FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

03月« 2013年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年04月

いつものサンニンの生活

起きて歩いて、

その後すぐに長時間の爆睡 の繰り返しの瑛太です。


起きている時は歩いています、ず~とトコトコトコ。

20分位でしょうか。

部屋のあちこちを。


徘徊でふらふら という感じではなく

目的意識的にあっちに行ってクンクンして

くるりと踵を返して

次の所へ という感じです。


若干ではありますが

起きて歩いている時間が多くなりました。


お日様サンサンでしたので

ベランダに出してみました。


クンクンしたあと・・・

ベランダと部屋の高低さは超えられませんでした。

わかりませんでした。


最初我が家に来た頃もダメでしたが

上がって部屋には戻れるようになっていたのに です。


視野狭窄がさらに進んでいます。

そのせいでしょうか・・・・・

高低さを認知できません。ま、いいんですけど。




今や長時間の爆睡を繰り返しながら

リハビリ中という感じです。


歩行はかなりよくなりましたあ~~ 


いつもの食事の時刻を知っていて

それも催促されました 



   夕食、
      立って自力で モグパク中 

 13,04,17夕食



昨日は

母と瑛太と一緒のサンニンの一日でした 


フェアーからの「連絡帳」によると

母はお泊り中問題なく、

そして帰宅しても問題なくでした 



3泊4日もして

外階段の昇降の若干の困難がでるのじゃないか とも思っていましたし、

計算ドリルや包帯巻きや洗濯物畳みや

トランプやピーピー吹きや。。。。。を躊躇する場面もでるのではないか、

でしたが、

すんなりこなしてくれました。

ホーーーッです。



ここまで順調でいいの と聞きたいくらい。

特に今回は3泊4日でしたから。




母のこのご機嫌と順調さは

頑張った瑛太と私への母からのプレゼントかも 


だって

ここで母、ご機嫌悪しとなったら泣くッ、私 

体力と気力、枯渇中かつ充電中ですから・・・・




瑛太にとって

母が帰宅して良かった事は いつもの声と音 です。


夜、

私の勉強部屋で私と母は一緒に並んで

母は計算ドリル、私はPCとか。

瑛太はその勉強机の下にいつもいるんですね。


ひとりでプレイバウバウしてたり

ウトウトしてたりで

私と母が就寝の準備につくのを待ってます。



「せんせ様ァ~ ご 足す さん は 20ちゃん?!」

「え~と 8。 8ちゃんだと思うけど、どう?!」


この繰り返しの会話で

母と私の声を聞いているいつもの夜が始まりましたです。


母が戻って

ホントにいつもの夜になりました。

今までと同じ環境です。

今の、学習を再獲得中の瑛太にとって

とても大事なことです。

声、匂い、時間の流れ 。。。。



ま、爆睡ではありましたが瑛太 

でも聴覚は刺激されてたかな~、多分。




母は瑛太が大変だったことなど知る由もなく、

の当然ですが

でも母のペースが維持されていて

私的にはそれで十分でした。



       クリックおねがいします ↓
               


皆様の応援のおかげで

少しずつ良好に回復中の瑛太です。

とても感謝です。