FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

01月« 2012年02月 /  1234567891011121314151617181920212223242526272829»03月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2012年02月

グー、チョキ、パー。

忘れること、出来なくなる事が認知症ですが

先日、まだ出来る事の意外さにビックリ、

嬉しくなる事がありました 



             ジャンケン、ポン、アイコデショ    です。



何かのきっかけで

私が 「ジャンケンしよう。

    はい、ジャンケンポイッ」
 と。

すると母は何の躊躇もなくやったんですよ、やれるんですよ、サクッと。


 、  、  。。。。。。

              ちゃんと勝負です。



私は負けたとき、

大げさに 「あぁ~ア~  アチャ~  と。

母は自分が勝った事と私の大げさぶりに コロコロ  と笑い転げます。


私としては母を勝たせたいのですが

(子を思う母心・・・のアタシ)

逆に私が勝ち続けると

「も、一回!」 と勝負を望みます。


そのうち母のジャンケンの手のうちが読めてくる私は負ける方向に。

それで「あら~ お母さんジャンケン強いのねェ~~」 と感心しきりに。


そしたらこう答えられちゃいましたよ。

「うん、次にナニ出すかわかってくるから」

ハハァ~  のペコリでしたね。




この光景を見た人は

母が重度の認知症だとはわからないでしょう。

認知症ではない場合の普通の人の ジャンケンポイ です。


   この三つの意味は完全理解。


ジャンケンジャンケンジャンケンポイッ の出だしなんか

張り切って肘ごとリズムつけてます。


きちんと勝負だとわかっています。

勝つために気合充分!





母が コロコロ 笑って 気合まで入っちゃうもの、見つけました。

知らなかったです、最初からあきらめていた?!

ジャンケンが出来る事を。


しかもパーフェクト  の発見。




母の頭の中で

何が消されちゃって何が残っているのか・・・・不思議な感じです。


私が娘だってことはすっかり消されちゃっていますがね・・・ ブヒブヒ
                                                         




               ブログランキング参加中
                       クリックお願いしまぁ~す
 
                       ↓
                    


                  最近は毎日勝負です