FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

06月« 2012年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2012年07月

何故か、鰹!

今日の母は

「フェアー」でちょっと足止めでした。




今日は私は出勤でした。

終業定時タイムカードギリギリにスキャンして

買い物を済ませました。


どうしても何故か 鰹 が食べたかったからです。

今晩の夕食に。



でも帰宅したらちょっと急用が出来て

どうしても17時半に母のお迎えが不可能になりました。



17時半には「フェアー」では夕食タイムです。


今の母は

その時間、自分の食事がなくても平気になりました。


食事をするということ。

食事の時間があること。

皆が食事していること。

それらがわかりません。認知できません。

ですから本人は何も気になりません。



そんな状況ですので

「夕食なしで私が行くまで待機させていてください」 が出来ます、今や。



皆がそれぞれ食事をしていても

関係ない風に数字盤をやっていたり、

座っていたりしています。


ごくたまに

「私のはないの?」 と聞くことがあるそうです。

でも私の食事ということではなく

自分のテーブルの上に

「皆と同じようなものがないわ」 ということなんです。




普段は基本的にお迎え時間が遅くなる時は

緊急でも「フェアー」で夕食をおねがいしてます。

本人が気にならなくなっちゃっていても

私が 不憫 な感覚に陥ります。


今日は食事なしのお迎え待機です。



無性に鰹が食べたい私は

どうしても母と一緒に食べたかったです。



う~ん、こんな美味しい(であろう)ものは 


 
 今日の夕食

12,7,22鰹夕食

鰹(長ネギ、大葉、茗荷、ゆっくりゆっくりローストしたニンニク)、 ふたりで。

キャベツ・リンゴ・コーンのコールスロー、茄子バタ生姜焼き、紅茶鳥・長ネギあえ。


もう母も

    「あら~せんせ様、これ美味しいわよォ~~  

       せんせ様も食べなさぁ~い 」 
とか言っちゃって~ 




      クリックおねがいしまぁ~す
                 

         何故に急に  が食べたくなったのか・・・・

         自分でもわかりませんです。