FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

05月« 2013年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年06月

「うがい」もです・・・・・

認知症の進行で

数年前は、一年前は、数ヶ月前は出来ていたことが

出来なくなってきていることが多くなりました。


「うがい」 もそうです。



起床後、真っ直ぐトイレ介助着替えの後、

入れ歯装着前にうがいをしてもらいます。


必ずです。


眠っている間に繁殖増殖しているであろう

口腔内の雑菌痰等除去のためです。



起床後の

口腔内は汚いのだそうです。

そりゃそうです、うん。


食後に歯を磨く ばかりでなく、

起床後の

食事前に口腔内の洗浄は必要です。


食事と一緒に雑菌を飲み込まないように。


たとえちょっとした誤嚥でも

その菌の影響で

肺炎を起こさないように  です。

胃にも良くないそうです。

出来るだけリスクは避ける  です。




最近、母、そのうがいのお水を飲むことが

多々あるようになりました 


「フェアー」でもあるようです。



う~ん・・・・と唸ってしまった私は

今はコップを持って先に私が見せます。


「お母さん、こうしてやってみて」

グルグルガグゥガグゥ~ガガガア~グワッ、ペーッ です。


とても人様にお聞かせできるような音ではございませんですよ~。



とりあえず母に見てもらって、

見てもらっていますが見てない・・・・

「はい、お母さんお口ゆすいで~お願いしまぁ~す」


口に含んだお水を ゴックン、

しかも何気に普通に・・・・お母さん。


・・・・ であります・・・・


で、もう一回お願いします 



その時私は

私の腕を母の背中に

手を母の首上後頭部に当てます。


お水を含んだと同時に

ゆっくり母の上半身頭を

洗面台の中に向かわせます。

「お母さん、吐いて~~」 と声かけして。


ここで吐いてくれたら (ゴクンせずうまくいったら)

次のお水から自分で吐きます。

ここからは母わかるんですよね 


で、次は ブクブクガ~ペッ~ とうがいしてくれます 


痰が出切らないと

自分から 「もっと」 とお水を口に含みます 





でももう

「お母さん、お口ゆすいで」 とコップを渡しただけでは

全く出来なくなりました。


「飲むの?」 と聞きます。

「お口ゆすいでね」 と何年も言ってきた言葉が理解出来ません。



でも介助で何とかうがいをしてくれます 


うがいが出来るか、そうでないか で

母の健康状態も生活も大きく変わってしまいますから。


     今出来ていることを

         出来るだけ引き伸ばさないとね、お母さん。




 トマト
 tomato.jpg

毎年、

大葉・バジル・パセリ・カモミィールしか栽培しませんでしたが

今年初めてトマトを。


実がついて大きくなって

そして色ずく様は

とてもワクワク感がありましたです 


葉物とは違う感覚ですね。



         クリックお願いします ↓