FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

04月« 2013年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年05月

室内用介護シューズ

昨日今日と

お仕事お仕事、大好きお仕事でした 


母は20時までのお預かりでした。


明日は

母は「フェアー」お休みで

私も予定を入れずに過ごす日です  + 




母の室内履きを変えてみました。

というより変えざる得ないちょっと間 のつもりでした。


先日の大量の軟便、おトイレ間に合わずの時に

ズボン、パンツ以外にも

室内履きも捨てたのでした~・・・・


このタイプです。

新室内履き

 各、冬用と夏用(靴下の厚みに合わせて)で

 わが家でも「フェアー」でも

 全く同じものを揃えて使用しています。


我が家でも「フェアー」でも

自分で履いてもらいます。

 
認知症なので

それを見た時、

せめて混乱しないように。




で今これを穿いていてもらっています。

室内履き


今までのと同じタイプのものを

買いに行くまで ということでした。


というのは

この新しい介護用室内シューズは

5年くらい前に購入したものです。



何故か母はこれをとても嫌がりました。


う~ん、

ぺらぺらした感じはあります、

底は薄いですし・・・・・


足底が地べたにぺったり直接感が嫌だったのかもしれません。



「あら~歩きにくくて嫌だわよッ  」 と

言っていました、当時のその時。


なので使用せず、箱の中に眠っておりました。


介護用品とのことで結構お高いんですけどね。



で、今回の緊急臨時予備でね と使ってもらっているのですが

母、全然嫌がりません。



あれだけあのとき嫌がったのに・・・・・


履き心地、使い心地の感触は

今はもう認知できないようです。



勿論、

どっちがいいですか? と聞いても

もう何もわからず の母です。


母が気にならなければ

それでよし で

ま、この介護用シューズでいきますか~。


今は声かけでの脱ぎ履きで

混乱はありません。




  今日は特に幻視を追いかける時間の多い瑛太でした。

  目線の先は空中。

  尻尾はご機嫌?!

  怖がっている様子は微塵もなしです 

  13,05,25 幻視




   クリックおねがいします ↓
        

         仕事の緊張も終わり、

         明日は家族みんなで過ごす休息日