Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

12月« 2012年01月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»02月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2012年01月

講演会に行って来ました。

今日仕事終了後

認知症に関する講演会に行ってきました。



講演会にはほとんど出かけたことのない私としては珍しいことです。

いつも基本的には本ですから。

家族会の人に勧められました。



仕事終了後ぶっちぎりの空腹の私は

隣の市の主催で電車に乗り、

時間ギリギリでも

やっぱり食べるものは食べる  と駅の立ち食いそばで遅い昼食をとり、

5分の遅刻で会場へ 



講演者は

「認知症の人と家族の会」副代表理事で

川崎幸クリニック院長の杉山孝博先生でした。


会場は隣の市の市役所で

5分遅れの私が入った会場は満席でした。(要予約でした) 


会場を見て驚いたのが

来場者が圧倒的に50代以上だったことです。


でもま、当たり前ですよね。

この年代が介護を直面している世代ですから。

認知症の可能性が大きくなる当人の世代でもありますし。




講演の内容では

こういう例がありまして・・・・。

そしてそれにこうお答えになった という事例が多く示されて・・・・




「こんな風に今大変なんです・・・!」 

と介護者。



「でも1年前はどうでしたか?!

 今のそれはなかったでしょう?!

 でも別の件で大変だったでしょう?!

 認知症の症状はいつも変化していきます。

 ですから今の大変は来年にはなくなっている可能性がありますよ」


 と先生がお答えになってのことだそうです。




あぁ~なるほど、その通りだなと。

母の場合も

この大変事項がなくなって、次の展開の大変事項になってますものね。

今の大変事項は治まり解決 ・・・で次の大変事項です(仕方なしです)

留まらない、進行する病ですから。

それを理解する。




そしてその講演中のアタシですが・・・・ 

配布されたレジメを読みながら

講演を聴きながらメモを取っているんですけどね・・・・・所々・・・


前夜の夜間トイレ介助のせいなのか・・・

今日の仕事ガッツリのお疲れなのか・・・

はたまた会場の暖房の心地よさなのか・・・


も、も、もの凄~い睡魔がァ~~~

グラグラッ、グラリと頭が動いていたような気がしますです・・・・(泣きたい・・・)




                 

             ブログランキング参加中
                   クリックお願いしまァ~す  



            なんで今日のこの時に睡魔が襲ってくるのよォ  でした・・・








わかめちゃん

昨日お休みで母と一日中一緒に過ごし、

あれこれいろいろと~・・・・

あぁ~やんなきゃ~と気になっていた事をこなす事にしました。



以前の去年の始め頃までは

美容院でヘアーカットをしてもらっていましたが

その美容院での最後のときは 「母は美容院はもう無理だな」 と。



手を出しての拒否はありませんでしたが

「もう~いいわよッ。自分でやってるんだからッ。何してんのよッ、私の頭ッ」

でしたァ~・・・・・



その時の母に関しては

一過性の、ちょっとご機嫌悪しの眉間に皺かな とも思いましたが

美容師さんが超不快そうでした。


ま、そもそも認知症の人のご機嫌とりながら髪をカットするのは

緊張もするでしょうしね・・・・・ わからないでもない・・・、

不快そうでした。


それ以来、そこに行く事もなく、

新しい美容院を見つけて母に慣れてもらうのは

もう無理だろうということで

私がカットしてます。



う~ん、やっぱりご機嫌悪くなりそうで

最後の細かい仕上げまでいかずに途中で断念でしたッ の残念でした。



ま、とりあえず形になっていますが

前髪切りすぎて、サザエさんちのではなく、

        Juliaさんちの 「わかめちゃん」 です。




でも今日母をお迎えに 「フェアー」に行きますと

「髪切って、かわいい~  とスタッフに言われてました・・・・・


えぇ、はい、 どう見ても 「わかめちゃん」 ですから・・・・トホホ・・・ 




          前髪伸びるの待つしかない ということで

                      ごめんねェ~、お母さん・・・・・



                

                ブログランキング参加中
                       クリックお願いしま~す


         足の爪切りもしましたッ。

                 こちらはあまり伸びなくてもよろしィ・・・





 

地震があった一日

今日はお休みで出勤なし。

何も予定を入れず、

ゆったりとした母といぬとの休日でした。



          今日の朝食
        
         パプリカピラフ
                         
                       ブロッコリー(ドレも何もなし)。

     ベーコン・卵・3色パプリカ・椎茸・玉ねぎのピラフ。

                          めかぶと長ネギスープ。





午後に地震がありましたですねェ~。

母と一緒の時に地震にあったのは初めてです。


去年3.11の時は母は「フェアー」でした。


その時の「連絡帳」には

「瑠璃子さん(母の名)、今揺れましたね。地震ですよ」 と

スタッフに声かけされて、

「あらぁ~ 何も揺れないわよ。 それ何?!」

という会話でした。





今日の地震の時、

母は私の部屋の机一緒で計算ドリル中。

私はPCで検索中。


   ドンッ という感じでした、我が家では。


下を向いていた母は顔を上げて

「何よッ、ドンッて。 うるさいわよねッ 」 でした。


     地震に文句言っておりました・・・・・




とりあえず今回は反応してました。

そして何事もなかったように計算ドリルに戻りました。

私はそのままPCで地震情報をチェックです。



今日一日、ふと私によぎるのは

母と私が離れていて大地震に遭うのはイヤだな と。

あぁ~・・・それって絶対イヤだな・・・と。


家族をもっている人は皆同じでしょうね・・・・




昨日の朝の地震の時、

私は会社の7階休憩室でした。


グラグラーードー ときてまず最初に頭に走ったのが

母のことでした。




          今日の夕食  

         トマトスープ

    昆布・生姜の炒め煮。 鰊の麹漬け焼き(焦げました・・・)。 里芋の煮ころがし。

    白飯+大葉・黒ゴマ。 パプリカ・豆苗のガーリックトマトスープ。

                          寒ちぢみほうれん草の海苔あえ。


いつも母は

まず最初にこのトマトスープの トマトに手をつけます。

明るい色の、特に  に反応します。


このスープはトマト味の、

オリーブオイル、ガーリック、ブラックペッパーと洋風だし(無添加)だけです。

塩分を控えるためにとてもお味噌汁は出せません。

母の大好物でもありますです 



         母と今こうして一緒にいられること、

         一緒にご飯を食べられる、

         この何気ない幸せに本当に感謝しています。

    

                 
           ブログランキングに参加中
                      クリックお願いしまァ~す   





才能皆無の自覚でも・・・

       

      着せられました・・・・・

   
           マーシャ洋服





        しかもこれです・・・・・


           洋服手編みいぬ変更



        これを見ながら、こうのはずでした・・・・・

                 keito.jpg


これを作った飼い主の性格が現れています。

雑ッ です。



本に指定してあった毛糸の太さの3倍の太さで、勝手に。

本を見ながら編み方を見ても

。。編み、 。。編み、 。。。編み、と組み合わせがあっても

結局独断で本を無視して 長編みと長々編みを。

        ・・・・それしか理解できなかった・・・ということでしょう・・・



本のは長方形、角ばっての出来上がりです。

ポンチョタイプ。


飼い主のはいびつ(歪)です。

何故か俵です。



生まれて初めての編み物。

飼い主の才能は皆無です。


ま、とりあえず暖かい・・・・それだけです


                    by いぬのマーシャ。






母の計算ドリルや数字盤のお相手するのに

ず~と張り付いて2~3時間は手持ちぶたさでしんどい時

母の横でこれでもしながらと思い立った編み物です。


幼い頃、母が編み物をしながら

姉妹3人が卓袱台で

書き取りやら算数をしていた(やらされていた・・・)のを思い出しながら。


あぁ~母はこんな感じで編み物をしていたんだなと

ちょっと母の想いをたどる感じでした・・・・


そういう意味ではとても気に入っているのですが

向いてない、才能がない と自覚もしました ブヒです・・・
   


                           by 飼い主。




              

              

                    クリックお願いしまァ~す


          才能がない、向いてないと自覚しても

              更に2枚も追加で作った飼い主です・・・・

                   時には夜の夜長を過ごすために。




                 




退行と指しゃぶり

母と介護用Wべッドで一緒に眠るようになって

「ジョクソウ」の可能性と同時に気づいた

母の睡眠中 「指(手)しゃぶり」 




この件も介護職の友人に相談しました。


この友人の経験した例として

やはり認知症の方で 「何歳ですか?」と質問しますと

「50歳です」 「40歳です」 。。。。。 「20歳です」

そして最終的に 「6歳でちゅ」 となっていったそうです。

でもこの方、それに対して違和感もなく、楽(?!)そうだったそうです。

いわゆる 退行 です。



母は認知症になって私の介護支援を受け

穏やかな生活を送っています。

そこにきてここ最近いつも私は母と一緒に眠るようになりました。


どう考えてみましても

母のこの「手(指)しゃぶり」が始まったのは

Wベッドに変えて一緒に眠るようになってからです。



母も一気に退行が始まったのだろう と。


そして母にとってこの「指(手)しゃぶり」が心地よいのであれば

退行状態の安心感であれば

無理に止めさせる必要はないだろう という結論に達しました。




母、ホントに心地よさそうなのです、一緒に眠るのが。


添い寝をして母が眠りの落ちましたら

私はベッドをそ~と抜け出して

翌朝の準備や残った家事労働やブログを書いたりした後、

又そ~と母の眠っているベッドに戻ります。

あるいはトイレ介助のための声かけです。


母はその時無意識(?!)に私の手を捜し、

指と指をがっちり組み合わせて握り、

自分の胸のところに持って行きます。


そして 「あぁ~良かったァ~~・・・」 とため息まじりでつぶやきます。

毎回です。


母親が戻ってきた時の幼児のようです。



母は退行して幼児に戻っても

もう成長することはないんですよね。

認知症であり、高齢ですから。

ですから今のその状態が

母にとって心地よければそれでいいです。


認知症で高齢の母の、

安心と安全と心地よさの行き着く先が

幼児でもいいんですよね。 仕方ないというか・・・・



「今ノロウィルスが流行っているから

それを含めて就寝前の手洗いを十分気をつければね」 ということです。




          夕食

       キノコづくし

   切昆布・生姜・椎茸の煮物、赤魚の粕漬け、パプリカ・ブロコのガーリックオイル炒め、
        ↑
     お酢も入れて

         舞茸の炊き込みご飯、エリンギ・エノキの味噌汁、豆(市販)




キノコづくし、キノコ三昧です  と言いたいところですが

いえいえ、ただ単にキノコ、全部使い切るぞ の日でした~・・・・





               
                人気ブログランキングへ 

                   クリックお願いしまァ~す  








ジョクソウ

介護生活も長くなりますと

認知症の進行と高齢により状況も変化します。



介護用Wベッドで母と一緒に寝ることで気づかされた
 
今後の「ジョクソウ」の可能性もです。



私は母を介護するまで

「ジョクソウ」は寝たきりの人が起こす床ずれだと思ってました。

まさか歩ける老人もなるものだなんて思いもしませんでした。


でも介護生活に入り、

ネットを通してそうではないことを知り、

気にはしていましたが

母の場合はまだ大丈夫だろうというところもありました。


但し今回母が今やほとんど寝返りを打たないことがわかり、

起床後の仙骨部、ホンノリ赤い の意味がはっきりわかり

この問題はかなり現実的な問題となっています。




いつも母と私を支援してくれている介護職の友人と話しました。



「ジョクソウ」は

低栄養、 圧、 湿潤 (濡れたオムツをしたまま・・・とか)の原因があり、

母の場合、  によるものの可能性が出てくるだろうと。


いろいろ説明を受けました。

私は市販の低反発のマットレスは? と聞きましたら

やはり介護用の体圧分散のマットレスが良いということで

(その理由もきちんと説明されました)

明日レンタル介護ベッドの会社に 即電話することにしました。



あと、体位の変換も必要ということで

そのやり方を詳しく指導してもらいました。

力を使わないでのやり方。


それが上手く出来るかどうかは私次第ですが・・・・頑張りますッ です。


とりあえずこれからは「ジョクソウ」予防の段階に入りました。




昨晩、母は「フェアー」での緊急のお泊りでした。

雪のためです。

積雪量は大したことなくても翌朝の路面凍結を考慮してです。


正解でしたァ~~よォ~~~ 

今朝出勤時、すご~い路面凍結でカチカチのズルッズルでした 

私ひとりで歩くのにも中々難儀でした。

母のお手手繋いで歩きは危険に違いありませんでしたね。

お泊りしてもらって正解でした 




                
              ブログランキング参加中
                         クリックお願いしまァ~す



         去年、台風の嵐の中を母をお迎えで連れ帰りました。

         とても危険なことをやらかしてしまいました。

         何事もなかったから良かったものの・・・のその時の猛反省から

         今回は危険を回避の母のお泊りでした。





    


オドロキの事実、発見

母と毎晩介護用Wベッドに一緒に眠っています   + これも

                



母の入床に母が眠るまでの添い寝して、

入眠後私は抜け出して一日の残されたやる事をこなして、

その後そ~と眠っている、

時には目覚めちゃった母の横に滑り込みです。

その時マーシャさんも 

あるいは眠るまでの添い寝のつもりがアタシがそのまま爆睡しちゃって・・・・




孤独と不安で 夜がこわい 老人には

眠りに落ちるまで側に誰かが居てくれるというのは

それが当てはまる母には正解でした 

私も広くなったWのおかげで寝返り打てての  十分に。




但し、介護用Wベッドに一緒に眠ることで気づいたことがあります。



母は寝返りをほとんど打たないのです。

それは 一晩中身体の一定部位への圧 を意味します。


実は毎朝仙骨部分がホンノリ赤いのです、いつも、ず~と以前から。

でも数時間後にそれも消えてましたから

私は気にしてませんでした・・・・・


「ジョクソウ」 の可能性を発見  てなことです、ホンノリ赤みの原因。




もうひとつはビックリ & 仰天 です。

その意味は

私が全然知らなかった、気づかなかったということと 

最初はちょっと異様な姿に見えたことです。



母は入眠状態近くウツラウツラの時、あるいは睡眠中、

手をしゃぶっているのです、赤ん坊みたく・・・・・


指一本を ではなく手をてな感じで、

指3~4本入れて口腔内で吸っているのです。

時には口腔内なぞりながら・・・・(入れ歯は外してあります、就寝前)


ちょっとたまにではありません、いつも、ときにはず~とです。

無意識に・・・・・

但し、本人爆睡中は勿論ありませんけど・・・・・



今までWベッドの前は

ベッドの下に布団を敷いて寝てました。

だから全く知りませんでした の驚愕の事実でした、結構・・・・


何故気づかなかっただろうともおもいましたが、

夜間トイレ介助で起こす時とか

朝の目覚めでの声かけの時でも

一度も見た事がなかったんです。



一緒に眠ることで気づいたわけですが

(そう意味では良かった良かったですが)

この気づいたことをどう対処するか考え中~~~~~~う~んです 


              雪が降ってますね・・・・
                    ↓

                

                ブログランキング参加中
                      クリックお願いしまァ~す   








介助慣れ(?!)

先日の脳外科へは

行きはタクシー、帰りはバスを利用しました。

(私は車の運転が出来ない、免許取らなかった人)




タクシーに乗車する時

母は一旦躊躇しました。

「そこに摑まって中へねェ~ ヨッコラショ て」  と言われても。


このところ、車に乗るということがほとんどありませんでしたから

ちょっと忘れてました。


以前前回まではスイスイと乗り込んだのですけどね・・・・・

車の乗車は2ヶ月ぶりくらいです。




帰りのバスのに乗車する時

母は乗り込むとき、バスのステップまで足が上がりませんでした。

手すりに摑まって片足を最初のステップに掛けようとしますが

届かないんですよ。


フラフラした感じはありませんが

足が届かず、空をきります。


「あれ? ヨイショ! あれ?」 と母、何回も。

私も 「ありィ~ まぁ~ ありゃァ~・・・」




と、 素早かったです 

先に乗車していた別々の乗客の方おふたりが

母にさっと駆け寄り母の腕を取り支えてくれました。

(やっぱり女性。 

 おひとりは母より年上、どう見たって。もひとりは私と同年代)



私も母のお尻腰部分から

「ヨッコラショッ」 と押し上げて

母、無事に(?!)に車内に入ることが出来ました 


母、不安そうでも何もなく、

手伝ってくださったおふたりに例のニコニコ顔で

「あら~ホントに申し訳ありませんネ~~ ありがとうございます 



介助慣れ(?!)の母でしたァ~~~

私もとてもうれしかったです 




この間、私の ちょっと仕事で忙し+寒い季節 で

母との外出があきらかに減っていました。


アルツハイマー型認知症は 「忘れる病」でもあります。

繰り返さないと アッというまに忘れます。

高齢も加わって できなくもなります。


あぁ~もっと以前見たくお出かけしなくちゃね とちょっと反省です。

いい意味での、環境の変化による刺激を  ですね。





           昨晩の夕食

           豆苗


   トマト、豚肉・大根おろしのみぞれ煮、ニンニクたっぷりの豆苗・モヤシの中華スープ和え 

              玄米+大葉、三つ葉の卵とじスープ 




              
                          ブログランキング参加中
              クリックお願いしまァ~す 




母は今回とても 「うれし 、 楽し 」 で

私も母からそれをおすそ分けされました のそんな日常の幸せです。感謝。











ランチタイムのその時

脳外科の帰りのランチタイムの時。


この焼肉店はほとんど満席でした。



母に 「これ食べれるの?」

   「これ食べていいの?」 
と etc、 質問受けながら

   「うん、大丈夫よ」
 
   「今度はこれ食べて~」
 と答えながら・・・・



付いてきたアイスコーヒーのストローの使い方飲み方が今回わからず、

「こうよ」 と 「そうそう、吸ってみて」 と声かけしながら、



母の横に座っている私がちょっと前見た隙に

ナムルのお皿なめてるし・・・・

「ありィ~、お母さん、それは舐めなくてもいいのよォ・・・」

「あら、綺麗になったでしょう~」 と言われながらの食事風景でした。




母と私のテーブルの真横のテーブルに

女性がひとりランチをしていました。

お仕事バリバリしているな  という感じの方でした。



母と私が食事が終わり立ち上がり、

お手手繋いで出口に向かおうとした時、

その女性は私に声を掛けてきました。


「お優しいのね」 と。


アハ~   と私は思わずにっこりするしかなかったのですが

その女性はこう続けました。


「私にも母がいて認知症なんです。

ほんとはもう仕事を辞めて

一緒にいてあげなければいけないのですが・・・」



私はこう答えました。

「私も仕事しているんですよ。」


多分私が在宅介護で仕事をしてないと思ったのでしょう。

「公的な介護サービスを利用して何とかやっているんですよ」

女性はちょっと驚いた風に母と私を見つめていました。




やっぱり誰でもぶつかるのかもしれません、仕事をしている人は。

介護をするにあたって仕事をどうするか・・・

勿論、仕事の内容、会社の理解、家族構成やらの条件もそれぞれ違いますが。



職種的に決して自分の望んだ仕事ではありませんが

でも 仕事をする ということ自体が

趣味に近く大好きな私  にとって

職種云々よりもそれだけでも今の状況は恵まれていると思います。



仕事自体をライフワークと考えている人には

それを辞めて介護生活だけというのは辛いものになってしまうかもしれません。


介護か仕事かの二者択一ではなく

両立できる仕組みがもっともっとの選択があるのが理想なんですよね。


その女性も自分の納得できる介護生活と人生が送れますように 




           今日の朝食

           卵サンドイッチ朝食

              マヨ卵サンドイッチ、 コーヒー豆乳

      グリーンスムジィー(小松菜・リンゴ・マンゴー)、 トマト・ブロコ
           ↑
       不味そうです ・・・小松菜入れすぎ・・・   



お母さん、パンが厚すぎて超食べにくそうでしたァ~・・・・

                       ごめん・・・・・・・です。





                 
             ブログランキング参加中
                    クリックお願いしまァ~す





母とのランチは

先日、母を連れての脳外科の帰り、

ふたりでランチを食べに、

いつも必ず立ち寄るお店へ行ってきました。



ここのところ「メマリー」を貰いに私だけで出かけてましたので

母と一緒はホント久しぶりです。

「叙苑」という焼肉やさんで

ここに来るといつも思い出します。




数年前に老人ホームから母を引き取ったときの

脳外科の帰り道に寄った時の、当初、

           あぁ~大変だった事を・・・・・




ランチが出来てくるまで間、

母はじっとしていられませんでしたから

テーブルの上の 

爪楊枝入れや辛味噌の入った小さな容器の蓋や

お塩や・・・テーブルの上に置かれているもの・・・小さな花瓶に挿された花も

もう気になって気になって手に取りたくてたまらないわけです。



一度だけ手に取らせました、触らせました。

メチャクチャでした・・・ 



聞き分けのない幼児そのものです。

でも幼児ではありません。

見かけは大人です。


それ以来

「お母さん、これは食べる時に使うものなのよ。

だから今はここにそのままにして置きましょう」


なんて言っても聞き分けず でした。


          もう不穏の勃発。


「なんで触っちゃいけないのよぉーーーー 


「だ、だ、だからね。。。。。。。。。 


まだ母を引き取って間もない頃で

今のように介護に慣れておりませんの私でしたから、

このときも認知症の不穏とは を あぁ~実感させられましたですよ。


そうしているうちにランチが届き

食事に目が行って のテーブル上にセッティングされてるものは

忘れてくれましたッ のくりかえしでした。


今は全くありません。

普通(?!)に座って私とお喋りしながら待ててます、ランチが来るのを 



でも食べ方はひどくなっています・・・・・・。

当時と比べて。


認知症の改善もあり、進行もあり ということです。



同じ処に月日を重ねて通いますと

時の流れと共にの 

認知症の進行具合や改善ぶりを伺い知ることが出来ます。


ここのお店の方達は母に対して理解がありまして

母を連れずに脳外科の帰り、

私ひとりで行きますと

「最近お母様と一緒じゃないんですね。

 お母様お元気ですか」 と心配されますです 




           今日の夕食

          チキン照り焼き

   モヤシの胡麻和え、照り焼きチキン(キャべ千、ブロコ、トマト)、白菜ツナ蒸し煮、

       玄米ご飯+大葉、根菜味噌汁(人参、大根、里芋、ゴボウ、生姜、コンニャク)



蜂蜜醤油に漬けたこのチキン、

母の場合、この後ハサミで切ります。

まるで韓国焼肉やさんみたいです・・・

「叙叙苑」では母のためにハサミを渡してくれます。



         
               
 
           ブログランキング参加中
                  クリックお願いしまァ~す
                









薬と環境

昨日は母を連れて脳外科へ行って来ました。



母はこのドクターが苦手です。

いつも 一体あの人、何よッ 状態で帰ってきてましたァ~・・・



質問されるからです 



こちらからすれば簡単な質問、

例えば季節とかですら、

「この人は?」 と私のことを聞かれることや・・・・

「・・・・・・」 と何にも答えられない母は

いつも瞬時に 不穏    でした、 の毎回 




昨日は違いました。


季節を聞かれて

      「もう私わからないんですよ。

      ですから教えてくださいねェ~」 
です。



「この人は?」 と私のことを聞かれて

私の顔をじ~と見つめて

       「いつも一緒にいてくれる人なんですよ。

       ちょっと誰だか覚えてないんですが・・・

       あら、せんせ様、ごめんなさいねぇ~ (私に向かって)」


               。
               。

         唄も歌って聴かせてましたし・・・・
               。
               。

       。 。 。 と、ありまして、




見つめ合う私とドクター てな感じで

その度に驚いて顔を見合わせてました のビックリです。

母は 眉間に皺 よることもなく、表情穏やか、目はキラキラで、

きちんと返答したからです。



ドクター曰く

「アクティビティ上がってるなぁ~~~

今まで会った中で初めてだねぇ~~~こうなのは」 
と。



私は母の状態を説明してこのまま「メマリー」の中止続行を申し出ました。


「うんッ、いらない、いらないね」 とドクターの強~い即答でした。


「やっぱり薬だけに頼るのではなく、環境だね~・・・・・」 とも。





アルツハイマー病認知症の進行は確実に見られてます。


食事もお箸で突付きながら・・・最近は・・・

食べていいのかどうかもわからなくなりつつあります。



飲み物も 「飲んでね、飲もうねェ~」 とポンと置いただけではわかりません。
         
「これこれ    + 飲むものよ、飲めるのよ」 の指示が必要です。



寝る時も 「どっち、頭(置くの)?」 と毎回聞かれて

枕をポンポンと手で叩いて 

「お母さん、これここが枕よ、こっちが頭ですよォ~」 と。

          ・
          ・
          ・
          etc ・・・・日々を追うごとに増えていってます。




但し、認知症特有の わからなくなる、わからない からくる

不安と孤独と怒りからくる周辺状況の悪化はない といっていいかもしれません。


少なくとも介護者が負担となる症状は母の場合はもうありません。


わからなければ指し示してあげればいいことですし、

出来なければ助ける、支援するの介助を行えばいいわけです、母の場合。



眉間に皺 もこちらが対処さえ間違えなければ問題ありません。

ま、すぐに忘れてもくれます。

勿論、次の場面の展開が楽しかったり、穏やかだったり、心地よければ。




「メマリー」の素晴しい効果はありました。

投与中止してもその時発現した状態が続いています。

あとは今現在のこの環境をそのまま維持するだけです。




                 人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                 クリックお願いしまァ~す

          
            病院の帰りはいつも必ず行く処でランチ。
            食べ方に以前来た時とは違う変化がありました。

            「あ、進行しているな」 と。

            でもふたりで美味しくモグモグでした 

           







「メマリー」の件で脳外科へ

今日は母を連れての脳外科へ行って来ます。


昨年11月10日に 「メマリー」投与を中止して以来の

その後の内容状態を確認し話し合うためです。



私の結論は

「メマリー」投与中止 はそのまま続行です。



母にはもう必要ないんですよ。

不思議です。



「メマリー」投与開始して

若干の副作用 (ふらつきと怒りっぽさ) が当初みられましたが

それを乗り越えてのその後問題なしでした 



そして投与中、素晴しい効果がありました。


不安から来る 出ないのに「大(オシッコ)がしたいわ」コールの激減。

不安から来る 眉間に皺 の激減。

回りとのコミニュケーションの増加。

夜間オムツに失禁状態になってしまっていたのが

自分からトイレに行こうとします。

今したことを覚えていることもあります、ま、ごくたまにですが。

・・・・・・・・・。


但し、母の大好きな計算ドリルの急激な間違い混乱があり、

これが 「メマリー」のせいなのかどうかをみるためにも

投与中止したわけですが、

混乱と間違いはそのままで、

若干の進行(出来ないわからない)もありますが

基本的には一定レベルの維持があります。




「メマリー」投与中止して69日目ですが

母のこの状態が変わっていないのです。

むしろこの状態を維持しながら 更に穏やか になっている のです。


特に不安からくる 

「トイレコール」の激減と 「眉間に皺」のほとんどなし なのです。
                   ↑
               こちらの対応さえ間違えなければ



これは認知症の進行による回りからの刺激に対する反応の鈍さもあるかもしれませんが

でも穏やかな 「認知症老人」です。




「フェアー」のケアマネ・看護師も母の今の状態に

「もう必要ないんではないでしょうか?!」との私と同意見です。




不思議です。。。。。。


「メマリー」投与で

母の脳細胞は確実に刺激されたのですが

薬を中止してもその脳細胞の状態が維持されているのは

一旦刺激された脳細胞がリンクしたままなんでしょうかね。


薬の効果もその発現も個々それぞれちがいます。



「メマリー」効果は素晴しいものがありました。

それで投与中止してても です。

だから母にとって素晴しいものでした。← 現在完了進行形 




                  人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                  クリックお願いしまァ~す


              脳外科の帰りはふたりでどこかで「ランチタイム」を   










連絡帳の変更

母は丁度今眠りに入りました 22時。


一緒に添い寝の私は

それでその横をそ~ゥと抜け出てきました。


その時、ちょっと薄目を開けて

「あら、寒いの・・・・? モゴ モゴ モゴ・・・・ 」
 で そのまま 





最近、小規模多機能型施設である「フェアー」の連絡帳が替わりました。


何度かの変更の中で

今度は介護記録のコピーがそのまま添付です。

これが今回の連絡帳です。


時間を追っての記録で

その時間ごとの母の動きと様態がわかります。



勿論、家族に公開という前提ですので

どこまでの内容の記載かは私にはわかりませんが。

基本的に介護記録というのは内部資料ですからね。




以前は私が 

「メマリー」投与、投与中止を含めた状況下で、

母の認知症の進行具合を知りたい、

よって「フェアー」での様子を知りたいということで

特定の一部スタッフによる記載と意見、

それをフォローする形でのケアマネの詳細な記載がありました。

大変助かりました 




ただ今回の あれ? は

家族からの連絡事項を記入する欄もスペースもないことです。

      ない・・・・・・




小規模多機能は

居宅の要介護者を在宅状況の同じように支援する

という施設のはずですから

通所時の、在宅からの様子・連絡を取らずしてどう施設で介護支援するのだろうか

とちょっと(実はかなり)思いましたですよ。



私は以前母が便秘で苦しんでいた(今は全くなし)ことを前提に

自宅での排便排泄状況も記載します。


これひとつとっても

母の 出ないのに 「大(オシッコ)がしたい」トイレコールが

ほんとにしたいのか、

排便がほんとに始まるのかの

判断材料になると思うからです。

便ショックも起こしますからね・・・・


母のアルツハイマー病特有のわからんちんぶりに関しても

わが家ではこうです、多分こうでしょうという

判断材料も提供していました。


今日の起床後のご機嫌が  か  か とかも。


勿論、質問事項もスケジュール的連絡事項もです。




これが家族と施設側の連携だと思うからです。


       要介護者の状態を把握する。

       情報を共有する。



これに尽きると思います、私は ですが。




勿論、施設側からの連絡帳で、

利用者要介護者の通所時の様子を知る必要なく

家族側からも何もない ということで

この連絡帳が必要としないご家族もいらっしゃるでしょうが。



連絡帳がこの介護記録コピーのみになる時点で、

その連絡帳が必要か否かの書面でのアンケートがありました。


        当然 私は 「要ります、要りますッ、要りますよォ~~ !!」




                人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                クリックお願いしまぁ~す






自然の目覚め

不規則ではあるんですが

昨日1日仕事で今日は又お休みでした、 ウフフフフゥ~ 


こういうのもなかなか(ホントは 超!!)いいものです。

自宅での英語教室はありますが。




今日の母の朝の目覚めなんですが、

やっぱりなァ~~ と思うところがあります。



私がお休みの時は

いつもの6時には起こしません。


母が自然に目覚めるのを待ちます。

自然の目覚めの母はほとんどベッドの中でニコニコです。

私が部屋を覗くとお目目ぱっちりで

「あらぁ~せんせ様ァ~~  状態なんですね。




いつもは私の出勤時間に合わせて

眠っている所を起こします。


急に声かけして驚いての 眉間に皺   は避けたいので

眠っている母の手をそぉ~と握って撫でて~ スリスリと~~


母はそれで少しずつ目を開けていきます。

ゆっくりゆっくり・・・・で、小さい声で 「おかあさ~ん」 と。


で大概 「あらぁ~申し訳ありませんねェ~ (手、スリスリのこと) と言われまして

母の言葉が出たところで目覚め完了という事で

「お母さん、おトイレは?大(オシッコ)は?」 と聞きます。

それからお手手繋いで おトイレへ 



でもごくたまにですが

出た言葉が

「あら~ 行かないわよッ。まだ寝てるわよッ  があります。

万事休す です。

起きてもらうための説得お願いご機嫌取り   


おかげで出勤ギリギリの遅刻寸前 


 


母の起床体内時計は7時です、どうみても。

ですから今朝なんか 超ご機嫌  

食事もゆっくりゆったりですから

とても多弁です。

その後は計算ドリルを始めて集中力高く

今日も又数学者のごとくでした。

(ここのところドリルに関して集中力が凄いです)




這いつくばって床拭き掃除を始めた私が

母の椅子の下を拭きますと

計算ドリルしながら両足上げて~・・・・まるで 「ここもね」 みたいに・・・

そして 「あら、せんせ様ァ~、ご苦労様ねェ~」 だそうです。

、はい・・・」



無理に起こされるのと自然に目覚めるのとでは

朝のご機嫌、雲泥の差がありますですよォ。


私の都合で申し訳ないんですけどね・・・・




その後、14時30分から英語教室がありますので

14時に「フェアー」へ行きました。

17時にお迎えに行きまして帰りもとてもご機嫌でした。

3時間くらいだと丁度いい気分転換だったみたいです。



          今日の夕食

          ホタテスープ

        ひじき煮つけ、 酒蒸しささみ・みつばのワサビだし醤油和え、 ブロコ、

        白飯、 ホタテ・青梗菜・豆腐・生姜の塩味中華スープ。




                 人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                 クリックお願いしまァ~す     


              お母さん、明日は6時に起こしますよォ~~

                        仕方ないのよォ~ごめんねェ~~~











お泊り明け

昨晩母は「フェアー」で1泊お泊りでした。



夜、友人から電話があり、私は飲みに誘われました。


普段だったら絶対行きません。

(勿論母がいるし、あるいは仕事の前日は)



ま、私も母がいない間の1日のスケジュールもこなしたし、

    え~とォ~ 家事労働でしょォ~常備菜作りでしょうォ~

    英語教室の生徒用マニュアル作成でしょォ~

    お昼寝もしたでしょうォ~

    あ、いぬのマーシャさんのシャンプーまだだけどォ~・・・


翌今日もお休み(2連休)だし、

たまたま母もお泊りということで出かけました。



行ったお店で美味しいものをつまみながら友人と談笑


又お客さんの中で

私と友人が大好きな方もいて更に共に談笑でした


友人もお客さんも職業的分野が全く違いますが

違っていても共通項を見出しての中、

それぞれの話がとても面白く (アハハと笑いぱなし~~)、

ためにもなることもあり (ウンウンと真剣に頷いて)、

すごくリラックスした夜でした



帰宅後の睡眠も夜間トイレ介助がないから熟睡爆睡





1泊お泊り明けの帰宅した今日の母は

           ものすご~いご機嫌でした



「大がしたいわ」の、出ないのに トイレコールもなく

就寝前のトイレのみ。


大大好き計算ドリルでは

久しぶりの  がつく集中力でまるで難問を解く数学者 

私が側にいてもいなくてもどっちでもいいわ 状態でした。


昨晩「フェアー」でのお泊り中、

母はちょっと眠れなかったのかな~・・・様相あり。(連絡帳を見ると)

でも今晩、自分からベッドに行く気配なしでした。

で私に誘導されて入床、23時・・・・・やっと。


      遅いぞォ~・・・・明日は6時起床ですからね~お母さん。 




                人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                クリックお願いしまァ~す








ひたすら食べ物の事の日

お正月にお雑煮を食べてもらうか or not で悩みましたが、

コメントで頂いたアドバイスもあり、

今日、鏡開きということでお雑煮を作りました。



               

            今日の朝食

            お雑煮


お餅は小さく割って(切っちゃいけない縁起ものですので)

それから焼いて汁に十分浸った状態で食べてもらいました。

母はお供えのお餅、私は暮れに購入の玄米のお餅です。



一緒に食べてる私はやっぱり  状態です。

                       ドキドキも・・・・



ま、俗にいう「掃除機」までは用意しませんでしたが。

でも「掃除機」の位置は頭の中にしっかりイメージです。
     


とても美味しい、美味しい  と言って食してました。

あぁ~良かったです 


来年のお正月までこの問題はクリアーということで~~ 

そして来年も嚥下に問題がありませんように と祈りつつ 





今日私はお休みなので食材の買出しに行きました。

ついでにやっぱり買いましたです。


              缶切りです。        

             缶切り縮


先日、フィリピン土産のツナ缶使って料理しようとしたら

缶切りなし  だった我が家。



でもその後買おうという意気込みはあまりなうような・・・・でした。



ところが戸棚にありましたですよォ~。

頂き物のコーンの缶詰なんですけどね。

(自分で買うのは パッカン です 

このコーン缶もラベルは日本製ですが

完全アメリカ製輸入ものです。


             缶詰


             缶切り必要缶詰が2個もじゃねェ~~~・・・

                 しゃあない、缶切り買おう~・・・・
ということでした。



向こう製のものは パッカン が少ないのかな。




                人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                クリックお願いしまァ~す 



               今晩、母は今年初めてのお泊りです。

               その間に私はひたすら常備菜作りです 








無駄な努力、ついつい・・・

ちょっとしつこいんですけどね、私。


結構あきらめずに聞くわけです。

思い出させようとするんです。




母は私の事をいつも 「せんせ様」 と呼びます。

それ以外の呼び方はなし。


自分に一番近い、いつもお世話焼いてくれる、居心地のいい人。

時には一番大好きなヘルパーのおばちゃんあるいは介護職の人。


尊敬されてるとは思いませんが何故か 「せんせ様」。

ま、昔から英語を教えていたことが潜在的に無意識にあるのでしょうか・・・。




たまに私は言います、「せんせ様」 と言われた時に。


「いやァ~~せんせ様って呼ばないでェ~」

「じゃぁ~なんて呼べばいいの?」

「Juliaちゃん  」

「あら~うちにも Julia てのがいるのよ、2番目娘で」

「・・・・  」

と、いつも同じパターンのやりとりです。





今晩「フェアー」からのお迎えの帰りみち。

       ・
       ・
       ・
「だからお母さんの娘のJuliaよ。」

「あらァ~ Juliaちゃんなのォ~~~・・・?!

 そっかァ~ Juliaちゃんなのね。

 こんどからそう呼ぶわね。  
          (それで呼ばれたこと一度もなし・・・)

 私は瑠璃子  

 瑠璃ちゃん て呼んでね、私のことは 





お母さん・・・親友同士じゃないんだから・・・・

あなたは私のお母さんなんだってばァ~・・・・・


お互いに ちゃん付けして呼び合ってどうすんのよォ~~~ 




私達は母とその娘ですッ とついつい理解させようなんて

無駄な努力をしてしまう・・・・無意識に。



勿論、奇跡は起こりませ~ん。



                人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                クリックお願いしまァ~す 









珍しくたっぷり睡眠

今日はお仕事お休みで

出勤も英語教室もなしで 

お母さんとマーシャさんとべったり過ごす日  + 




今朝は久しぶりの朝寝坊   でした(出勤がないから問題なしですけどね。)

そしてほとんどありえない、

母と一緒に起床しました の8時です。


お休みでも私は基本的に

普段と同じ時刻あるいはそれより早かったりの起床なんですけどね。



しかも前日の夜、

又やってしまいましたッ 


添い寝で21時頃、母とベッドへ。

そしてそのまま爆睡の起きられませんでした 

(起きる予定でしたから・・・ブログ記事も書こうと思ってましたし)




おかげで21時から翌8時まで超~ォ長~~い睡眠でした。



(普段は基本的に5時間後くらいには目覚めますから。

去年大晦日も同じ状況で20時に眠っても翌1時には起きましたから。)




      まぁ~~~、よく眠りました  

                   じゅ・・ゥ、じゅういち時間・・・・




いつもは休日でも

母より早く起きて全ての準備を終えての母の起床となりますが

今朝はふたりでベッドの中で

「あら~もう起きないとォ~~ 」 ということでふたりで起き出して

そのままパジャマ着ながら

まずゆったりコーヒーを飲み、朝食食べて、

ダラダラ~~と。


アァ~ このダラダラ感、ゆったり感もすごく良かったです 

体調良好、フットワーク軽し 



すご~く良かった休日の朝ですが

問題も当然ありましたです。



        母は当然失禁してましたァ~~~


リハパンとパットにしっかり2回分(多分)が

              タップリ、ドップリ、ズッシリ 




母も私も目覚めず   

の、夜間トイレ介助なしということになってしまいましたですから。



私が一緒に眠っていてくれるから母も爆睡(?!)なのか、

横で私が爆睡しちゃっているから母が私を起こさなかったのか、

どっちでしょうね・・・・・



実はダブルサイズの介護ベッド、

とても居心地寝心地いいんですよォ~~~ふたりにとって。





                 人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                  クリックお願いしまァ~す 
  
       
       

         私的には

         母のお泊り最後が先月26日で

         そろそろどっかで爆睡日が欲しいゾォ~ の頃でもあったのでしょうが。





 

今晩、この時点で

母はほとんど何かして欲しいという要求を具体的に言うことがありません。

進行したアルツハイマー病認知症ですから。



ま、はっきり自分から要求するのは

「大(オシッコ)がしたいゎ~」 

すなわちトイレに連れてってということと

たまに 「出かけません、今日は(「フェアー」に)」 くらい。


何かが欲しい、何かをして欲しいはありません、残念なことに。



でも先日ベッドの中で

私に 「何が欲しいの、買ってあげるわ」 発言があったので

今晩はさっき添い寝した時、私が聞いてみました。



「お母~さん、

何か欲しいものある? 何かして欲しいことある?

言ってよね。

例えば今日は美味しいものを食べに出かけたい とか、

ふたりで電車に乗って温泉に行くとか、

こんな洋服が着てみたいとか~~~~

なんでもいいのよ。」




こんな質問はムダだ とわかっていても聞いてみる。




母は私の言っている意味を何とか理解しようとして

天井見つめて・・・ウ~ン・・・てな感じでした。



こう答えました。

「そんなことわからないわ・・・・・

    ・・・・・・・・

私はね、ここに来てから皆さんのおっしゃる通りに動いてるでしょッ。

皆さんがあぁ~すれ、こう~すれと言えばちゃんとやっているでしょ、

も文句も言わずに。

それでいいんでしょッ」



言葉の後半は若干のお怒り口調で キリッと。

今晩のこの時点(すぐに忘れますが)の母は

ここが施設であり、

そして何もわからない自分は言われるままに動いている と自覚しておりました。




そうですよね。

日常生活で

「起きましょ。ご飯食べましょ。着替えましょ。お風呂入りましょ。

靴脱ぎましょ履きましょ。

おトイレ行きましょ。出かけましょ。こっちに座りましょ。歩きましょ。

お薬飲みましょ。水分摂りましょ。このゲームしましょ。

枕の位置はそこよ。今日はお泊りよ。~~~~。 」


すべて私やスタッフの指示で動いてますものね。




ふと思いました。

自分が何をしたいのか

どうしたいのかすらもわからないという日常で

私やスタッフの指示にそのまま従う・・・・


これが自分の、生きる生き続ける手段 ということなのだ と

本能的に悟っているのだな と。


ま、切ないですけどね。




                 人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                 クリックお願いしまァ~す









母の認知症ぶり

母の認知症ぶりですが、


今日母のお迎えは私の所用のため

17時予定が17時40分になりました。


「フェアー」へはその旨伝えました。


今まででしたら夕食を出してもらっていました。

「フェアー」の夕食時間は17時30分ですから、

母だけ食事を取らずにいるなんて

母が可哀想ですし、本人が当然納得しません。

「あらーー私のはーーーッ  」 でしょう と、多分。




先月12月は私が多忙で

母のお泊りも通常より多く、夕食も「フェアー」でが、とても多くありました。


ですから今月は出来るだけ一緒に居よう、

私の作った食事で一緒に過ごそうと思っているので

今日は夕食を頼みませんでした。




今日お迎えに行ったら利用者の皆さん夕食中。

母は周りが食事中で自分だけなくても気にもせず、

座っていました。



声かけと段取りを目の前に示さなければ

もう何もわかりません。




         頂きました。

             白菜

         ドアーの取っ手に掛けられていました、採れたて白菜。

         これ、超ーーーデカいのです、お母さんの頭2個半分もあります。

         絶対食べきるぞォ~ 今日から白菜三昧 ということで早速、



             今日の夕食

             白菜厚揚げの蒸し煮

       さつまいもオレンジソース煮、かぶと海老の含め煮、大根と貝割れサラダ
                                         (マヨちょっと)

       玄米入りご飯、シメジとエノキの味噌汁、白菜と厚揚げの蒸し煮。

                             なんか煮物ばっかの今晩・・・・



白菜はツナと蒸す予定でした。

cookpadで引っ張ってきて・・・・。


ツナ缶がフィリピンへ旅行に行った友人のお土産でありましたから。

  (フィリピンのお土産が何故ツナ缶なのかわかりませんけど・・・・)



ところがこのツナ缶、パッカン じゃないんです。

缶切りが必要です。



我が家には缶切りがありませんです 

何故か、こ洒落たのも含めてワインオープナーが4本もあるのに・・・・



基本的に我が家は缶詰めをトマト缶とコーン缶しか使いません。

このふたつ、パッカン ですからね 



でツナ缶使えず、あり合わせの厚揚げで対応。

でも白菜の水分だけのオイスター調味のこの料理、超美味でしたぁ~~ 
 

     柔らかいせいもあって 「あらぁ~美味しいこと  と母。




                  人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                  クリックお願いしまァす



            ツナ缶のために缶切り、買わなきゃダメ?!かな・・・・