FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

02月« 2012年03月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»04月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2012年03月

逝ってしまいました。

いぬのマーシャが亡くなりました。

26日23時でした。




         お棺
  



その日夕方から状態悪く、今晩明日が山場だろうと・・・・

「フェアー」のケアマネに事態を説明して

その晩母は緊急のお泊りとなりました。




ず~と私に抱っこされていて、

でも抱っこばかりもつらいかもしれないと

お布団を敷いて私の胸に寄り添わせての添い寝でした。


そして突然頭で掛けてある毛布を払いのけようとし

そして立ち上がろうと・・・・

でももう頭を上に維持することは出来ず、

そしてキャユゥ~ンと甲高く続けて2度鳴き声を上げて

そのまま倒れて大きく伸びをして

心臓は止まりました。




私と共に生きた充分な生でした。

私を支えてくれた大切な生き物でした。

私だけを見つめ続け、私をとても愛してくれました。




致死率100パーセントの生き物が

いずれ死を迎える、

そして私のマーシャさんにもその時期が来たことが

自分の頭でわかっていても

残された私のこの喪失感と悲しみはどうしようもなく、

とても母への笑顔は無理ですし、

お世話の必要な母のために身体も動きません。

それで母はそのままお泊りの連続で

「フェアー」のお世話になりました。



母は今晩帰宅しました。

初めての3泊4日でした。

いつも通り穏やかニコニコの母。


母はマーシャさんがいなくなったことはわかりません。

そもそも我が家にいぬがいるという記憶はありませんから。



母とのいつもの日常が始まりました。

   でももうマーシャはいない、

           母とふたりきりの日常の始まりです。

                
                   
              
  今日友人が住職をやっているお寺のとても大きな桜の木の下に埋葬しました。

          心地よい風が吹く中、

          突き抜けるような青空に向かって

          私のマーシャさんは上っていきました。  



                クリックお願いします