FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

03月« 2012年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2012年04月

介護家族会にて

先週、地元地域の 「介護家族会」 がありました。




ベテランケアマネさんとの話。


確実にアルツハイマー型認知症と診断されても

本人がそれを認めない。


「俺は何でも出来る」

「俺はきちんと出掛けてもこれる」

「俺は友達だっていっぱいいる」

「俺はボケてなんかいない」

「 。。。。。。。」


診断したドクターからも介護サービスの申請を勧められても拒否。


ドクターからもその利用を勧められるということは

本人の自覚は別問題としても

病状はかなり進行しているという客観性があります。

PET診断もしたそうです。

家族からも日常の行動の説明もあったはずですから。



う~ん、家族は大変でしょう。

介護サービスを受けている否かで

家族の負担は大きく違います。

でもその前に介護認定を受ける段階での本人の拒否です。


この現状に

家族はお手上げ、暗中模索状態だそうです。




母の場合、

すっかり十分に認知症進行しちゃてますからね、

「せんせ様ァ~ お願いしまァ~す」 状態・・・・・・

病であるの認識なくの 「もう何もわからないのォ~」 の認識です。



今日は私は何の予定も入れずのお休みでした。

早朝起床していろいろ済ませ、

5時半頃、再度母のベッドへ。

母、それで目を覚ましてしまいまして

そのままふたりでベッドの中で手を握りっこしたり、

歌を歌ったり・・・・朝から・・・・で、7時半起床でした。


もう朝の出だしがそうでしたし、

いつもの出勤時の朝みたくバタバタしませんから

一日中、そりゃあ~もうご機嫌でした 




    お休みなのでゆっくり昼食

        お休み昼食

  チキン・玉ねぎの蜂蜜・味噌・お酢のパスタ+大葉、 ブロッコリーそのまんま。

  新玉ねぎそのままコロン・ベーコン・赤パプリカ・アスパラの

  ニンニクもたっぷりのトマトソーススープ。




触ると崩れるトロトロ玉ねぎに

母は何度も 「あら~美味しいこと」 と 

 



      昨日おすそ分けの花も

       花祭り2



       花祭り1

似た様なもんですが、

というよりそのまんまふたつ・・・・・でもお部屋が華やぎますです。




         クリックお願いします