FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

04月« 2012年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2012年05月

「水頭症」の発作

一昨日、

瑛太が突然水頭症の発作を起こしました。


レスキュー以来、

フォスターさん宅でも2度おこしております。




それはそれはものすごい 痙攣 でした、ガタガタと。

目もグルグルとひっくり返り、

身体も胴体と頭が反対方向に動転していました。

若干の泡もふいておりました。



頭をぶつけちゃいけないと思い、

壁際から離しました。


「瑛太、瑛太」と呼びかけても

身体を抑える触っていても

当然意識はなく、身体だけが痙攣し続けました。


多分10分弱だったと思います。

私やはり当然動揺 (口から心臓が飛び出そうな感じ) で

時間がどの位かわからない・・・です。




少しずつ痙攣も治まりました。

でもボーーーとしておりました。

私の「瑛太」という言葉にいつも必ず反応しますが

反応しませんでした。

血圧も下がりのショック状態だったのかもしれません。





瑛太が家族として我が家に来て以来、

母と瑛太と私との穏やかな生活が続いておりました。


愛らしいこのいぬは

水頭症でも日常生活は普通の犬と変わりません。



勿論いつ瑛太の水頭症の発作がくるか、

それは避けられないものとして

いつも心では思っていました。



それが突然やってきて

瑛太は本当に重篤な病を抱えているのだと実感しました。



翌日にはいつもの瑛太に戻りました。



水頭症になんかに負けず、

楽しい生活を送って長生きしようね、幸せにね。と瑛太に話しかけました。



      クリックおねがいします