FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2012年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2012年10月

ずさんなケアプラン 怒

今日介護認定結果の通知が

被保険者証とともに届きました。


前回介護度3(その前は4)でしたが

今回は4の判定でした。

私としては妥当な判断だと納得です。



その認定結果が出ないうちに

ケアプランが出来上がってきました。

介護度と認定期間が不明とのことで

原案ということでした。



が、ひどいものでした。

ひど過ぎです。



訪問介護は受けていませんし、

受ける気もないのに、

それに記載されています。



母は移乗介護も移動介護も必要ありませんが

それも記載されています。



通いの手段も

うちはお手手繋いでの家族の私による送迎です。

でも職員による車の送迎となっています。



居宅サービス計画書の

利用者及び家族の生活に対する意向は

前回半年前と同文です。



週間サービス計画表の時間割も

こちらの申請したものより30分も延長になってます。



サービス内容も

このブログを読んでの引用です。

自宅で私が母にこうしているという内容が

「フェアー」でも行われているような内容にそのままです。

ビックリしました。



公的文書としても見事な誤字脱字ぶりです。




このずさんでいい加減なものが

計画書として上がってきました。


しかも

介護認定度も期間もまだ不明だったこの原案に

署名捺印せよとのことです。




この適当ずさんな計画書をもとに

介護サービス保険の認定で

介護サービスをお国から受けるつもりですかね~



勿論、朝の段階で

間違い及びいい加減部分をマークして

抗議と共に手渡してきました。



どうやら今回はうちだけらしい・・・・

だってそうでしょう、

こんなずさんでいい加減適当なケアプランが

他の利用者も同様だったら

ものすご~い問題でしょう。

詐欺でしょ、お国の介護サービスに対して。



ま、うちに対する悪意でしょう・・・・ケアマネの。

これで私が怒って「フェアー」の利用を止めるように かな・・・


常識と常軌を脱しています。



      クリックおねがいしまぁ~す
              


      もしかしてケアプランてこんなレベルなのかな~・・・

      ま、ケアマネとの信頼関係が崩れると

      こんなもんなんでしょうかね~・・・

      勿論担当者会議など行われたことは一度もありません。


      母が利用している「小規模多機能型」は

      ケアマネは専従で変更することがでません。