FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

05月« 2013年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年06月

車椅子

先日、

脳外科で嘔吐したため体調を考えて

院内で車椅子を借り、

初めて母を乗せて車椅子を押しました。


今回初めて使ったのですが

ハ~~便利なのだな との実感はありました。



乗ってる本人も楽なんでしょう~

でも介助する側もとても楽でした。


母は自分で乗り座りできます。

乗ったら後はスイスイです。


病院内を移動するのにも

手を繋いでの自力歩行の5分の一の時間で済みました。



車椅子は

ある意味、介助者介護者のためにでもあるのだな と。




母は

私が引き取る以前の

入居していた老人ホームでは

外出、時には室内でも車椅子状態でした。


転倒予防もあったのでしょう。



ま、あの当時は

認知症の急激な進行もあり、

母、ボロボロ  でしたから。


今からは想像がつかないことです。

今、あの当時のスタッフが母を見たら

驚愕(?!)するでしょう~ は私の確信。


ま、それもあって

母を引き取ったのですがね 





でもその当時は

私自身は

母の車椅子を押したことはありませんでした。


会いに行った時は

母は手引きで何とか、

かつ、ヨタヨタ時間がかかっても

十分に歩けましたから

当然車椅子は使用しませんでした。


私の自宅にに引き取った後は

勿論一切車椅子は利用せず、

使うことを考えたこともありませんでしたですよ。


ヨタヨタでも歩けました。

その機能は残っていました。



時間がかかっても

見守りと手引き誘導で頑張りました。


その後はスタスタ  となって

今につながりましたです 



ま、おかげで徘徊事件もありましたがァ~・・・・


朝目覚めたら、い、い、いないよーーーッお母さ~んッ  事件





でも最近の母は

自力歩行の力が衰え始めています。

おうちの中で私と歩いたり、

ちょっとした足上げ体操をしてもです。


もう高齢ですから

ドンドン筋肉は衰えてきているのでしょう。


とりあえず車椅子はレンタルしてありますが

ギリギリまで使いません のつもりで納戸の中です。



自力歩行できる間は

手を繋いだり見守り注視したりの介助はいくらでもしますから、


時間がどれだけ掛かろうともね

自分の足で歩いてね と。




食べる(嚥下)、出す(排泄)、歩く、昼夜逆転しない。

この基本は出来るだけ維持しようと思っています。



脳のためでもあります。

認知症の母の脳のために

身体と脳の連動性です。



ありがたいことに

母は歩くこと自体は嫌がりません。

距離に関しては

たまに嫌がることはありますが。

「まだ歩くの~・・・」 と。



トイレに行く時も含めて立ち上がる時、

自分から手を出します。


「繋いで下さい」 と無言で。


手を繋いでくれれば

自分で歩きますから の意志(?!)は強いです。

「フェアー」でも我が家でも。


歩ける ということの 自由と自立 を本能的に知っているのでしょうか。



一度も使っていないレンタルの車椅子。

緊急災害時非難用であります、今現在。



  今年の初物
  13,06,08 すいか


今日、

母は「フェアー」で20時までのお預かりでした。

夕食は「フェアー」でした。

帰宅後、

「我が家の初物だよ~ 」 と母に。


今年のスイカは甘いです 



    クリックお願いします ↓
           











やっぱりお迎えに

今日は

久しぶりに 肋間神経痛 現るの日でした 



周期的に痛みが襲ってくる

イダダ、ウゥ~、クーッ の日でした。



とりあえずは

いつもの朝のルーティンをこなそうと、

 今日の朝ご飯
 13,06,07朝食

  カボチャとひき肉煮、 トマト・バジル。

  ニンニクたっぷりトマトソース+オイルサーディンカリッと揚げて+パセリ。

  瑛太のチキンスープからチキン・キャベツ・ローレルスープ。



カボチャひき肉は昨日の残り物、

サラダは他の野菜の予定だったけど時短でトマト、

トマトソースは作り置き冷凍してあったもの、

チキンスープは瑛太用から拝借(?!)。




その後、ダイニングに布団持ち込んで

枕抱えて潰れたカエル状態で横になってました。


痛みは周期的です。

痛みなければ何ともなぁ~い 状態 

そして痛みで差し込んで イダダッ! の繰り返し。



母はその横のダイニングテーブルで

計算ドリルをしながら

「せんせ様ァ~  。。 足す 。。 は10ちゃん?!でいいの~~  

と上から。

「うん、合ってるわよ~それでいいよ~  イダッ! 」 

と下から。


何とか母のいつも状態維持はクリア 



そんな状態の時、電話がありました。

「アッ、フェアーへ行く時間が過ぎてるゥ~・・・・」


心配してくださった職員さんがお迎えに来てくれることに。


母のおでかけ準備は出来てましたので

母を連れて階段降りて~ 


そこでスタッフのお迎えに遭遇でした。

「宜し(ウッ!)く、お願いし(ウッ!)ます。(イダッ)



この頃が一番ピークだったかも・・・・




その後生徒が来ての授業がありましたが、

たまに私が 「ウッ!」

事情を知らない生徒はその度に 「エッ??  」



朝方から始まった痛みのため

あまり睡眠が十分でなく

生徒が帰ったら

ソファーに沈んでウツラウツラと 


と電話がありました。

「アリァッ、フェアーへ迎えに行く時間が過ぎてるよ~・・・」

やはり私を心配してくださってのことでした 




ウ~~ン、

母にお泊りしてもらうか、それをお願いするか
 と

一瞬ですけどね、サッと脳内を過ぎりましたですが、


明日も私が仕事だから20時までお預かりだし、

(今日は17時半まででした、昨日と差し替え)。


そして明後日日曜日の夜は一泊お泊り予定です。

月曜日は朝から動かねばなりませんのでね。

午前中は脳外科と

午後から瑛太の動物病院受診のために、遠いのですよ~。



母にとっては

どっちがいいかと考えて、

お迎えに行ってきました。


お泊りよりも帰宅でしょ。

そりゃそうだ。


ま、私のこと、忘れられても困るし(?!)、

といっても

もうすっかり娘だと忘れられていますけどね ー-



ま、痛みが続くのも

一日か長くて一日半ですし。


この肋間神経痛の不思議さ。

痛みさえなくなれば ケロリ であります。



  クリックお願いします ↓
     

       「お母さん、私ね、肋骨が痛いのよね~~」 と。

       「あら~~??」 と何を言われたのかサッパリわからずの母。

       とりあえず言ってみた私。 






自分次第ですけどね

気持ちの持ち様。




何かの場面があった時、

その出来事に対してどう対応するか が

もたらせる結果なのだろう。



不快なことがあった時、

例えば

病人が車の中で吐いた時。


ムカついて 「何とかしなよッ」 と

相手に対してブーたれた気持ちになるか、


「そんなことはとりあえずいいですから、

それより大丈夫ですか」
 と

他者を思いやる気持ちになれるか。



その対応どちらかで


その後もず~と

「全く頭にくるッ、嫌んなっちゃうわッ」 と

愚痴のエネルギーを持ち続けた一日を送るか 

マイナスのエネルギーでね 


「ちょっとだけでもお手伝いできたわ」 と

利他の気持ちでにこやかな一日になるか 

プラスのエネルギーでね 



状況出来事に対して

自分のの対応如何で

自分のその後の気分も決定される と

改めて今回の出来事の他者を見て

確信しましたです。


そういう意味では

今回自分の中に収穫あり の感じです。




これは母の介護を通して

あるいは

介護の世界を見渡して

学んだことでもあります。


夜布団に入った時、

家族にとって

今日もいい一日だった と思えるように。





最近、上手になりましたです、私 

瑛太のオチッコキャッチャーですよ~ 
13,06,06

写真を撮っているので

シートが置かれていますが、

普段は瑛太のオチッコ落下地点一点に合わせて

シートを持って右から左、左から右へ で~す。


この切断したオチッコシート表面積、

目一杯使うぞ~ であります。


なんか、気分は共同作業??!



水分量がすごいので

オチッコ量もすごい~・・・・

だから起きたらすぐオチッコの瑛太です。


「どっこにしようかな~・・・・」 ウロウロウロ~


オチッコシートにしてくださいな と言っても

当然聞いてないし~・・・・


最近は

自分のズボンのポッケに

シート四分の一カットを入れてますからね、私。



瑛太、ウロウロ~

その後付いて私もウロウロ~


ピタッ! 止まる瑛太。

サッ! 差し込む私。



五勝五敗、五分と五分。



但し、起床後だけです。

あとはある時突然に  でありますから。



来週、

瑛太は水頭症発作のその後の定期診察で

動物病院へ。



  クリックお願いします ↓
      







見たくなかったもの

昨日、

帰宅後も母は問題なく、

いつも通りのニコニコご機嫌でした 




看護師さんが車椅子や受付の方達と

駆けつけてくださって

バイタルや問診などをして下さいました。


その後、車椅子に乗せた母を連れて脳外科へ。

「先生ッ、Julia母さんがお見えになりました」 と

入り口で待機してくださっていた別の看護師さん。


そのまま中へ。

もう先の看護師さんから連絡がドクターに入っていて

母を看ながら「大丈夫みたいだね。」 と。



車に酔ったか、軽い迷走神経反射か・・・・

原因は特定できず。


但し、

高齢者、何があってもおかしくないお年頃 を実感の私でした。




ドクターに

アリセプト投与中止後のその後を報告し、

もう母には認知症薬は必要ないこと、

今の生活環境を維持していくことを確認していただきました。



今回、

母の体調変化が

単なる一過性のもので

しかも軽度で終わったことはとてもありがたく、

ホッ  でした。





到着した途端のタクシーでの嘔吐には

やはりギョッでありましたから。


私はこういう場合、

すぐ脳卒中(脳梗塞や脳出血)を疑いますから 

母、他の疾患がありませんですから。



あの瞬間の緊急性において

母を見て瞬時に思った事は

病院でありがたい、

助けと支援を呼ばなくちゃ
 でした。



もしあの場面で

私が第三者のタクシードライバーだったら

「私が助けと支援呼んできますから、家族はそばにいてあげてください」 か

「私がお母さんを看ていますから呼んできてください」 と言ったでしょう。




母の嘔吐を見て頭の中アワアワとなりながら、

同時に謝罪を口にしている私に言ったことは

「(そんなことはいいから)

それより早く拭いてくれる」 でした。



実はですね、

その言葉のおかげで

私は瞬時に我に返りました。


あぁ~この人には頼めないのだな、

お願いできないのだな、

この人からの支援はないのだな 
と。



それであぁ~そうだわ と自分の中で

優先順位を選択しました。



母の側に寄り添って

「誰かぁ~きてーーくださぁーいッ」 と叫ぶより、

(母、脳卒中ではないなという確信と 重篤ではないという判断で。)


よしッ、自分で助けを求めなくちゃ、要する時間は2分以内だな と。

と同時に、

母をひとり残して病院内に猛ダッシュでした。




幸い、母はそれだけですみました。

だから

ドライバーが腕を組みながら

早く処理してよ の圧力に

マットを拭く ということが出来ました。


かがんでマットを拭きながら

看護師さんに母をお願いしながら

その問診に答えながら。



もし母が脳卒中等の重篤な疾患を引き起こしていたら

マット拭くどころではありませんです。


その場合は

このドライバーどうしたんだろう~・・・・

大騒動の中、

「チッ、拭かないのかよッ」 とでも思うのでしょうかね。



その時は

母のことで頭の中占められていますから

このドライバーへの不快感もそれほどでもありませんでしたが


帰宅して何事もなく終わった母を見つめながら

あぁ~今日は嫌なものを見たな と・・・・。




非難してもしょうがないのだ とも。

格差社会なのだ と。



寛容性を持っている人、

いない人。


目の前の病気の人を心配できる人。

気にならずに平然としていられる人。


人が困っているのを手助けできる人。

それよりマットを拭いてもらうほうが最優先の人。


動物を平気で殺処分センターに持ち込む人、

それを救い出す人。


3.11で衝撃と共に被災地被災者に寄り添おうとする人。

避難区域に人がいなくなったことをいいことに泥棒に入る人。


。。。。。。 




向こう側にいる人と

こっち側にいる人の、

あまりにも大きく拡大していく差。


今や

経済的格差のみならず

心の在り方の格差もすごいのだな と。



こんなはずじゃないはず、日本人 とも思いましたね。




それをうつらうつらと眠れずに

思ってしまった夕べでした。


あ、母はグーピーグーピー 


たとえ重度のアルツハイマー病でも

私の癒しどこでもあります。



  クリックお願いします ↓
    

     「(嘔吐したことを)悪いと思ってないのか」 という
   
      みごとに論点のずれた悪意コメントも入った昨日でした。

      今後のコメント受付拒否と即、削除でありました。













嘔吐して・・・・

焦ったぁ~~~ 

脳外科受診日の今日でありました。




予約脳外科へタクシーで行きました。


お母さん、いつも通り車中もご機嫌で

私とおしゃべりしたり、

指を組んだりで穏やか 



だったんですが~・・・・


病院到着、

玄関前でタクシーを降りる時、

私は車内で精算をし、

母の反対側扉を開けてもらって降りて、

母側の扉に回りました。



その数十秒の間に

母、吐いていました・・・・ 



軽く一回、

そして前のめりになって吐いたようので

床のゴムシート上に汚物あり でした。

母の自分の着衣は被害なし でした。



焦る私です、一体何が~~ と。


到着までの車中、

全然そんな前兆はありませんでしたから。


数十秒前まで平気だったのにィ~・・・ 



但し、母はそれ以上のオエッ感はなく、

若干の顔色なし ではありましたが。





タクシードライバーさんは女性で

降りてきました。


まずは 

「申し訳ありません・・・」 と述べると

「それより早く拭いてくれる?」 と。



ああぁ~そうだわね と

座っている母を車中に残したまま、

まずは私は病院内へダッシュ。


受付に直行して

母の嘔吐の件、

とりあえずまず看護師さんと車椅子が必要な件、

拭くものも必要な件、

予約担当Drに伝えておいて欲しい件、

以上4件ッ! を伝えて、


ぁ、拭くもの到着、待てないな と、

トイレに入ってトイレットペーパー1個掴み取り、

母のいる所へ回れ右でダッシュ。



母は様子変わらずで

私が見えなくなっていても

車中に座していてくれました。



車椅子と看護師さんが来るまで

車内床を拭かなくては と。



これ以上吐かれたら困るから

母を外に連れ出してくれ の

ドライバーさんの無言の圧力あるし・・・


もう数秒で

看護師さん車椅子到着だろう 予測して、

母を車から降ろし、

壁際に立っててもらいました。



これもドキドキでしたですよ。

母、動き出すんじゃないか と。


後ろ振り返って母を見、

前見て車内床拭き拭き の繰り返し・・・


「お母さん、私ここにいるからね。

お母さん、気持ち悪くない?!

お母さん、。。。。。。」
 と声かけしながら・・・・



看護師さんと車椅子到着 

母、特別消耗感もなし、問題なし現況 で

その点はとりあえず救われました。



ドライバーさんに

「すみませんね~ すぐ終わりますから」 と

トイレットペーパーで拭きながら。

吐いたものの量が少なくて の幸いでしたが。


ドライバーさん言いました。

「もういいわよ。

これじゃ次の客乗せられないじゃないの。

営業所に戻って取り替えるしかないから」

         え・・・もう拭き終わってるよ~・・・


「ほんと申し訳ありません 
           
 



このドライバーさんから

大丈夫ですか と言葉が一度もありませんでした。


母をタクシーから出すときも介助補助なし。

母を壁際に立たせて私が心配そうにしているけど

ず~~と腕組みして立ったままでした。

一言も発せず。

平然と。


交わした言葉は

上に書かれてある言葉だけでした。




あら~すごい人もいるもんだ    と

私の回りにはいないタイプでした。


そして

私と同年輩かそれより上の、

この女性ドライバーさんの、

顔を見て思った事。


あぁ~

こういう人は家族を介護出来ないタイプなんだろな と。

こういう人は家族から手厚く介護受けられないタイプだな と。


ま、勝手にそう思いましたですけどね。 



でもこちらが迷惑をかけたことであります。

申しわけないことは大変申し訳ない。



ドライバーにとって

予期せぬ出来事の憮然だったのでしょう と理解は出来ます。


スムースに行くはずの、

今日の営業がここで頓挫していると。



でも不思議な光景でした。


老婆は吐きバイタルや問診や介護受けながら

回りはアタフタとしている中、

その家族は

心配でそれを横目で見ながら

ひざまずいてトイレットペーパーで車内のマットを拭いている。

それを腕組みながら

平然と見ているタクシードライバー・・・・



母は

その後嘔吐することもなく、

いつも通り診察を受けた  の、今日の脳外科でした。



  クリックお願いします ↓
       
 
       珍しく不快な嫌な一日でした・・・・






  





食材調達ッ!

今日は忙しく、

特に時間に追われた一日でした。




そして

夕方になって気がつきました・・・・


冷蔵庫が相当カラ状態・・・

調味料がいろいろ底つきかけ状態と・・・


そして

明日は母は「フェアー」お休みです。

脳外科には行きますが買い物は出来ません と。




金・土曜日は仕事びっちりの日。

昨日日曜日もひとり授業がありました。

今日は来客もありの忙し日。



結局これらも含めて

諸々は母のお預かり時間内にこなさなければいけません。

ですから

母がいる時は食材調達の買い物には行けませんですよ~。



明日のことを考えて・・・

買い物行けないでしょ、食材少ないでしょ の休日だし。


う~ん、母には申し訳ないけど

17:30までを20:00まで延長してもらいました。



私は速攻街中へ買いだしに 



うちでの調理においては

出来るだけ中国製品と加工品と出来合いのものは避けています。

中国製は特にです。


ドレッシングも加工製品なので使わないし、

お茶類も無農薬有機のもので。

既製のペットボトル飲料缶飲料は一切飲みません。

ミネラルウォーター以外はです。

油類もシードオイルとオリーブオイルとゴマ油しか使いません。

だしも天然だしです。

白砂糖も使いません。

全てハチミツです。


調味料も含めて

添加物の入ったものや、

わかる範囲で中国製品が原材料のものは可能な限り避けます。




身体の細胞一個一個に優しいものを。

免疫力が上がるものを。


実は母の介護で

その介護の原点のひとつとして

特にこだわっているところでもあります。




これらは街中の駅ビルのフードセンターで購入です。

どうしても近くのスーパーでは手に入りません 

なので

駅ビルまでバスで「こだわりや」「成城石井」、

あと、輸入食材・コーヒーの「カルディ」です。



飛び乗ったバスの中で

買い忘れない様に メモメモメモ しながら 


メモを見ながら速攻で、

他のものは何にも目をやらず・・・ガット



でも20:00の母のお迎えに間に合わず 

30分遅れでした。

食材大荷物抱えて「フェアー」に直行。


母は問題なくニコニコでした のホッ  と ごめんなさいね 


お預かり延長となり、

さらに30分遅れは

いくら忙しいとはいえ、

私の段取りミスですからね。


そのあおりを食ったのが母でした。




でもこんな簡単に

お預かり時間延長をお願いできるのは

母が私の送迎だからです。


これが

施設による車の送迎でしたらこうはいかないでしょう。


小規模多機能型施設は

利用者ひとりひとりの送迎なんですね。


そのスケジュールも組んでいますからね。

簡単に変更されたら

段取りがめちゃくちゃになりますものね。


あと、

母は問題行動がありませんから、

あまり手間かからずの時間延長だけですから。

でもそれは今現在のところですが。



   クリックお願いします ↓
         

           明日は脳外科です。

           母と焼肉ランチの日でもあります 












 

瑛太、昨今。

        6月のカレンダー


もう6月に入っています。



入梅宣言がありましたが

微妙な気候の昨今です。




気圧の変動の影響を受けやすいいぬの瑛太は

その後、水頭症の発作もなく

私をホッとさせてくれている毎日です。



少しずつ変化が見られます。


オチッコシートにチィーする回数が増えましたよ 


以前は

オチッコシートを全く無視状態でしたが 

最近はチィーの時、

クンクン匂いをかいでから (これだけでも進歩です)

どこにしようかなぁ~・・・ と。


でたまに当たります、オチッコシート 

たまにですけど・・・そ、一日に1~2回です。



瑛太、

薬の影響でものすごい量のお水を飲みます。

だからオチッコの量もなかなかすごいのです。



朝の起床時は

夜間に一度するオチッコの後の

歩き回った    が部屋中でして、


そこから私の

まず一番の朝のスタート 


床にはいつくばっての

雑巾掛けが始まります。

ダイニング・リビング中です。


私は朝からエクササイズです 



それから

触られたり抱っこされるのも

以前ほど嫌がらなくなりました~。


で毎朝お願いします。

抱っこさせてくださあ~~い 

13,06,02朝

    今、抱っこされて眠ってましたですよ~~ムニャ・・・



こういう風に

撮った写真を見るたびに思いますですよ、私。


あぁ~

シャンプーしたい、

爪切りたい と・・・・・・今やなかなかのボロっち君です・・・・


触れられることに

もう少し慣れないと無理ですね。



母は落ち着いていてくれて

瑛太は少しずつ反応が回復傾向にあり の

我が家の介護な生活、最近です 


       クリックおねがいします ↓
               







アリャリャ~な朝

今朝は

ちょっと アリャリャ~なお母さん でした。


いつも通りの7時過ぎ、

母を起こしに行きました。



で、でも部屋に入った途端、

プオーーーッ とすごい匂いでした 


母はいつも通り、

すでにベッドの中でお目覚めしてました。

この顔  でした。

「あら~せんせ様ァ~  と。



母、睡眠中といいましょうか、

途中目覚めてといいましょうか、

摘便してました。


パジャマも布団カバーもシーツもみごとな汚れぶりでした~。

母の手も 


私は

今日の授業の準備もありましたから

今朝は4時半起きでした。

その時は全然問題ありませぇ~んでしたですよ。




母たまに便秘気味の時にやります。

日中はありませんが。(以前はありました、ひどかった~・・・)


ですから

便秘気味が始まった時は

パジャマのズボン、その時だけは前を紐で縛るタイプを使います。


母は紐を解くという行為がもうできませんから。

ゴムですと手を入れてしまいますからね。


今は排便が極めてスムースなので(一日おきくらい)

紐タイプパジャマズボンは

使っていませんでした。



トイレに誘導して処理をして

着替えやら何やらのいつもの朝で、

認知症の母は

今朝の摘便行為など勿論自覚出来てませんから

ニコニコご機嫌の朝でした。




今晩20時までお預かりの母。


帰宅後一緒に

パジャマな母はカモミールミルクティ、 私はコーヒーで。
13,06,01doriru

 私は明日もひとつだけ授業があります。

 その準備でのテーブルで

 テキストやら本やらが積まれている中、

 母も私の横で計算ドリルです。



とてもありがたいです 


同時にふたつのことが出来ますから。

母のお相手と仕事準備です。

最近、このパターンが増えました 


たまにダメな時もありますがね。

今日はご機嫌でした 



ちょっとこんなときね、

まるで母が私に寄り添っていてくれる気がするんですよ。

あなた、頑張りなさい と。



  
  クリックお願いします ↓
         

  朝の摘便の影響で

  日中「フェアー」で十分な排便あり でした。

  「出たのねッ、お母さん。良かったね。」 であります