FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

02月« 2013年03月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»04月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年03月

HUGHUG & チュッ

今日金曜日は

私はお仕事頑張るぞ  の日で

母は「フェアー」20時までお預かりの日です。


明日も 

但し、生徒ひとりキャンセル変更あり。

その分、その生徒のテキスト作成なしなので

余裕がちょっと出来た今晩の時間です。
           最近、今頃はもう寝てる時間です。




母と私は

よく HUGHUG と ほっぺにチュ をします。



今晩母を「フェアー」にお迎えに行ったら

玄関で

母は自分から私に チュッ としてきました。

そりゃ~もうご機嫌絶好調の挨拶です 


母と一緒にいた職員さんにとっては

初めて見た光景で

「あら~~」 と驚きの顔でした。




入居施設から引き取った頃、

HUGHUG を教え(?!)ました。


最初は驚いてましたあ~  


日本人には日常的にはない習慣ですから。

「何よ~~?!  」と。


それでも何回も HUGHUG 、慣れるまで HUGHUG 


おかげで

今は大好きですよ 



すっかり小さくなってしまった母を上から HUG ッ。 

ギュッと抱きついてきます。
         ユーカリの木に抱きつく可愛い我が家のコアラちゃん  


椅子に座っている母の後ろから HUG ゥ~。 

「あら~~  」 と

私の腕をぐっと引き寄せます。




ほっぺに チュッ も教えました。


以前、市の広報に

母と私の写真とインタビュー記事が乗りましたが

その写真は

「フェアー」にお迎えに行った時、

母が私に チュッ してる写真でした 



認知症である母が

安心したり、心地よいと思うことは

やるやる、何でもやる~  


こんなことでも

十分安定してくれてる要素のひとつです。

認知症の進行を遅らせる要素のひとつでもあります。



  クリックおねがいしまぁ~す
                  ↓
  
  
         私なりの 「Person Centered Care 」 です。