FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

03月« 2013年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年04月

生き抜け、瑛太!

動物病院に行ってきました。


水頭症の発作は

回を重ねることにその生存を脅かし、

重篤になるということで


今回の瑛太の場合は

かなり決定的なダメージでした。



起き上がることが出来ません。

立ち上がることが出来ません。

当然歩くことは出来ません。

潰れたカエル状態です。


食べることが出来ません。

飲むことが出来ません。


反応がありません、私の声に。

右目は向こうに、左目はあっちに・・・・


オチッコが出てません。




動物病院に行けるまで

病犬用の缶詰でスタッフィングと

シリンジよる水分補給を試みましたが

嚥下が出来ず、

私が断念しました。


誤嚥を防ぐためです。


水分は口腔内湿らすだけに。

それでもちょっとだけ水分補給になるはずですから。






今日、動物病院で

検査と薬投与を補液と共に施して頂いて。

薬は脳の損傷と肝臓のためです。



入院に関して先生と相談をして

自宅に連れ帰ることにしました。

毎日通院することで。



発作が起きない限り、

入院していても補液薬剤投与だけですので

瑛太にとって

自分の匂い、私の声のある方がいいであろう という

私の決断です。



生き抜けるか、否か、不明。


生き抜けても

以前のように歩けて走り回って笑顔振りまいて か否かは 不明。


先生の見解です。




痴呆になって寝たきりでもいいからね、

生き抜くのよ、瑛太。



9年間、

太陽も家族も楽しいことも知らずに

それでも生き抜いてきたんだから、


ここは瑛太の家族がいるお家だから、

まだここに来て1年経ってないからね、

もっともっとここにいなくちゃね。


せっかく出会ったんだよ、

お母さんも私もね、

幸せになるために生まれてきたんだからね。


頑張れ、瑛太。



  私の布団でねんこね。
  ohuton.jpg
  
  瑛太はいつも私が布団を敷くと大はしゃぎ。

  いつもバウバウプレイ、私と、毎晩。

  ちょっとでも心地良いはずの

  匂いと感触で。

  ここで寝てなさい とお布団敷いて。


まずは睡眠。

治療を受けて

損傷を受けた脳が今一番必要なもの。



     クリックおねがいします  ↓
              
 












瑛太、大発作です・・・・

瑛太、

大発作を起こしました。


昨9月より治まっていた水頭症の発作でした。


以前は月1回の割合でもありましたから。


今まで起こしていた発作は

5分くらいで、一回きりでした。

勿論瑛太の場合、それはそれは強烈なものです。



今回の暴風低気圧は何事もなく過ごせたのに・・・・



今回は

それが繰り返し繰り返し2時間近くでした。


ただでさえ、強烈な瑛太の水頭症の発作ですが

ここまで強烈なのは初めてです。

抗痙攣剤ダイアップ座薬の使用。



その発作の後遺症が

強烈なダメージを瑛太に残しています。


昨日は獣医院がお休みでした。


なすすべのない水頭症の発作です。



これから母を

予定外の時間繰上げで「フェアー」に預けて

朝一番の診察を受けるために

瑛太を動物病院へ連れていきます。




       クリックお願いします