FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

08月« 2012年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2012年09月

数字盤

母を「フェアー」にお迎えの時。


お迎えに行く時の直前に

私は毎回「フェアー」に電話を入れてから

ドアーを開けて出かけます。


お迎えの時点の玄関で

母は靴を履くともう待つことが出来ません。

スタッフが

母の最後の様子を

連絡帳に記さなければならないたかだか1分もです。


私が迎えに到着する数分の間に

連絡帳の記載終了と

母への「お帰りですよ」の誘導のための

「今から迎えにまいります」 電話です。


いつも着くと

母と連絡帳の、即、手渡しです。

でお終い。


スタッフとはほとんど挨拶程度で終わっていました。




ところが最近、

スタッフのそれぞれ、

母の手を引いて玄関まで連れてきてくれるスタッフがですが

母が靴を履いている間に

口頭でも母の様子を話してくれる様になりました。




今日も母の様子を話してくれました。


母、

公文数字盤のプラスチックの数字を

噛んでみたり、舐めたりしながら

その数字を数字盤に置いているそうです・・・・


といっても我が家でも最近、時々始まりました。


「終わった時、きちんと拭いてます」 とおっしゃってくださった。


「そうなんです。うちでも始まりました。

やってる時、

それを注意すると  になるでしょう。

だから終わってから拭いて清潔に 

しかないんですよね」
 と答えました。




  公文数字盤

  数字盤



計算ドリルに関して

足し算引き算は日を追うごとに

答えと正しい数字の認知がダメになってきていますが

この数字盤に関してはは100パーセント、置くことができます。


自宅ではこ数字盤と計算ドリル、

このふたつの学習療法をやります。


「フェアー」では

この数字盤だけをひとりでやってもらってます。

ゆっくり時間をかけながらでも正解を引き出す認知は出来てます 


正解を引き出すことより

母が これらが大好き   

それが一番です 




最近、「フェアー」のスタッフの感じが変わりました。

良い方向にです。

こうしてコミニュケーションを取ることは

預けている時の状況と様子を知る上でも

それも考慮して自宅でのケアをする上でも

介護家族にとってとても重要です。



別のスタッフも

さっと出てきて

母の排便状況を説明してくださいました 


      クリックおねがいしまぁ~す