FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

03月« 2013年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年04月

母の意思

私的には

気分は日曜日です。


今日、

母は「フェアー」お休み、私は何も予定入れず何もせずで

母といぬの瑛太と過ごす日です  + 


でも朝から雨なので

お出かけできずの残念、ガッカリ。




昨日は ちょっと参ったなァ~・・・ でした。


昨日もご機嫌で絶好調の母でした。


いつも通り「フェアー」へ。


いつも通り、

私がドアピンポンを鳴らし、

「お母さん、戸を開けてくれる?」 と言って

母にドアを開けてもらいました。


ここで

母は自分からサッと玄関中へ入り、

職員さんの出迎えを受け、

室内履きに履き替えます。


私は職員さんに

今日はご機嫌  とか 排便があった  とか

簡単な連絡を口頭でして

パッ といなくなります。


認知症の母は

自分の視界の中にいなくなった人は気になりません。

わかりません。


というのが

毎回の全く決まりきったパターンです。



なのに

昨日は

ご機嫌絶好調すぎたのでしょうか、

私に強い依存をみせました。


自分で「フェアー」のドアーを開けても

玄関中に入りません。

「せんせ様も一緒にィ~~ ね、一緒にいよう、 ねッ」
 と

強く私の手を引っ張ります。

玄関の中に入りません。


普段の流れからしてありえないことでした。



う~~ん・・・ッ、と一瞬

今日はキャンセルして

一緒に自宅に戻ろうかとも思いましたが

エ~~とォ・・・

買いだめしない我が家の冷蔵庫は

空で買い物行かなきゃならないし、

明日母は「フェアー」お休みだから一緒にいられるし・・・・


・・・・・と、玄関に出てきたのは

満面の笑みの「フェアー」の看護師さん。

母の大好きな人であります 



「お靴履き替えましょうね」 と言われて

 の顔の母を見て

「ごめん、大好きなお風呂入ってきてね」 と思って

看護師さんに 今日は珍しく依存が強い ことを伝えて

やっぱりドロン と姿を消した私でした。



視界から消えた私を

追うことはありません。

消えた途端に私の事は頭に記憶にありません。


重度のアルツハイマー型認知症だからです。


でも誰かに何かに

依存したい、甘えたいという感情や感覚は残ります。




母は自分から何かを要求したり、

わがまま(?!)を言うことはほとんどありませんので

こういう風に自分の思いを伝えられると

嬉しいものです。

切なくもあります。




  今日の朝ご飯
  13,04,02朝食
 
       定番ブロコトマッティ、 サツマイモオレンジジュース煮、 牛乳。

             しめじと大葉とニンニクのパスタ。



      クリックお願いしまぁ~す
                    ↓
    


         今日も素敵な一日を ですね 

         夜眠りにつく時、

         今日の一日に感謝  となるように。