Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

09月« 2012年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2012年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日&今日

昨日、

母の「アリセプト」と血圧降下剤「コニール錠」ともらいに

ひとりで脳外科へ行ってきました。


病院は午前中だけですので

母はいつもの12時半からの利用を

10時からに変更。



午後からは

英語の仕事の打ち合わせがありましたが

この打ち合わせでの久しぶりの友人との再会で

夕食&飲み会ということに。


う~ん、仕方なし と

母は久しぶりの予定外のお泊りとなりました 


緊急予定外の利用、

ま、私の、介護家族の勝手と都合ですが

小規模多機能型施設のこのシステムに感謝です。


友人と過ごしていつものルーティンの日常をリセット。

またまた気分一新です 



今日、

英語教室の新しい生徒が2名。

今日は面談ということで

英語のレベルチェック。


それで教材の選択を行ないます。

それによって

一般教材を使うか、手作りにするか もあります。


ふたりはそれぞれ大学院生であります。

当然、一般論的にしゃべれない、ききとれないのですが

当然、書けます、読めます 


理系ですので

文系より英語に接する時間が違いますが

中学・高校での最低6年間の詰め込みがあります。


まだまだ英語が使えなくても

それぞれのこのふたりには

その潜在能力に秘めたものがありました 



だから授業で詰め込む、覚える、暗記するも大切ですが

このふたりに関しては

その潜在能力を引き出す授業を という方針にしました。



  瑛太、プレゼントされたバギーの中

  瑛太 in the bagie

     昨日今日と忙しかったので

     まだこのバギーでお外行ってないんだよ~~~

     「明日、行こうね」 だってェ~~~ 



        クリックおねがいしまぁ~す
                 


今日17時半に母をお迎えに。

お泊り開けでしたがとてもご機嫌、落ち着いています。

感謝です。











スポンサーサイト

瑛太にプレゼントが♪

今日は

母が利用している「フェアー」での

「運営推進会議」 がありました。



地元自冶会、民生委員、地域包括センター、市の介護保険課、

そして私は家族代表としての集まりでした。



会議は14時からでしたので

母はそれまで自宅で私と一緒に過ごしました。


時間になってふたりでお手手繋いで「フェアー」へ。

会議の間、待っててもらいました。


会議が早めに終わって

私は母と帰るつもりでしたが

丁度母は入浴中 


「じゃ、いつも通り17時半に迎えに来ます」 と

私ひとりで帰宅。



この後友人が瑛太へのプレゼントを持ってくる予定でしたから。


そして今晩は

我が家はカレーなので

彼女にカレーを持って帰ってもらおう のカレー作りもありますから

大急ぎで帰宅です。




  バギーです。

  瑛太のバギー

     これ、畳まれた状態ですが

     機能性といい、軽さといい、大きさといい、

     瑛太にピッタリでしたァ~~



彼女は以前パピヨンを飼っていたそうです。

その子を病気で亡くしました。

このバギーもその時、

病気のその子が外へ出かける為のものとして購入したそうですが

結局たった一度しか使えず だったそうです。


瑛太が

リードがダメ、

お外は歩けないの と話したところ、

自分のジロちゃん(彼女の亡くなったパピヨンの名)の代わりに

瑛太ちゃんに使ってもらいたい ということでした。



ただ今瑛太、リードをつけましょ訓練続行中ですが

やはりお嫌だそうです・・・・・

リードをつけると一歩も歩きません。

今はハーネスタイプでお試し中。


ま、お外をスタスタ歩くお散歩は無理でも

このバギーがあると

近くの広場までは出かけられます。




  ということになりましたです 

  プレゼントの日



  今日の晩ご飯

  12,10,29夕食

  カレーです。 昨日の野菜スープを元に 

  ピーマン・赤ピーマン・エリンギのニンニクたっぷりでイタリアン、

  水菜キュウリ大根のヨーグルトマヨ + かぼちゃとブロコリー。

  豆乳。



       クリックおねがいしまぁ~す
             

        ありがたく大事に使わせてもらおうね、瑛太。








ボク、離れませんよ。

いぬの瑛太がうちの家族となって

来月の8日で6ヶ月が過ぎます。


勿論、すっかりうちの子です 



水頭症の病持ちですので

癲癇の発作も3回ありました。


でも私には薬の投与によって

脳圧を下げることしか出来ません。

あと、我が家でのゆっくりとした環境です。



レスキューされたときは

盲目と思われたくらいの無反応ぶりだったそうですが

今はまぁ~~なんてたってお茶目ちゃんですよ~~~ 



水頭症のせいで気圧に敏感で、

気圧変動時はしっかり眠っていることが多いですが

それ以外は私の側を離れません。


私は家の中で歩くのが結構早いのですが

それに合わせてスタコラサッサ 

脚側をタッタッタッです   

私がUターンすると

サクッとUターンして脚側タッタッタッです。


「あら~瑛太は運動神経、抜群ね~ (ただの親ばかですけどね)」

とか私に言われちゃって~ 



私がキッチンに立っているときは

足元です。

料理作るのに夢中になっているときは

おっととと、

気をつけなくちゃ  です。


   何、作ってんのォ~~?

   キッチンで2


  ここで待ってますからね、早くしてね 

  キッチンで3


でもですね、友人が来たりの来客時は

借りてきたネコです。

警戒とかビビッたりはしませんが。


皆に 「あら~おとなしいねェ~~  」 と言われています。


「飼い主に似たのよね  」 と私が言うと

皆、無言  です。   

     (爆)だそうです・・・・



   今日の晩ご飯
  12,10,28夕食

 水菜・キュウリ・大根・茗荷の付けあわせで 生姜焼き。

 かぼちゃの鶏そぼろ煮、 ニラをたたき梅干しの出しおかか合え。

 玄米ご飯+手製ゆかり、トマト・ジャガイモ・カブ・の葉・玉ねぎスープ。
                     あ、ベーコンも。



         くりっくおねがいしまぁ~す
                 












生存確認も

今日も

母はとても穏やかご機嫌集中力もありました  



昼食も済んで

そろそろ「フェアー」へ出かける時間です。

母があまりにご機嫌で

出かける声かけがなかなか出来ない私です。

15時からは私は所用があります。


12時半がとうに過ぎました。

「フェアー」からお電話頂きました、

「どうなさいましたか」 と。


私はありがたいと思いました。


母と私は二人暮らしです。

もし私が脳卒中などの病気や

不慮の事故にあったら

認知症の母は何もわかりません。

なすすべがありません。


以前は勤めがありましたから

私が出勤しなければ

会社が何らかの対策(連絡)を取ったでしょう。

私はちょっとなにかあると

すぐ連絡をとる人でしたので

連絡がないということは何かあったのかな と。



過疎地では

お年寄りの安否を確認するうえでも

ご近所さん、新聞屋さん、ガス屋さん、郵便局等々の

地域に根ざした人たちによる見守りがあるところもあるそうです。



都市でもなければ田舎でもない地域の

私の住む所は集合住宅で

いつも行き来するような親しい近隣の付き合いはありません。


一軒家とも違って

夜、電気が点いていなくても気にされないでしょう。


うちは親戚もありません。


友人達には「あら、電話に出ないわ、忙しいのね」 で

しばらく放って置かれそうですしね。



もし私が倒れちゃったら

発見まで数日かかる可能性が大です。



倒れちゃった私は仕方ありませんが

残された母といぬの瑛太が心配ですよ~私 


なんたって

重度の認知症といぬの、おふた方ですからねェ~・・・・

なにもわかりません、できませんです。



ですから

今日「フェアー」から心配電話を頂いて

こういうのは生存確認にもなるのだな と思った私でした。




    今日の晩ご飯

    12,10,27夕食


生姜焼きの予定だったんですが、ぶりのお刺身に変更。

     で、刺身のツマではなく水菜・大根・茗荷・キュウリのサラダ。

     カブの鶏そぼろあんかけ、赤ピーマンのニンニク炒め、かぼちゃ。

     玄米ご飯、シメジのお味噌汁。



     やはり、かぶの鶏そぼろあんかけ、

         これが母に大受けでした 



         クリックおねがいしまぁ~す
                


       これに関して、

       そろそろ対策と準備が必要だとも思った今日でした。










これは変わりません、毎回。

最近の母は

眉間に皺 の怒がほとんどなくなりました 


ご機嫌麗しく、ニコニコと 




なんですがぁ~・・・・、

これに関してはやっぱりダメでした 


足の爪きりです。

今朝、朝のトイレ介助の時に

母は便座に腰掛けたまま、

私はトイレのドアーの縁に腰掛けて母の爪を切りました。



まず右足を切り始めて~・・・・

お母さん、

「ェ、あれ、何・・・」 でした の最初。


いつもは2,3本の爪を

何回かに何日かかけて切ります。

オッ、今日は調子いいかな、このままいけるかな と。



私は無言のまま、

左足に移行しました、パチパチパチと。

急いで急いで アッと言う間に終わらそう~・・・・  でして。


問題の母の巻き爪が最後です。

何本かあるうちでも一番深いものです。

触るのも嫌がるものです。


で、

「痛いじゃないのおーーーーーッ何すんのよーーーーッ


と、


便座に座ったままの母は

左足は私が摑んでますので

右脚膝を自分の胸まで引き上げて

その勢いで、オリャーーーッという勢いで

瞬時に私の胸めがけて・・・・蹴りましたですよ。



アハハハ~~  いつも毎回です・・・


でも母のその勢いをそのまま受け止めて後ろにのけぞると

母は母でその勢いのまま便座から

ずり落ちる可能性があります。


ですので、のけ反りません。

いつも毎回ですので 


こればかりは母もニコニコとはいきませんです。



     クリックおねがいしまぁ~す
                

      とりあえず今回は一回で切り終わりました。

      爪きりの、私の憂うつが一回で終了 









自分でやるわよ。

朝夕、めっきり寒くなりました。



コートやジャケット類の上着が必要です。



それでもまだ、

いつも12時半過ぎの日中に「フェアー」へ出かけるときは

母はまだ上着を着ていません。


結構、暖か~ 

距離も3、4分です。


でも今晩17時半にお迎えに行った時は

ジャッケットを持参していきました。

もう夕刻はめっきり寒いですから。



玄関で腕を袖に通してもらって着てもらったら

持って行ったジャケットのボタンを自分で留め始めました。


その時一緒にいたスタッフさんが


「このところいろいろを自分でやろうとします。


つい今までのくせでこちらがやろうとしたり、

手間取っているので介助しようとすると、

いいわよ、自分で! とちょっと怒っていうんですよ。

今日のボタンもご自分で、でした。


ですから今は見守りだけで、

ほとんど自分でやってもらいます。」



とのお話しでした   


今日の母はボタン付きベスト着用でしたしね。




あらま、うちでも同じです。


最近はボタンは自分で留めます。

特にパジャマは必ずです 


うまくスンナリいかないときは

「せんせ様ぁ、ここ~(ボタンをさして)」 と言ってきます。

「あら、申し訳ありませんねェ~~」 とも言いながら。



ここ1年以上も出来ませんでした。

それが又復活です 


    出来る ということより、

      自分でやるという意欲 に 私的には万歳  です。




でも着るということは出来ません。

洋服を目の前に置いても

着る物である という認識がないからです。


首に被せてもらって

腕を通す誘導で着衣です。


でもボタンはわかります。

着た後に留めるものであるということが 

のここ最近です。



          クリックおねがいしまぁ~す
                 


        認知症介護生活で

        私の予測しえなかったことが多々始まっている

        最近の母です  










友人たちがきました。

昨日は

母はお昼から「フェアー」へ。



その後私は友人とランチ。

ラーメンを食べに行きました。


彼女はうむ言わずラーメン大盛り、

私は普通盛りでもご飯とから揚げ付きで。


なんたってここのはなんでも美味しいから

から揚げご飯付きもあると見ると

から揚げが食べたくて食べたくて、もう食べたくての美味しかった~


よく喰った、女ふたり 


その後、スタバへ 

私の家に戻って

最近の我が家の近況報告やら

彼女の香港旅行の話で盛り上がり 




夜は英語教室の打ち合わせで

大学院生と大学生が来宅。


持ち込みのそれぞれ好みのビールを飲みながら

私は黒ビールで 

これまた盛り上がって楽しいひと時でした。

あれ、打ち合わせはしたような、しないような・・・・・


母はこの時は時間的にお休みです 




今日は

母は「フェアー」の利用はお休みです。


やはり友人が来宅しました。

私は友人とコーヒーを飲みながらおしゃべり中、

母はちょっと私に

「せんせ様、ろく 足す ろく は

にろく、12ちゃんでいいの?」
 と聞きながら

計算ドリルに夢中でした。




こんな風に

友人達が訪れてくれます。

認知症の母がいても普通の生活です。


でも母は重度の認知症ですので

もう自分からは挨拶が出来ません。

それがとても残念です。



認知症でなかった昔は

こういう時友人たちに対して必ず

「いつも娘が大変お世話になっています  と言ってくれたものです。




  ゲッペイ香港みやげ

  「お母さんへ」 と、香港みやげです 



         クリックおねがいしまぁ~す↓   
                










 

テンション低しのおふたり

今日は朝から雨でした。



気圧の変動から

いぬの瑛太は

ほとんどお眠り状態でした。



   机の下、お座布の上で。

   眠ります



友人が来ました。

その時も顔を出さず、

後で起きてきて(オチッコしにきて)又戻っていました。


瑛太は水頭症なので

気圧の変動に敏感で時には癲癇を引き起こします。




で最近気がついたことです、母の件。


実はこの気圧の変動は

私自身が何の影響を受けていない という自覚のもとで

母もその影響を受けているとは思っていなかったのです。


ず~とそう思っていたというか

考えたこともありませんでした。



気がついたのは

気圧の関係で

瑛太のテンションが低いとき、

やはり母も調子を崩したり、テンションが下がります・・・です。



今や瑛太が調子悪しの時は

あきらかに気象図を見る限り、

気圧の変動が見受けられます。


私がそれに関して何も身体的に感じなくてもです。




今日も朝から母もテンション低しでした。

いくら盛り上げてもなかなか乗らない~・・・・



気圧の変動と瑛太の調子、

その時の母の様子をかんがみて

母もやはり気圧の影響を受けていると思います。


いまさらですが・・・・




  ボクがこういう時わぁ~

   12,10,23文字



        クリックおねがいしまぁ~す
                  










あらま、出来るのね♪

この間のゆったりゆっくり生活から一転しての

今日は本格的に忙しくなる予定でしたが

野暮用でバタバタとなって予定変更を余儀なくされました。


警察に行き、

その足で市の介護保険課へ。



12時半から利用の「フェアー」へも

母は14時半に。



17時半にお迎えの母はご機嫌よろしく 



あら~そうなんですか~  ということが書いてありました。



母は「フェアー」では

義歯を自分で装着するそうです。


あれま~、

うちでは口を開けてもらって私が装着します。

そっかぁ~~ 出来るんだぁ~ と ちょっと嬉しい気分 


明日の朝からは

「自分でね、お母さん 」 です。




最近はこんな風にスタッフの方が

母の状況をいろいろ書いてくれます。

とてもありがたいです。


今日見たく、

あらま~ それはまだ出来るのね と。

私自身がこれはもう出来ないんだわ と思っていたことが

いい意味での勘違いも発見できるからです。



重度の認知症の母が

たとえどんな小さなことでも

それは出来ているということを知るのは

在宅介護家族にとってとても重要です。



以前と違い、

母を挟んでのスタッフとの連携がとてもうまくいっています 



  今はすっかりご飯はお鍋炊きです。

  玄米炊き



  セラミックのおひつを見つけました。

  友人がプレゼントしてくれました。

  私があまりにも

  電気炊飯器よりもお鍋で炊いたご飯は

  断然美味しいーーッと連呼したからでしょうか

  セラミックのおひつ

  これに入れ替えて蒸らします。

  ご飯が冷めても美味しいし、

  このままチンも出来ます 



        クリックおねがいしまぁ~す
                    


         母は義歯を外すのは自分でやれます。

         今度からは入れることも出来ます 

         私があきらめてやらせてないだけだったァ~~~ 
   









 

ピーピーと呼吸リハ

先日「家族会」がありました。


この日は身体介護について

訪問リハビリ専門の理学療法士の方が見えられての

ご自分で作成された映像と

実際にベッドと車椅子を使っての講習で

身体介護のこつ、起居動作を含めての実践講習でした。


ビデオやNHK教育でのものはよく観ておりましたが

実際のものは初めて。

リアリティがあり、有意義なものでした。


その時、呼吸リハの映像がありました。

これもいいのですよ と。

私も 「オッ、いいわ、これ 



子供がぴーぴーと吹くものです。

でもどこで手に入れたらいいのかわかりませんでした。




   ぴーぴー縦


一昨日、仕事の打ち合わせで地方都市に出かけました。

偶然そこが地域のお祭りでした。


そこの屋台で見つけましたッ Oh~~, Lucky  



   そうそう、ぴーーーッと吹いてねェ~、お母さん。

      はい~~、息をグーと吸ってみてェ~。




こんな風に

ぴーッと息を吹くことはあまりないですからね。

吸ったり吐いたり~~~  



嚥下機能の維持のためにも

有酸素しっかりのためにも。

 

  pi2.png

   ふたりで向かい合って

   ピーーピーーピーー と朝から   楽しいよォ~~  



  
   
           
      クリックお願いします











いぬの瑛太のベッドです♪

勤めを辞めて

大掃除、

大片付けと同時にどんどん仕分けで

捨てるものは捨てる とやってる中で

こんなものが押入れの奥の奥から。




  座布団です。

  お母さんの座布団

  

母が昔、自分の家で使っていたものです。

何故か、うちにありました・・・・

二枚です。

とても古いものです。


忘れてました・・・・


捨てよう、

使うことはないからと思ったのですが

う~ん、でもお母さんがお気に入りだったんだよなぁ~ とも・・・・


他に使い道は・・・・・・


ありました 


そろそろ本格的な冬が来るので

瑛太にベッドを買おうかな~ と思って

ネットで見てたりしてて。



うん、瑛太のベッドに 


  そして瑛太のベッドへ、リビングに。

  座布団からベッドへ


  ベッドで瑛太


 

厚さも固さも丁度良く、

節約にもなり、

そして母のお気に入りなものは捨て難く、

の私の気持ちにピッタリの利用価値を見つけた次第です。


もうひとつは

瑛太お気に入りの私の机の下に。




      クリックおねがいしまぁ~す
                  









変化、進行中♪

一昨日、

母と銀行へ行ったときの事。




母の銀行カード再発行のために行ったのですが

書類に署名捺印するものは2枚でした。


行員さんに

「ご自分での署名をお願いしたいのですが」と言われました。

(あれェ~~・・・出来るかな、お母さん、というより、もう無理ッす~・・・)



とりあえず母にペンを持たせてみました。

母はキョトンです ・・



私は

母の手の上から自分の手を被せて

母の苗字をなぞりました。

形はとりあえず本人がペンを握って書いてる・・・みたいに・・・


母はスムースにやらせてくれました。


で名前は簡単カタカナだし、

(このまま出来るかな、わかればいいから~、やらしてみようかな) と

被せてある私の手をちょっと離し、

母の名前を言ながら声かけしながら と。



見事なミミズ字ではありましたが

母、自分の名前を

補助なく手助けなく書けたんですよ~~~ 


勿論、

一字一字書いてる最中、

「お母さん、字上手ねェ~  も忘れませんでした。




2枚目。

「お母さん、これも」 と私が書類を目の前に。


やはりもう一度、苗字だけは手を被せて~・・・やろうとした私に

「いいわよ。自分で。

せんせ様、これを書けばいいですね」
 だって。


エェ~ッ の私でした。


そして一字一字声かけされながら

「字、上手よねぇ~~  」 と同じ事を言われながら、

補助もなく自力で苗字名前全部を完成。


オオッ~~~    ですよ、私。





母はもうず~と文字が読めなくなっていましたから。

わからなくなっていました。

書けなくなっていましたから。

自分の名前もです。




母の利用している「フェアー」のスタッフさんからも

母の変化ぶり  が語られます。


私が勤めを辞めて時間がゆったり流れていること、

「フェアー」のスタッフさんとの連携が上手に機能していること、

このふたつの変化が

母にとって新たな環境の整備となっているような気がします。



      クリックおねがいしまぁ~す
                     
 





     



友人とランチ♪

今日お昼に友人が来ました。


彼女のお誕生日が昨日だったので

じゃあ、うちでランチでも  と。



  今日の昼食

  12,10,17うちランチ

  パスタサラダ
      (スパゲッテイ、ゆで卵、ハム、キュウリ、みかんの缶詰、リンゴ)
           ~これは3人で~

  エビ・たこ・サンマ・セロリ・レッドオニオン・バジル・ニンニク・パプリカ

  のマリネ。



  12,10,17うちランチ2


ここで普通はワインなんだけど

時間が時間なのでノンアルコールビールで。


母にもこのノンアルコールビールを 「どうぞ」 で

3人で乾杯 


お母さん、乾杯の意味がわからないから

ちょっと 「エ、なに、なに~・・・」 てな感じで

でも乾杯の形がとれました 



一口飲んで

「あら~・・・・何かすごい味するけどォ~・・・」 のこの顔 

「はい、ごめんごめん、飲まなくていいよ~」 

母は豆乳に切り替えでした。


モグモグ、3人で食べながら

母を相手のおしゃべりでした 



今日はお昼をこんな風に過ごして

母は遅れて「フェアー」へ。


「ちょっとお風呂入ってきます」 てな感じです。

私も 

「後で迎えに来るからちょっとお風呂入ってきてね  てな感じです。 
 




       クリックおねがいしまぁ~す
                 
   
        







他人行儀はやめて下さいなァ~

今日は午前中、

母を連れて銀行へ行ってきました。

母の銀行キャッシュカードの暗証番号の入力を

私が間違って入力したため使用不能だからです。



ものすご~く

不思議そうに不可解そうに

行員の方は見ておりました、私達というか私を。




振り込め詐欺等の問題もあり、

認知症のお年寄りや高齢者のお年寄りに対する

銀行の保護は厳しくなっています。


身元確認身分証明書、同居確認等の書類は

提出して書類上は問題ないわけでして。


行員さんの前に座った母と私。


そうしたらお母さんたら、

私のことを 「せんせ様」 と呼ぶ訳ですよ、いつも通り。

行員さんの前で。


しかもお母さんたら、

今日は丁寧語ですよ~、私に。

     ・
     ・
     ・


でも良いこともありました。

本人が署名出来るかどうかで

母、書けました、ビックリしました。


半年前には自分の名前は書けなくなっていましたから。

もう私は  でした。



でもですね、

やっぱりその時もこうしゃべるわけですよ~


「せんせ様、これでいいんですよね」 って

書いた自分の名前を見せて。

    あ・・、お母さんお願い。

         普通に喋って・・・お願い・・・計算ドリルやってるわけじゃないからァ・・・・



と思っても

私は内心、爆笑でしたァ~~  



行員さんが私を見ているのがわかりました~・・・・
 
   



       クリックおねがいしまぁ~す
                









       



 

便座の冬支度

冬が近づいてる朝夕の肌寒さです。

冬支度の準備が始まっています。




温水器便座です。

便座1




 スウィッチ、外しました・・・・!

便座2


母はいつもこれを座りながらいじります。

クルクルと回します。

これを回すと温水が出るのを知っています。


でも母が回したのに

私が気づかないでいると

本人は涼しい顔して当てているつもりですが

時にはアッという間に背中の方まで(下着も上着も)

ビショビショです。

あれ、床が・・・・濡れてる・・・・も。


「ダメよ」 と言ってもダメです。


母は自分できちんと当てられませんです、全然 



暖かい時期、暑い時期は

勿論、便座暖房は使いませんから

コンセントが抜かれています。


でもスィッチ外したままもみっともないので

スィッチはつけてあります。



で今のこの時期、

コンセント入れたらスィッチだけは外されます。

温水シャワーが使用できないように 


結局、一年中使えません。



大概、こういうスィッチは

とても外しにくいものです。


いつも母がいじってクルクルしてましたから

あっというまに簡単に抜けるようになっています、の我が家の便座スィッチ。





       クリックおねがいしまぁ~す
                









母の日常、今現在。

        母の日常、昨今。



今や、朝の声かけで起こされることもなく、

自分のリズム(以前は7時、今は7~8時)で この顔でお目覚め。



 今日の朝ごはん

  12,10,14朝食

   珈琲の牛乳たっぷり、  ヨーグルト + いちじくジャム。

   ポテトのチーズ・ナツメグ焼き + パセリ、 

   野菜サラダ(オリーブオイルと黒コショウのみで)。

 


着替えやら顔拭きやら朝食やら からの午前中が始まります。

食器拭きを手伝ってもらい(必ずね!毎日やることが復活)

ふたりでボール投げやらソファーの座って脚上げ体操(?!)やら

数字盤やらおしゃべりやら。

そしてお歌の会(会員、私達だけ)。


最近「はとぽっぽ」の替え歌が復活しました



昼食(この時は食器拭きはありません)。

終わって「フェアー」へ。


12時半からですが大抵遅く行きます。

4時間前後の利用で入浴もです。

なんだか

「ちょっとお風呂入りに行ってくるわね」 と出かける感じでもあります。



飽きてくる前の頃の17時半にお迎え。

お手手つないで帰宅して夕食です。

準備は終わっています。



その後又食器拭きを手伝ってもらい、

洗濯物がある時はふたりで。

その方が母がとても喜びます。


私の勉強部屋に移動して

ふたりで一緒に机に向かいます。


母はここで計算ドリルです。

この後のトイレ行きたいコールの一回目で

トイレで下だけ着替えてリハパン・パッド着用です。


途中で就寝前のハーブティーを飲み、

22時前後に

「もう寝ようよ」 で口腔ケアと入れ歯をはずして

ベッドへ。


脚のリンパマッサージをやり

そのままおしゃべりや歌を歌いながら添い寝。


母が寝入ったら  

私は待っているいぬの瑛太のところへ です。

たまにそのままというか

私が寝入っちゃってる時も。


ほとんどこの繰り返しがルーティン化されています。

ここに午前中たまにドラッグストアーか 「お蕎麦屋さん」へ。



今日の母は

私の午後の予定が何もなかったので

「フェアー」はお休みです。


でも来週は私が所用で山梨県に行かねばならず、

朝が早いので前日よりお泊り予定です。


     母が安定してるからこの日常があります。

     この日常があるから母の安定があるともいえるような気がします。


       クリックおねがいしまぁ~す
                 

         いぬの瑛太はいつも私の足元です 

         歩く時も止まっているときも座っている時もです。

         今日はトリミングをしました。

         胴体と前脚一本です。  











辞めた弊害・・・

   勤め仕事を辞めた弊害も出てます~・・・・



仕事辞めたら

アッと言う間に 3kg 太りましたあーー


母が安定している中、

職場のストレスも全くなし、

その仕事に脳を使わない、

家事労働は運動にはならず の絶対的運動量の不足、

食事の量は全く変わらないしィ~、

の、この四つ  で。


身体、重ッ ですよ~・・・・




そして

朝、予定通りに起きられませ~~ん 


勤めがある頃は

目覚まし かけていても

ほとんどその直前に目覚めました、自力で。

どんなに前夜遅くとも です。


お休みの日もそのリズムで起きていました。

出勤している時のリズムを崩さないためです。

大体5時間半の睡眠時間で

すっかりそれに慣れきっていました。


が、今は予定を立て十分な睡眠をとっても

早起きが出来なくなりました。

午前中ゆっくりのおかげで・・・・・


いつも予定時間を越えての寝坊です・・・・

だんだんひどくなってきました・・・泣く


いけない、いけない、良くないよぉ~~


この緊張感のなさに ガクッ です。



でも来週から

英語教室も含めて

いろいろ忙しくなります。


午後の忙しさ(?!)に備えて

又、朝は早起き の生活が始まります。

キリッ とね! しないとね!


  
  シャンプーしました、爪切りも 

  12,10,13シャンプー2

    明日、トリミングだよ~~。




         クリックおねがいしまぁ~す
                  
 









この緊張感のなさ・・・・・

      しかしまぁ~ この緊張感のなさ と言ったら~・・・

     

会社勤めの仕事時の日々は緊張してました。

朝からです。

出勤までの時間、母を抱えて母を優先しながら。


母と手を取り合って

母は「フェアー」へ私はバス停へ向かうために

8時に玄関に立つまで。


朝、母に声かけして起きてもらうのに

その声かけの時は緊張します。

スンナリいきますように、笑顔で目覚めてくれますように と 



夜は帰宅後

夕食を済ませ、母のお相手が終わり、母が眠りにつき、

次の朝の準備と段取りが始まります。


そして

24時間合間の家事労働も

ま~動くの、早ッ早ッ! スタスタトットです。

全てを決められた24時間内にこなす終わらせるためにです。


あぁ~忙し、忙しッ、早く私も寝なくっちゃあーーーー でした。




今はですね~

「どうしても」 という起床時間を気にする必要はありません。

以前出勤がある時はですね~

目覚ましなる前に目覚めてましたもん。



朝食も「8時に出発よ」がありませんから

そりゃ~もうゆっくりゆっくりです、おしゃべりしながら。



家事労働もスタコラサッサと動き回るのではなく

普通に歩いています。



もしかして母への話しかけもゆっくりかも。



時間に追われる緊張感がすっかりなくなりました の今現在ですが

        はっきり言って もう飽きました。




一日の過ぎるのが 超~遅くゆっくりなのです・・・・・


以前は月変わりのカレンダーを見る度に

月日の流れの速さに驚き桃の木山椒の木  でしたのにィ~・・・・・




 おかげさまで今やご飯もお鍋で炊きます  

 おなべだき

 おなべごはん


もう美味しさが全然違いますッ 

蒸らして蓋を開けた時、

お米本来の何とも言えない 香り がします。


時間たっぷりで

最近はこれにはまっていますです。

とてもやりたかったことです 



        クリックおねがいしまぁ~す
                 
 
          秋田県に昔から伝わる

          「びっくり炊き」 という玄米の炊き方です












在宅生活の支援

私がパートの仕事を退職して

9月20日より20日ほどが経ちました。



地域密着型小規模多機能型の施設への日中の利用が

以前の利用時間の半分から三分の一に減っている中、

母の状況は絶好調(?!)です 



このタイプの施設の利用の仕方が

今現在の私にとって理想的でもあります。

母にとっても理想的かな~

気分転換のお時間で の多分。




在宅生活をそのまま維持するための支援を行なう という

このタイプは

「宅老所」 の理念に近いものもあります。

在宅介護家族が ちょっとお願いする という形です。




先日母は

「フェアー」への利用予定を

私の予定がキャンセルになったためにキャンセルしました。

急にです。


でも アッ と気づいたことがありました。


その日は

母が「フェアー」に出かけている間、

私は食材買出しの予定でした。


でも母がいることにしたため

私は買い物に行けないんですよねェ~。



え~とォ~、冷蔵庫内の残り物中身で何を作るかな~・・・・

あれにしょう~今日はこれでいいよね と思ったら

今度はマヨネーズがない・・・・・



うちは私ひとり介護で

他の家族はおりませんので

「帰る時、マヨネーズと何々買ってきて~」 は出来ません。




母をおうちにひとりで置いては

買い物に出かけられませんし、

勿論どこにも出かけられません。

最近、母は特に歩くのを大儀がりますし。



近くにこういう利用できる施設がないと

出かけられずに「ず~とふたりきり」 だと

「飢え死にするのね、アタシたち 」 とちょっと思ってしまいました。


ま、極端ですがね。



ひとり介護家族だとここが不便です。



でも今はありがたいです。

老人ホームから引き取った当時は大変でした 

母の爆発的不穏 

それこそ お籠もり・ろう城・兵糧攻め の時がありましたからね。

一歩も外に出られなくて。

母、両手引きのやっとこさ歩行で

外階段昇降出来ませんでしたから。



今日も母は

あまりのご機嫌の良さに出かけるタイミングを失って(私が)~

行く時間を遅くして

14時に行きました。


3時間ちょっとのお願いです。



  今日のおやつ

  12,10,11ヨーグルト


このところ珍しく久しぶりに便秘気味でしたが

昨日今日と大量に出し切ってくれました 


で腸内環境をさらに整えるために

おやつはヨーグルトとブルベリーのシロップ漬けです 



       クリックおねがいしまぁ~す
                


       私のこのゆったり休息休暇(?!)も今週で終わりです の、

       あぁ~楽しかった~~~。

       来週から英語教室も含めてスケジュールびっしりです 。

       但し、母のお預かり時間内を死守! です。 

           ぁ、の つもりです・・・予定次第なのでね・・・    








咀嚼嚥下力の回復

今は3食母と一緒です。

ふたりで毎回モグモグです 



2007年暮れに老人ホームから引き取った時のことを思い出します。



当時、入居施設から母を引き取った時の母は、

嚥下能力も咀嚼力も相当低下しておりました。

無いに等しい??!


施設での食事は 

大きさが小指先くらいが最大。

柔らかいもののみで、

時には2,3回噛めば、飲み下せる、飲み流せる、総てトロミつけ状のおかず。


負担を避け、誤嚥を防ぐための食事のつもりなのだったのでしょう。

歯が全歯欠損の入れ歯無しの方もおられ、

入れ歯の状態の悪い方もいらっしゃるでしょうし・・・

でも何故か入居者全員(多分)同じ食事だったような気がします。



我が家に来た当時の母は当然、

一口噛んで、口腔内に硬い感じが伝わると

「硬くて ダメだわァ~、美味しくないゎ~、私、食べられないわよ 。」

柔らかく小さな細切れの食材が、

味は関係なく、おいしいと感じている風でした。



最初は、

母のそのような状態を考慮しつつの食事を作る中、

私は考えました。



それまでの施設食は

あくまでもどうみても、

欠損歯の人の為のものであり、

母のように、例え総入れ歯でも、

それがしっかり吸着装着されて

入れ歯自体が問題ない人の場合は

当てはまらないと。


口腔内の食物を 噛む噛む噛む という行為によって
口腔咽頭粘膜に与えられる刺激が
呑み込むことへの反射運動のなかで気道が塞がり、食道に食物が落下していくのだから

そして又、口腔内で噛みながら食物を保持する事で
味を獲得するのだから 
(美味しいとか まずいッとか・・だから、それが好きとか嫌いとか・・)



噛める母の誤嚥を防ぐためにも

又、味覚を再獲得するためにも

トロトロ流し込む的食事をやめるべきだと

噛み噛み食に移行しようと決めました。


噛むという行為は脳細胞への相当な刺激になりますし。

ここも重要なポイントでもありました。



使わない事による母の 咀嚼力、嚥下力は相当低下しているけれど、

この機能は十分回復できるはずに違いない と。




それを考慮して食事内容の改善をはかる。

少・し・ず・つ、少・し・ず・つ、大きさを変え、

少・し・ず・つ、少・し・ず・つ、硬さを変え・・・・
     ・
     ・
     ・
但し、この過程で一番大事なことは 

声かけする事、時間をかける事も必要です。

     「噛めば噛むほどおいしくなるよぉ、お母さん」

     「カミ、カミ、カミ、カミ、カァ~ミカミ、 あらぁ~おいしい事ぉぅ~」
     
     「もぐ、もぐ、もぐ、もぐ、もぉ~ぐもぐ、 おいしいね~」


      
やはり顔を見つめながら、リズムを取りながら、一緒に!

かみ、かみ、もぐ、もぐ・・・です。


言っても諭してもわかりませんから。

アルツハイマー型認知症ですからね、だから一緒に。



その後2年で完全に私と同じ食事内容となり 

そして今現在に至っています。

だから、外食も問題なく出来るようになりました 。



時には状態によっては

機能の再獲得の回復がみられるものです。




  今日のお昼、そばです。 

  12,10,10お昼そば

   石川県から送られてきた「くるま麩」と長ネギを軽く卵で綴じ。


   ふたりきりですが

   一家団欒の食事は美味しいものです。

   


       クリックおねがいしまぁ~す↓   
                
 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。