熱感あり で。

13,09,15 asa

  この時患部を押さえて 「ここはどう?」 と聞いても

  「痛い」 とは言わないんですよ。

  ??? です。


  でも当然違和感はあるでしょうから

  私の声かけでこのままでいてくれてます。


  じ~と見つめています。

  熱を冷やされて心地よいのでしょうね。



炎症に対する免疫機能も働いているからでしょうか、

体温も37度あたりをを維持したままで

今日一旦更に上がりましたが

すぐに又下がりました。


台風・連休開けに

前回行った整形外科とは別の整形に

受診予定です。



       クリックお願いします ↓
             









母の好きな事♪

今日は湿度高く、

やってきた今日の授業の生徒への 召し上がれ は

野菜たっぷりラーメンでした。


もう作ったほうも食べたほうも汗だく。

よって又エアコン ON となりました。




母のとても好きな事がいくつかあります。

我が家の習慣です。



おトイレで

便座に座っている母と

その前のドアの敷居に腰掛けている私とで

額と額をコツン、

そして合わせたままスリスリです。

「あら~~  」 と 「あら~  」 です。

お互いの目と目がまん前です。



ほっぺにチュッ。

これも私からして

次に母が返してくれます 


この ほっぺにチュッ は人前でもやりますよ 



そしてHUG HUG 。

母が座っている後ろから HUG で

そのまま肩もみしたり、

嚥下機能を維持するために頬を撫で撫で運動です。


立ったままギュとHUGすることもあります。

まるでフランスの恋愛映画ぶり(?!)です。




この3つのディープな(?!)親愛の情で

母は大抵の場合、

満面の笑みを浮かべてくれます 


ご機嫌斜めの時には速攻、

「おかあさ~ん  」 です。



昔からやっていたわけではないんですよ。


母を入居施設から引き取ってから

母にこの心地よさを覚えてもらったんです。

認知症である母の笑顔を引き出すために。


勿論、当初は、

母は 「あなた、何すんのよッ?!  」 でした。


額をコツンスリスリも

ほっぺにチュッも

HUG HUG も日本人にはない生活習慣ですからね。



でも認知症の母にとって

心地良いものになるはず と思われるものは

なんでも試してみました。


そしてこれらが当たりました 


心地良いとニコニコになるのは当たり前ですね。


認知症の人のニコニコは

その進行を遅らせている と思っています、母の場合。



      クリックお願いします ↓
            















ヤンソンさんの誘惑

今日も日差し強く、

但し室内は風が通り、

私にとってはとても心地良かったのですが、

途中、

瑛太がベロっち(舌)出して息をし始めまして、

「あらあら、そうね、ごめんごめん」 と

エアコン始動でした。




昨日の母はやはり活動的(?!)でした。


昨日このブログを更新し終わって

机に向かったままでいたら

ちょっと音がしました。


母はすっかり眠っているはずの

ベッドルームに行きましたら

母、ベッドの端にきちんと腰掛けて この顔  でした。


この間、ベッドの電動機能を使って起き上がっている人がです。



「あら~お母さん~、大(オシッコ)かな?!」 と聞いてみました。

「大が出そうなの~」 と。

「行きましょ、行きましょね」 とトイレに行きました。




最近の母は

夜間一旦床に就くと

自分から トイレに行く と起き上がることは

ほとんどなくなりました。


いつも私の声かけだけになりました。



認知症の進行で

オシッコはトイレで の感覚と

失禁が気持ち悪い の感覚がなくなり、

更に起き上がるのが大儀なのだと思います。


なのに昨日は

とてもしっかりしておりました 

とても久しぶりなんですよ。


私的には内心爆笑(?!)です。


あら~自力で起きれるではないの~お母さん ですから。



でも今朝は普通のテンションで元に戻り、

電動ベット背もたれ起こしで起き上がり、

昨日の事はなかったことのようでした~~



今日午前中は

手の腫れ、発赤および熱感はありませんでしたが

お昼頃から発赤が始まりました。



今日帰宅時に

ロキソニン湿布が貼られていました。

看護師さんから予備も頂きました。

ありがたいです。 



  今日の晩ご飯 ~ ヤンソンさんの誘惑~
  13,09,13 夕食

  ~ヤンソンさんの誘惑~ と名づけられたスウェーデンの家庭料理。

       ジャガイモ・玉ねぎのアンチョビと生クリームのグラタン。 

軟骨入り鶏団子(長ネギと生姜入り)とトマトのスープ + ブロッコリースプラウト。

赤・黄パプリカ・セロリ・ウズラの卵・マッシュルームのピクルス。


アンチョビ好きの私が ~ヤンソンさんの誘惑~ を食べたかったのですが

母も勿論大大好物なんですよ  



  13,09,13 hana

今日買い物に行った時、お花も補充。

可憐なピンクです。


部屋の中に花があるととても華やいだ感じになります 




     クリックお願いします ↓
            











笑顔だけでいいのです。

今日は外の日差し強く、

暑い一日となりましたが

家の中は風が吹き渡っておりました。



母「フェアー」お休み、

皆で過ごす我が家の休息日で

「風が気持ちいいわね~  」 と、

母に声かけしながら。



今日の母は

昨日とはちょっと又様子が違いました。


昨日は

母は受診の後、

「フェアー」でお預かりをお願いしてました。

私が自宅で仕事のためです。


迎えに行った時、

母は左に傾いでおりましたよ~・・・


自宅の外階段を登るときは

壁に身体が左に傾いで コン と頭をぶつけてしまったり でした 

足を上げて登ることは問題ありませんでした。


母の脳の中で何が起きてるの?! 

ドキドキの私でした。



今朝、

母を起こすのにドキドキの私でしたが

何と言うことはない、

お母さん、満面の笑みでした。


そのまま母のベッドの中へ潜り込みました。

お母さん、私を相手におしゃべりおしゃべり~ 

まあ~楽しそうでしたよ 


この間の母は、

表情も暗くなりがち、

ニコニコも言葉も少なし でしたので

私はとてもホッとしました。

嬉しかったですね~。 




心地良い風を感じながら

一日を過ごしました。


腱鞘炎部位は

若干の腫れがあるものの、

熱感なく発赤もなく、痛みもなさそうでした 


前日の、頭が身体が左に傾ぐのは全く見られませんでした 




でもですね、


計算ドリルを出してみました。

全く出来ませんでした。


そして

異食の傾向がはっきり見られました。

突然です。


計算ドリルをちぎって食べようとしました 


テーブルの上にあるもの(食べ物ではなく)色々を

「これ食べていいの?」 と聞いてきました、何度も。




手の炎症による痛みと違和感も治まって

母は楽になり、

私もそれに関してはとりあえずの ホッ ですが

まぁ~今日はそれとは別のことが出てきてました。

予期せぬことでしたよ。


でもいいのです。

母はアルツハイマー型認知症ですからね。


ただ笑顔でいてくれればいいです。

それだけでいいです。

母の笑顔は

母の楽しい感と幸せ感のバロメーターだと思っていますから。


それさえ維持できれば と願っています。


認知症の進行に関する問題は

出来なかろうとわからなかろうと

何をやらかそうと

私が代わりにやって見守って気をつければいいことですから。



  今日のお昼ご飯
  13,09,12 お昼ごはん

  お昼はいつもとかわらずの お蕎麦 でした。

  玉ねぎ・しめじ・卵で。




       クリックお願いします ↓    
              
 
        計算ドリルはできなくなり、

        訳わからなく何でも口に入れて食べようとし、でしたが

        でもとてもニコニコおしゃべりさんでした 








整形外科受診でした。

今日、

母は総合病院の整形外科を受診しました。


昨日の段階で「フェアー」では

右手首発赤・膨張・熱感ありで

看護師さんによるロキソニン湿布の貼付がありました。

まあ~ほんと、

いつも適切な対応をしていただけています  


昨日の帰宅時、

および今朝の段階では

発赤はなく、

膨張・熱感もかなり治まっていました 



午前中の整形外科受診のために

母を心配してくれた友人が

車を出してくれました 




診察室で。


私が母のこの間の様子を説明し、

医師は母の手を触診して

「腱鞘炎だ、これは」 という診断。

局所麻酔とステロイドの混合注射を患部に打たれました。


母、そりゃ~~痛がりましたが

それは 私でもそうだろう という範囲で終了しました。

暴れる(?!)ことなく、

頑張ってくれました。


それで診察終了ということでしたので

「お薬(湿布とか内服薬とか)は必要ないんでしょうか?」 と聞きましたら

「出してもしょうがないでしょ」 と言われました。

「通う必要がありますか?」 と聞きましたら

「もう来なくていいよ」 といともあっさり言われました。



まあ~何といいましょうか、

久しぶりに、 大凶のおみくじ を引いた気分でした・・・・。



とりあえず診断は間違っていると思えませんでしたので

納得 


帰宅してPCで「腱鞘炎」をググって

出来るだけ負担をかけずに使うしかない ということを

自分で確認しました。

医師からはな~んの説明もありませんでしたからね~。


様子みながら

次回は何か変化が出たら

近くの整形外科へ行くことにしましょう。




帰りは

友人とそのまま回転寿司で昼食でした。


この間、ニコニコ少なしで暗い感じの母でしたが

ワサワサとした見慣れぬ環境で、

いつもと違う食事で、

ちょっと刺激になったのでしょうか、

ニコニコが戻りましたよ 




昨日「フェアー」からの帰宅時の外階段は

とても難儀して大変でした。

通常登るのに2分もかからないところが

10分以上もふたりで アレ~、ウンウン、フ~フ~、 でした。


でも今日は

今までみたくサクッと登ることが出来ました 



友人とも話したのですが

「フェアー」からの連絡帳にも書かれていますが

母はいろいろなことへの認知機能の衰えが

とても顕著になってきましたです。

急に来た という感も否めずです。


それはそれで

それに合わせてゆっくりいきましょね、お母さん、一緒にね。




  最近はドライフラワーが部屋のあちこちに。

  13,09,11 薔薇ドライ

自宅近くに大きなバラ農家があります。

いつもそこから。




         クリックお願いします ↓
                

       明日は皆(母・瑛太・私)で我が家の休息日 













母の様子

今日受診しようと思った整形外科は

お休みでした~・・・・

ので、

明日私の予定は調整とキャンセルして

母を連れて行くこと変更になりました。


この整形外科は

母が脳外科受診している総合病院です。


母が寝たきりとなった場合の

在宅医療の支援は

この総合病院から受ける予定でいますので

各診療科のカルテの一致があった方が

あとあと

既往症等の情報交換上、

都合よく、スムースでいいはずですので。


整形外科医師のレベルはわかりませんが。



母、お元気がやはりありません。

笑顔を引き出そう 作戦にも乗ってきません。

反応が非常に鈍いです。


先ほど

「フェアー」の看護師さんと電話でお話しをしました。

入浴をしたそうですが

入浴するためのいつもの声かけに

反応にぶく、

言われていることがわからないようでした とのお話しです。


そもそも言葉の理解力がなくなっていますが

いつもの繰り返される日常の動作に関することは

理解出来ていたんですよ。


認知機能が一挙に衰えている状態です。



  午前中のお母さん

  13,09,10 朝

 腫れている熱あるところを冷やしています。

 熱っぽさは昨日よりありません 



母の気分状態が

一過性のものなのか、確実なる認知症の進行なのか、

今の所はわかりません。


食欲はあります。

朝食も 「美味しいね」 と言ってくれました。



仕事の件で

友人から電話が来ました。

母のことをよく知っているこの友人に

ちょっと母の今の状態を話しました。


「アルツハイマー型認知症で高齢でしょ。

そういうもんです」 と言われました。


ま、そうですけどね。


私は

母のために出来うる、

ベストを尽くすだけです。







      クリックお願いします ↓
              

         今日はおうちの床を全面的に磨きました。

         この単純作業をしながら

         母のいろんなことをつい思い出していました。