FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

11月« 2011年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年12月

老犬の老後

今日はとても日差しの強い時間帯もありました。





           日向ぼっこマーシャさん


      この方もさっそく日差しと共に日光浴です  



私は布団干しや洗濯やらでベランダ行ったり来たり。



お年寄りとなって日差しのもとでウトウト大好きなのはわかりますが、

ベランダ開けっ放しで暖房ついてないので

寒かったら電気ストーブ持って来ようと思いまして・・・


「寒くないんですかァ~」 と思って身体に触ると

う~ん、暖かいィ~~~ ポカポカ 



前回は電気ストーブまん前において、

ベランダ開けっ放しでの直射日光浴でした。

今日も日の当っている半日、このまんま、マッタリと  の老犬の老後。


昨日も私はお休みで母とこの老犬とで一日中過ごしました  + 





母は時々私を驚かせます。


トイレ介助が終わってふたりでトイレを一歩出たとき

私は母に頼みます。

「お母さん、おトイレのドア、閉めてくれる」

「あ、これね」 とドアノブをしっかり廻してきちんと閉めてくれます 

「わぁ~ありがとね」 と毎回 



昨日、私はそれを一度だけ言いませんでした。

私がサクッと閉めちゃいました。


母をダイニングの自分の椅子に座ってもらったら

今度はアタシがトイレ のつもりで・・・急いでた(?!)


そのままお手手繋いでダイニングに戻ろうとしたところ、

母、こういうんですよ、

「せんせ様、ドア閉めなくていいの?」


いつも毎回私にやってくださいと言われて初めて 

「あ、そうね」 とやっているのに

自分から言うなんて・・・・・でした。

ま、ドアはもう閉まっているのですが・・・・



毎日毎回繰り返すとちょっとは記憶に残っているんだな と。

トイレ終わったら自分がドアを閉める という行為そのものは。



ま、何気ない何でもないことですが

私はこんな事にもすぐ驚いて嬉しくなってしまいます。



               人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
               クリックお願いしまァ~す