FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

02月« 2013年03月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»04月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年03月

寝不足気味じゃありませんか?

昨晩から

いつもの調子とは違った母でした。



昨晩、

最初、私は母の添い寝で一緒にベッドへ。


母が寝入って

私は母のベッド下に敷いた自分の布団に移動。


いぬの瑛太とじゃれあい、

そのまま腹ばいで本を読んでいました。




ほとんどが

母が添い寝して入眠した後、

私はこうして腹ばい布団の中で本を読むか、

勉強部屋に戻るか のどっちかです。



そして自分が眠るとき、

眠っている母に最後のトイレコールの声かけ。

「お母さん、大(オシッコ)は? おトイレは?」 と。


のパターンに決まりきった最近ですが



昨晩は

お母さん、途中で目を覚まして、

モゴモゴブツブツ独り言 がはじまりました。


も一度添い寝しようと思いましたが

昨晩の母の独り言は

とてもご機嫌いい内容でした 



目覚めて不安そうな独り言の場合は

即!添い寝  ですけど、



不安そうじゃない ということで

私は腹ばい本を読みながら

その相手でした。


言った事に相槌を打ったり、質問したり、笑ったり。。。。。

ベッドの上と下から。


母、とても多弁でご機嫌です 



と、まあ~これも

たまにあるパターンなのですが

今まではこういう風に目覚めても

夜間一度きりだけだったのに

今回は

母はこの後、2回これを繰り返しました。




そして今朝。


朝は私が先に起きて全ての準備が終わってから、

後から母を起こしますが

朝食の準備でキッチンにいたら

なんと、母、自力で起きてきました。


気配で見ると

母が立っていたあ~~~



毎朝ベッドから起き上がってもらい、

ベッド端に座って室内履きを履くまで

私の介助が必ず必要です。



転倒のことも頭にある私なので

ビックリしました。


もうひとつビックリ。

母が 朝、自力で起きてくる なんて

何年ぶりだァ~~~????!!!!

いつも私が起こすのを待ってる人なのに。


しかもお母さんにとっては

朝早すぎだよ~~。



勿論、

「せんせ様ァ~~大(オシッコ)がしたいのォ~~」 でした。

そして この   でした。


室内履きは履けてませんでしたァ~~ けど。



「フェアー」に出かけています、今。

う~ん、

3回も夜間目覚めていて

しかも朝も早起き。


いつもと違うパターンの昨夜と今朝で

寝不足気味で

眠たいんじゃないだろうかァ~~~・・・・



私は母を「フェアー」に送った後、

即30分 


これから街中へ 



   クリックおねがいしま~す                
                           ↓