FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

01月« 2012年02月 /  1234567891011121314151617181920212223242526272829»03月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2012年02月

連絡は要らないの?

今母が利用している小規模多機能型「フェアー」には 

                  「連絡帳」 というものがありませんです。





介護記録のコピーが一枚ペロリと渡されるだけです。


家族からの連絡欄・項目スペースはありません。


家族が連絡・要介護者の様子・質問を記したい場合は

その介護記録が記載された残りのの余白に記入せざるえません。

介護記録に余白スペースがなければ書けません。




母を預けているこの事業所の会社の方針です。

つい最近この方法に切り替わりました。


今まで何度かその書式が変わって来ました。

今までの前回は「介護連絡」、今回からは「介護記録」と明記。



しかもですよ、

その時今後新しいやり方、

「今後この介護記録のコピーのみになるが、それが必要か否か」

の介護家族への問い合わせもありました。



もしその介護記録のコピーを要らないとすれば

事業所と家族との日常的連絡網および接点はゼロです。



母の様子を知る事ができないではないかぁ~~~ 

(身ひとつ預けて返されて・・・それだけかいなァーーーー)



ということで

私は即 「お願いしますッ、私は要りますッ!」 でした。




それを要らないとおっしゃる家族もいらっしゃるかもしれない・・・

事業所に家族を預けていてもその様子状況の何の情報もいらない、必要ない、

事業所も自宅在宅でのの様子を知る必要はない ということで。




同じ「フェアー」を利用していらっしゃる家族の方とお話しました。

この件に関しても当然話題になりました。


私とお話した家族の方は

お母様の排便コントロールの投薬の調整で

何がなんでも連絡しなくてはいけないということで

しょうがないから余ったスペースに書き込まれているそうです。



事業所が在宅の人を預かって介護するのに

在宅での様子や家族からの情報は不可欠なはずです。

でしょうゥ~・・・・・ですよね・・・・


それを記する欄を削除するというのは

その情報を事業所(会社)側が必要ないと言うことを意味していると。


勿論介護記録のコピー一枚ペロリですから

事業所(会社)側からの何かを記する欄も項目も皆無です。



ま、家族の方とそんな話となりました。




私の場合、何かあればひたすらケアマネに電話です

ケアマネが申し訳なさそうに

介護記録とは別に新しいノートを買ってそれを連絡帳にしましょうという申し出でした。

「そうですね。でもノートは私が買って用意します」 ということに。


でもそういう問題でしょうかね~・・・・・



なんか変です。

大きな会社です。

情報のやりとりのフォーム位は

社会的一般的通念に基づいて作って欲しいな~~~~~~と。



         家族からの情報連絡は要らないの? 会社の方針としては・・・




                クリックお願いしまぁ~す
                        ↓
                    



          認知症で何もわからないできない母です。

                 そのためにも情報は共有しないとね。