FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2012年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2012年10月

怒 2

私は何かがあると自分の意見を述べます。

私はこう思う と。

あなたはどう思う? という前提で。

自分の考えははっきりさせておきたいからです。



でも私は細かい人ではありません。


例えば

毎月作成される利用票に署名捺印しなければいけないのに

去年の2月から放置されていてもです。


毎月の訪宅が全くなくてもです。


担当者会議など一度もなくてもです。


母の介護認定に同席したいといえば「どうぞ」です。

久しぶりの訪宅でした、一年以上ぶりでした。




母が落ち着いていますから。

それで十分でありますから。

細かいことは言わない。


忙しいのだろうと。


署名捺印されていない

一年半以上もの溜まった利用票を

監査の時どう切り抜けているのだろうか と逆に心配でもありました。





2日前母の血圧が150を越えました。


普段は降下剤の効果で120~130の安定ぶりですが

こういう風に高くなった場合、

時間を見て再計測をお願いし、

それによって入浴するかどうかを判断してきました。


以前はそういう時は

再計測してどうするかの電話があったり

問題なしとの向こうの判断で入浴の是非を決めてもらっての

きちんとした報告を頂いていました。

ケアマネからです。


今回何もなし。

再計測も何もなしで

そのまま150越えで入浴。


勿論連絡帳記載もなし、の無視。

上が152の数値のみを

ケアマネの字で書かれてあっただけです。


ケアマネがいたにも拘わらず、

スタッフへの何の指示もなし。


今やみごとに無視されてます。

露骨です。




そしてスタッフは150を越えたら

そうして欲しいという私の要望を知りませんでした。


この件に抗議した私に

スタッフは「申し訳ありません」と平謝りでした。

でもこのスタッフが謝る必要は全くないわけです。



全ての情報はケアマネの頭の中にあり、

申し送りや情報の共有はありませんでした と判明した今日この頃でした。




といっても

ケアプランがないと

介護給付が受けられませんので

早急に私が指摘した間違いいい加減部分を訂正したものを

作成してもらい、

署名捺印とすることにいたしました。


ま、私は介護給付がなくても関係ないというか、

何故ならきちんと全ての手続きを期限通りに済ませていて

私の落ち度は何もありませんから。




とても疲れました。

怒りのエネルギーは私を消耗させます。

新しく作成されたケアプランに署名捺印してお終いにします。




      クリックおねがいしまぁ~す
               


       ここのケアマネはコーディネーターではなく、

       全権掌握の権力者でした。

       利用者及び家族への対応は彼女の感情次第ということでした。