FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

08月« 2012年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2012年09月

冒険な・・・危険な日でした・・・

冒険な、危険な日でもありましたですよ、今日。



どうしてもカードの再発行で

銀行に行かなければなりませんでした。

今日は金曜日ですし。

普通に歩いて片道10分弱の距離です。



まず母をどうするかです。

この天気で母を連れ出すわけにはいきません。


母がお留守番できるか、う~んう~ん・・・・・

させたことがありません。




母は朝から計算ドリルに集中していて

私が貼りついていなくても

自分で声を出しながらも

ひとり黙々と数学者(?!)状態になってきました。



う~ん、全速力で走って行って

銀行での事務手続きを終わらしても

20分で帰ってこれる、帰る。


母はもう徘徊することもありません。

もしトイレにひとりでいても

私があれだけ嫌だった摘便行為も今はありません。

5分前にタップリ排尿もありましたし。


今の様子だと

この20分の間に計算ドリルへの集中力が切れないだろうし、

例え切れてちょっと不安になっても部屋の中を歩いているだけです・・・・




つうことで

ドアーを開けて飛び出しました。


全力疾走が続くわけがありません。

アッという間に途中で

アウアウバウバウと立ち止まり・・・・


ゼウゼウ言いながら銀行にたどり着きました 


9時丁度だったので空いていました。

「認知症の母をひとりで置いてきましたので

手続き、早くおねがいします 」 
と言って。


見事にパパッと終わらせてくれました。

そりゃそうです。

顔真っ赤、アウアウ息切らして、額に前髪貼りついて汗だくだくの私!

様子がそのまんまです。




銀行での手続きの間、

呼吸を整え、

そして銀行出て又全力疾走です。

当然途中で両手を両膝に当てて息がアウアウバウバウです・・・・

で、又・・・・・・・・・
 

で、 全力疾走速力で転びました。

足がもつれました。


でも即起き上がって(まるでダルマのごとく)、

母のいる家を目指しました。



家に着きまして

母は私がいなかったことも何も関係なく、

私が家を出た時の状態でした、ホッ 




膝小僧がズキズキしてきました。

膝小僧丈のズボンの膝小僧は

見事に 包帯の膝小僧 の今です 




  今日の昼食 ~今年最後の冷やし中華

  12.9.7昼食

    ワカメ、もやし、ハム、キュウリ、錦糸卵、トマト、ゴマ振りかけて~

              ↑ 
     母、トッピングの量は同じでも麺量は四分の一です。



       クリックおねがいしまぁ~す
              


       教訓; 全力疾走はもう無理な歳なお年頃なんだっててばァ~・・!

            はいッ!