FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

08月« 2013年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年09月

腫れと熱です。

すっかり秋の気温。

先だっての、あの熱い暑い気温がうそのようです。

あっと言う間ですね。



母はお元気ありません。

う~ん・・・です。


時折痛みを訴えていた腕ですが

又痛みを訴えることがありました。



ただ肩なのか上腕なの前腕なのか関節なのか、

部位が特定できませんでした。


「痛いですか」 と聞くと

「痛くないわよ」 と答えるし、

「ここ?」 といっても

「??」 なのですよ~。


打撲も骨折ヒビの様相もありませんでしたし。



ところが

一昨日から手首と親指の付け根の辺りが

熱感あり、腫れてきましたですよ。


「フェアー」の看護師さんの指摘で

関節炎 の可能性の疑いありということでした。



あ~そうなのですよね。


母は左手が昔の怪我の後遺症で全く使えないんですよ。


なので

普段から全て右手だけをず~と使い続けます。

私とお手手繋いでも右手です。

何かに掴まったり、握ったりも全てです。


そしてこの間、

この右手で私の手を握りバランスを取るのですが

歩行の弱さが出てきたこともあり、

以前より、かなり強く右手に重心と力を入れています。

すごい力です。


こんなことも原因のひとつかもしれません。

長い年月、

 右手だけを使い続けての

その負担の結果なのかもしれません。


当然受診することにしました 


勿論、

今の段階では病名ははっきりしていませんが

可能性が非常に高いです。



炎症を起しているので

体温が若干ですが上がっています。

37度ギリギリです。

母の身体の免疫が炎症と闘っています 



患部は冷やしています。


市販の冷えピタだと

お母さん、剥がしてしまいます。

お母さんのおもちゃ状態?!です。


なので

私が張り付きで患部を冷タオルで冷やします。

なでなで~ と言いながらやります。


冷やしますと

患部の熱も腫れも一旦収まります。



認知症の母にとって

その感覚が何なのか理解できないのでしょうか。


お母さん、

言葉少なでニコニコ量が少ない、お元気のなさです。

今身体が炎症と闘っていますからね。



でも食欲旺盛、排泄順調 

生活のペースもいつもと変わりありません。

ここのところは心配なし でありがたいのですよ。




 今日の朝ご飯
 13,09,09 朝食

   生姜タップリで炒めた青梗菜の長ネギ・小エビあんかけ (ふたりで)

   パプリカのマリネ+カリフラワー+トマト+パセリ。

   長いも・メカブ酢・千切り生姜の酢のもの。 コリンキーの漬物。

   玄米ご飯+ゴマ。 お豆腐油揚げのお味噌汁。




この小エビを使いました。

お母さん、完食でした。

ご飯に混ぜてもよくて

我が家でとても重宝している食材です 

13,09,09小エビ



      クリックお願いします ↓
            

         手がダメだからバランス崩れて歩行が調子悪いのか、
                       (階段登り)
         歩行が調子悪いから手をダメにしたか。。。。。

         この相関関係もあるかもしれません。

         何はともあれ、早く直そうね、お母さん。ですね!









車椅子用階段昇降機

朝から曇り空でしたが

部屋を吹き抜ける風は爽やかでした。

今は雨です。



昨日「フェアー」での面談で

母の自宅外階段の登りに関して

いずれは

車椅子によるスタッフの送りで

登りをスタッフと私の二人係りでやることに

段取りを取りました。



そして

次に考えていることは

母の車椅子 (あるいは寝たきり生活) は遠くはない という前提で

車椅子で階段を昇降する時の

車椅子用階段昇降機 のことです。


通所・お泊り等の「フェアー」の利用を

いずれ止めることになっても

やはり外出は必然です。


特に通院。

そして

日常的に外の空気を吸う ということですね。


でもこの車椅子用階段昇降機があると

母の認知症の進行具合体調次第ですが

「フェアー」の利用も

伸ばすことが出来るかもしれませんね。




先週からあった、

母の腕の痛みなんですが

加重負担による関節炎の可能性が出てきました。

明後日火曜日、受診予定です。


レントゲン撮影などは

母は当然無理かもしれませんが。



ここ数日、

母はホント次のステージに向かっているのだわ という実感です。


認知症で高齢です。

当然のことですよね。




受けました、瑛太 

13,09,08 1

  500円で売っていた売れ残り洋服を買いました。


  瑛太用洋服をいずれ手作りしたいな~(・・・で終わるかもしれませんが) と

  冬の防寒用のためになんですけど 


  そのための、

  とりあえずサイズの確認と

  パターン(型紙)を採るためだけです。


  このピンク、

  しかもあからさまに女の子用です・・・

        これしかありませんでした~・・・500円 



今日は

授業で生徒達が来ました。


最近の瑛太は

利尿剤が効いてきていてオチッコ回数が増えています 


授業中、

トコトコ何度もやって来ていました、オチッコシートに。

これを着て。


「可愛い~  」 と言われながらも

あれ? 瑛太、女の子だったっけ?! とも言われてましたよ。

13,09,08 2

        おかげで時には授業中断 




          クリックお願いします ↓
                

     スカートは止めて欲しい~・・・ボクは男の子ですからね by 瑛太












今後の段取りの面談

今日は母を送った後、

「フェアー」で看護師さん、所長と面談して頂きました。


偶然、ケアマネはお休みでした。




母の最近の様子、

特に歩行が弱り階段の登りが

難儀になっていることで、

予測される今後の展開とその対策の

お願いと確認でした。




帰宅の送りは

○ 「フェアー」のスタッフにお願いすること。

○ 私は電話を頂いた時点で住宅階段下で待機。

○ 私とスタッフふたりの介助と、

  あるいは見守り支援での階段登りということに。

○ 車椅子ごとの運びになるかもしれません、スタッフと。
   (いつかは)




母の登りの体勢が崩れたら

母も私もふたりもろとも。。。。の危険があるんですよ。


母は小柄で太ってはいませんが

肉・骨ともしっかりした体重なんです。



そして

「フェアー」から自宅間は

車椅子使用となりました。

家まで2分くらいでしょうか。


途中の道路面がとても粗いので

転倒のリスクを避けるためです。


私は母の送迎で慣れたものですから

路面のどこがボコっていて、

どこがスムースじゃないかわかりますが

慣れていないと中々大変なのです、実は。




そして

お昼に「フェアー」に送って行くのは

今まで通りふたりで

お手手繋いで私がやります 

母、降りるのは全然問題ありませんから 




今日の面談は

いずれはそうなるだろう という確認でした。


でもそう遠くはない というのが私の実感です・・・・。




この間いろいろ考えながら

通所もお泊りもなしでの完全在宅の、

24時間私の介護にしようか とも思いました。

今の私は出勤がありませんからね。


その時は

サービスをフルに使って

在宅医療看護介護リハビリと利用するつもりでもいます。


これが母の最終的本格的在宅介護の形と思っているんですよね。




でもなのですね、

今日もお話したのですが

母には今こうして通うことがとても刺激になっているのです。

環境の変化による刺激です。


いろんな人から声をかけてもらえます。

いろんな声や音が耳に入ってきます。

ワサワサと刺激的です。


今の母にはこれらがとても重要なんです。


それに

階段の登りの問題をクリアできたら

母は「フェアー」に通える ということで

外に容易に出ることも出来ますから。

これも大事な刺激です。


ですから

階段の登りが困難になっても

支援をして頂いて

もう少し通所とお泊りを利用したい と

こちらの意向をお伝えしての面談でした。



  今日の朝ご飯
  13,09,07 朝食

   金目鯛の開き(ふたりで半身づつ)

ゴーヤお浸し。レッドオニオン・海老・パセリ(オリーブオイルあえ)。茗荷の漬物。

   玄米ご飯+黒ゴマ。もずく・長ネギ・エリンギのスープ。



         クリックお願いします ↓
                

         階段の登りに関した問題は

         今後の方向性として

         次のステージへの段取りが終わりましたよ 












そろそろとうとう~・・・・!

気になることが出てきました。


母、外階段の上りを難儀するようになりました。

足がついていかないのですよ。

十分に軽快に脚が上がらなくなってきた ということです。


今まで

片足づつを交互に階段を登っていました。

スムースでした。


昨日は

階段途中で両足で止まってしまいました。

2度でしたね。

ここ数週間で3回ありました。



去年の今頃は

ホント、階段の昇降はスムースだったんですよ、思い起こすと。



母の場合、何か他のことでも、

今回出来なくても

次回あるいはいつの間にか出来たりすることが

多々ありましたが、


今回の階段の登りの難儀さは

足腰の弱さが出てきた と実感です。

このまま難儀さが強まるだろうと。



高齢で年を重ねるごとに出てくる

出来ないことが出てきました。


ベッドも自力で起き上がるのではなく、

電動機能を利用した起き上がりにとうとうなりましたしね、

つい最近。



ただありがたいのは

本人が嫌がらないのですよ。


頑張って登るのが当然と思ってやっています。

難儀しながらも 「あぁ~着いたわね~」 と。

”出来た感” いっぱいの顔を見せます 




母の、歩く動く という意志は強いんですよ。

認知症で高齢で

でもそれが母の場合の 生きる という基本的本能が

身体の中から喚起されているようなんですよ。


そうですよね。

原始時代の基本的本能的遺伝子は

現代人にも継続して継承されていますから。


その時代、

もし歩けなければ動けなければ

獲物を捕ることができませんから

それは死を意味していましたから。


現代において、

人間以外の多くの動物は

特に自然界においてはこの法則です。



真夏の間、

歩行訓練を兼ねた 歩きましょう~  が出来なかったのですが

そのせいもあるかもしれませんが

はっきりと母の身体の高齢化が

更に顕著になりました。



但し、

もうひとつありがたいのは

降りるのに関しては

以前と変わらず、軽快なんですよ~ 



認知症で高齢の母に関して

次の展開ステージとして

当然予測されたこととなりまして

どうすることが母にとって一番良いことか、

思案中です。





秋の気配が伝わり始めましたね~


季節の変わり目は

次の新しい季節に向けてのワクワクがあります 


今年の夏は特に

エアコンから離れられず。。。。

やっと電気を大量消費しなくてよくなって

それも嬉しいです。



  この間、付け足してきたドライフラワー 

  これでいいでしょう ということで、

  このままクリスマスまでですね。

  13,09,06 ドライフラワー


  残りはここに。

  13,09,06 doraihurawa


        クリックお願いします ↓
              

         母を「フェアー」に送ってきました 

         もう暑いということはない今日でした。   








雷鳴!

もの凄い雷鳴でしたね、こちら地方は。


夕べ、仕事の下調べをしていて

珍しく遅くまで起きていたのですが

音というより、

地を這う響きのようになっていました。

明け方まで続きました。


こんなに大きな音が

こんなに長く続く雷は初めての経験でした。


いざお布団に入って眠ろうとしても

何度も響き渡るその音に引き戻されるように

中々眠りに入ることが出来ませんでした。


ここ毎年、

今年は異常気象ね と

記録的に初めてのことが多いのですが

今年ほど異常気象、

いや日本の気候が変わってしまうのだろか と

思わざる得ない年はありませんでした。



母は3:00過ぎに目を覚ましました。

ベッドの中で自分の指を折り、

数字を数え始めました。


「お母さん、どうしたの、大丈夫?!」 と声かけしても

何のことやらキョトン の母でした。


でもあの大きい音で目覚めたのでしょうね。


でも雷だとはわからないのですよね。

だから音に怯えるとか不安そうではありませんでした。


ドドドド~ンッ と鳴っても

全然意に介さず でしたあ~


ウトウトし始めた頃に

母が目覚めてしまったので

私は結局朝までウツラウツラでした。


お母さんは

30分後位にしっかり 




  今日の朝ご飯
  13,09,05 朝食

  ワンプレートです。

  しかも昨日のもので何とかでの手抜きです。

  ゴーヤも豚肉と炒めただけ。

  絹ごし豆腐は温奴で常備采コンニャク・舞茸煮を乗せて。


寝不足気味で

ちょっと朝はボ~~でした。




  玄関に
  13,09,05 花

玄関のドアーを開けると

甘い香りが飛び込んできます。


人工の化学合成された芳香剤の匂いは

苦手ですので

玄関に飾るのはいつもこれです。



         クリックお願いします ↓
               

         ウツラウツラする頭の中で

         何故か、

         シューベルトの「魔王」が流れてましたよ。
















一緒に書き物 ♪

起床時は

空一面がドンヨリ、そして小雨。


日中は

低く垂れ込めた灰色の厚い雲の、

さらにその上に

太陽を伴った青空と白い雲が見え隠れする、

妙なお天気でした。




今日は

我が家の休息日です、母「フェアー」お休み 


外気温が問題なくなった午後に

母を連れて 歩きましょう  で

いつものドラッグストアへと出かけましたが

風が思ったより強く、

外へ出た途端、U ターン 


外階段を上り下りしただけでも

「それだけでもいいわよね  」 ということに。




公文の計算ドリルを買いました。


母が書いた鉛筆書きの答えを

いつも後で私が消しながら使ってもらってます。


そろそろ紙が消しゴムで消されるのに

耐えられない状況に。

  新ドリル



午前中、

私はダイニングテーブルで授業の段取り等の書き物でした。


母は私の対面に座り、

ひとり指遊びでした、ご機嫌 


と、

母こう言いました、つぶやくように指遊びしながら。

「私にはなんにもないのよね・・・・」


私に向かって言ったわけではないのですが

「あら、ごめんね~はい、これ」 と

新しい計算ドリルを開いてあげて渡しました。


書くのに最初は誘導が必要なんですよ。

時には鉛筆が何をするものかわからないですから。



私が書き物をしている時、

母は計算ドリルをしている時がとても多いのです。


母の頭の中で

いつものそれが繋がったようでした、今日は 



計算ドリルをしたい ということではなく

自分も何かをしなければ、しよう ということなのです。


認知症で何ももうわからない という

その漠然とした不安の中、

その不安を打ち消そうとする感覚がでるのかもしれませんね。



重度の認知症ではありますが

私が何かをしている というのをみて

自分も何かをしよう という意欲が

こうしてたまに顔を出すんですよ、母の場合。



  今日の夕食

  13,09,04夕食

サラダほうれん草にベーコン・玉ねぎ・ニンニクでトッピング + トマト(ふたりで)

赤・黄パプリカのマリネ。このマリネ液、ハチミツとレモンの絞り汁。優しいお味。

鯖の塩焼き。 舞茸・コンニャク炒め煮。

玄米ご飯 + ゴマ。 サツマイモのお味噌汁。



本当は

ゴーヤチャンプルを作る予定でした。


買ってきてあったお豆腐が絹ごしでした・・・

で、明日の朝食用の鯖に変更です。

(鯖の皮目、真っ黒です  )




        クリックお願いします ↓
                

            母にはパプリカのマリネ、

            硬すぎたようでした。

            千切りにしてあげました。 完食。 










瑛太受診でした・・・・

日中日差しは強く、

お日様が落ちるとそれなりに過ごしやすい

こちら地方でした。




昨日は

瑛太を動物病院に受診で出かけました。


待合室にて。
13,09,03 受診

    ボク、今日は先生の所。

    ただ今、呼ばれるの、待ってるの~


    今横でワンちゃんがバウバウ吠えてるの~

    緊張するよ~


    でもボクは診察室でもいい子なんだよ~

    先生とJuliaに褒められるけど

    こっちは怖いのと緊張ですくんでるだけだよ~





発作前の快活さは戻っておりませんが

私の声かけに振り向き、

食事時間に近づくとアイコンタクトがビーム状で送られ、

オチッコはオチッコシート90%以上 となり、

夜間徘徊も全くなくなり、

幻視も非常に少なくなり、

食欲、歩様は全く問題なく となってる瑛太です 



あの大発作からの回復は順調にみられました。



以前のように

自分から遊んで、抱っこして は全くなくなりましたが、


その代わり、

ちょっとビックリ意外なのは

一緒に布団の中で

私に体重預けて抱っこされて、

あるいはぴったり身体を寄せて

眠るようになったのです 


以前も

お布団では一緒に寝ますが

腕枕されたり、身体をくっつけられるのは

嫌がってましたから。

私の足元でアンモナイトみたく、

いつも独り寝でしたのにね。



何故なのかわかりませんがね。


いぬを抱っこして、

そのぬくもりを感じながら眠るのが大好きな私としては

予期せぬ新しいコミニュケーションとなりました 



但し、

そのおかげで発覚したことがありました。


呼吸が非常に浅く、弱いのです。

でもそれによって

苦しそうという様子はみられません。




受診して

聴診器を当てながら

先生の顔、緊張と顔曇る でした・・・・


肺水腫の疑いが出てきました。



水頭症の大発作による脳の炎症と

ステロイド投与の影響が出ている可能性もあると。



でも

「ステロイド投与中止は

今の段階ではとても怖くてできませんから、別の方法を。

この子の場合は

この症状に対する。。。。や。。。。の投与は出来ませんから
」 ということで、


先生、う~~~~ん と唸りながら、

「利尿剤」 の投与となりました。


しかも

「まず微量から投与して様子を見ましょう」 ということに。


水頭症という病で

あの大発作による脳の炎症も治療効果は上がり、

生活レベルではかなりの回復がありますが

別の意味で脳も体も非常に過敏になっています。



       クリックお願いします ↓
              

         私がしてあげられることは

         刺激を避けて穏やかな環境を整えることと

         声かけでそばにいて見守ることです。












場所は路上でした。

日中の日差しは強烈でした 

風はありました。


   
                        9月アークカレンダー   13,09 アークカレンダー




母の飲み物でグラスでは

ストローを使ってもらいます。

韃靼そば茶を飲んでます。
13,09,01


一時期、吸い込むことが出来なくなるときがありましたが

今は復活です 


吸い込む という機能維持は

嚥下力の維持にも繋がるだろう ということで。

グラスに口をつけて飲むのと

ストローを使って飲むのとでは

口腔内の使い方が全然ちがいますからね。


そして

母がいずれ寝たきりとなって

吸い口のついた器で飲むようになった場合を考えて、

今から吸い込む力をなくさないようにです。


お母さん、声かけで上手に飲みますよ。

残り少なくなった底から

グジュグジュジュ~~ジュッジュッ と音立てながら。


私が幼い頃は

残り最後あたりをストローで音を立てて飲むと

注意されたものでしたよ。


その母のはご愛嬌です、今や。

母、楽しんでます、その音を 


音の出ることがおもしろいらしいんですよ。




と、

午前中絶好調でしたのに、


「フェアー」に行く途中の路上で、

軽い迷走反射神経を起しました 


嘔吐、失禁、失便はありませんでした。

若干の意識の混濁があり、

顔色なし の状態でした。



日陰の道路で

お風呂セットの中にあったバスタオルをひいて

母は横たわり、

(風があってよかったですよ~~)


私は「フェアー」に電話をして事情を説明し、

「フェアー」からは所長さんとケアマネさんが

車椅子を持って飛んできてくださいました。


そのまま「フェアー」へ。

自宅との中間地点だったので

家に戻るという選択もありましたが

家に入るための外階段が無理 と判断したからです。


後は

ベッドで休憩し、

徐々にいつも通りに何事もないみたくの

迷走反射神経の発作からの回復がありました 




母は

アルツハイマー病と高血圧(薬で安定) と

この迷走反射神経の、たまの発作があります。


一年ぶりです。


今回は

排便が順調にいってますので

便ショックによるものではありませんでした。


この発作が起きるたびに

私の心臓もパクパクです。



      クリックお願いします ↓
            
 
       夕食もしっかり完食 

       何事なかったかのように

       私の机の横で計算ドリル中の母です