FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2012年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2012年10月

あらま、出来るのね♪

この間のゆったりゆっくり生活から一転しての

今日は本格的に忙しくなる予定でしたが

野暮用でバタバタとなって予定変更を余儀なくされました。


警察に行き、

その足で市の介護保険課へ。



12時半から利用の「フェアー」へも

母は14時半に。



17時半にお迎えの母はご機嫌よろしく 



あら~そうなんですか~  ということが書いてありました。



母は「フェアー」では

義歯を自分で装着するそうです。


あれま~、

うちでは口を開けてもらって私が装着します。

そっかぁ~~ 出来るんだぁ~ と ちょっと嬉しい気分 


明日の朝からは

「自分でね、お母さん 」 です。




最近はこんな風にスタッフの方が

母の状況をいろいろ書いてくれます。

とてもありがたいです。


今日見たく、

あらま~ それはまだ出来るのね と。

私自身がこれはもう出来ないんだわ と思っていたことが

いい意味での勘違いも発見できるからです。



重度の認知症の母が

たとえどんな小さなことでも

それは出来ているということを知るのは

在宅介護家族にとってとても重要です。



以前と違い、

母を挟んでのスタッフとの連携がとてもうまくいっています 



  今はすっかりご飯はお鍋炊きです。

  玄米炊き



  セラミックのおひつを見つけました。

  友人がプレゼントしてくれました。

  私があまりにも

  電気炊飯器よりもお鍋で炊いたご飯は

  断然美味しいーーッと連呼したからでしょうか

  セラミックのおひつ

  これに入れ替えて蒸らします。

  ご飯が冷めても美味しいし、

  このままチンも出来ます 



        クリックおねがいしまぁ~す
                    


         母は義歯を外すのは自分でやれます。

         今度からは入れることも出来ます 

         私があきらめてやらせてないだけだったァ~~~