Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

11月« 2011年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年12月

穏やかに年の瀬

明日を残して今年も終わりです。



明日大晦日に向かって大掃除は中途半端状態ですが、

これはその予定での、ま、いっかァ~で・・・・

その他はほぼ予定どうりです。



今日は帰宅後午睡。

今晩は少し遅くまで起きていてもいいぞでもありまして、

明日も仕事ですが・・・・


今おせち、ほぼ完了しました。


別に豪華でもなんでもないのですが、

でも母と私の住むお家に 歳神さまに来てもらうためということですかね。


そして昔母と疎遠だった時の失った日々と

幼かったときの家族との時間を思い出しながらの、

それを昔に戻って取り戻すという私自身の思いでしょうか・・・・





    今日の母;


就寝前の最後のおトイレ時

トイレに座った母の前にしゃがみこんで脚のリンパマッサージ。

片方ずつ・・・

最初の片足の時、

     「あらぁ~ 大が出たわぁ~ 

      めんこめんこしてくれたから、こっちから。

      こっち(もう片方の足)からも出すからめんこめんこしてぇ~」



と、もう片方をドンッと私の膝の上に。

      「やっぱりこっちからも出てきたゎ~~大が」 だそうです。

                    ・
                    ・
                    ・


その後ベッドへ。

私はおせち作りがあるから添い寝はパスということで。

で、いぬのマーシャさんをべッドの中へ。

       「あらぁ~ どこの子?」       

      「私の子よ。私が来るまでねんねこさせていてくれる?」
       
      「あらぁ~ お宅様の子なんだァ。いいわよ」


そしていぬのマーシャさんに向かって

       「あんたのお母さん、あとで来るからここでネンコしてようね」 だそうです。


             で、お二方で スーピィ~~   


             この穏やかな日常に感謝です  




               人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
               クリックお願いしまァ~す



            これ以上何事もなく終わるこの国でありますように。

            あと一日です。





 

介護用ダブルベッド

あわただしかったです、の今日。




残業になるだろう(早出出勤の出来ない私としては)の予想のもと、

それなのに帰宅後の予定はすっかり組んじゃっている矛盾 


仕事終わったら

今日の、おせちの段取り予定分の買出しをして~~~家で作る。

そして17時に母の、というか私達の介護ベッドダブルが搬入予定。

その前に古いベッドの回りを掃除する、片付けをやる。



が、残業でした。

17時のベット納入にもうギリギリ 



「フェアー」のケアマネに電話して業者さんへの伝言依頼。

「い、今仕事終わりましたァ~~

 私の帰宅到着が17時丁度よォ~~ 

 急いで向かってるからァ~~

 間に合わなかったら待っててもらってェ~~  下さいッ 」
 この調子 



残業したおかげで

買出しも料理もベッド回りの掃除片付けも吹っ飛んじゃって

ま、ベッドの納入だけは何とか~間に合いましたけどね。




            納入された新しいダブルサイズの介護用ベッド

            介護Wベッド



どう見ても介護用ベッドです。

以前のは全てパイプ仕様で病院のベッドみたいでした。

今度のは枕元足元がボード仕様。

でとりあえずは病院用からは脱出。



写真ですとそんなふたりで眠るベッドに見えませんが

なかなかの十分な大きさです。

ま、ダブルサイズですからね。


以前のベッドのように一緒にベッドに入って

寝返り打てず、狭くて苦ぴィ~もなく、

母と私といぬのマーシャさんとでゆっくりゆったり・・・・



これで

「せんせ様ァ~一緒に寝よう」 という母の要望にも

躊躇なく答えてやれます。


            もっと早くダブルサイズにすればよかったァ~~ァ~~! ブブ



                人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                クリックお願いしまァ~す



                今晩から一緒に眠ります~  ウフフ 
                       
                     母のぬくもり頂戴。









迷走神経反射



今日休日は

早起きの、やることいっぱいの日 

母は「フェアー」でお泊りでした。



15時過ぎ「フェアー」から電話がありました。


嘔吐と失禁と多汗状態と顔色なし・・・・・意識半濁・・・

               迷走神経反射 です。




 
即、 速ッ、「フェアー」に駆けつけて・・・・   ォ~と、



母はベッドに横たわり意識は回復していて、

私やケアマネの声かけ、呼びかけにはきちんと反応してました。


「調子悪いのよォ~~

 このまま眠ってていい? ネンコしていい?」
 と自分で伝えてくれました。



もしなければ 救急搬送の予定段取りでした。



ちょっと眠ってからは

少しずつ顔色も戻り・・・血圧、脈も正常に戻りました。


その後の調子もすっかりもとに戻っての

私を相手に童謡の大合唱です  

   さっきの状態は一体何?!状態です、 ホーッ




で自宅に連れ帰りまして

母、いつも通りのご機嫌と完食の問題なしでした 

           ホーーッ ですよォ~~~~!





母は内臓的疾患は血圧高い以外何もないのですが

この迷走神経反射を時折起こします。



「フェアー」のケアマネとも話したのですが、

母の、この迷走神経反射は私がお休みの時に起こします。

出勤している時は1度もありません。


1度は所用で出かけていた時にありましたが

それ以外は

いつも自宅にいる私が 即 速 駆けつけられる状況の時です。



偶然というか不思議というか・・・・です。



今日も ヘェ~~ と思ったのは

いぬのマーシャさんのシャンプーを終え 

一部大掃除を終え 

おせちの今日の予定の仕込が終わり 

やること予定が全て終了して  

「コーヒー飲もッ」 のタイミングでの 「フェアー」からの電話でした。


             

           今日はこれも作りました、鯛の昆布〆。
     
               昆布〆


          暮れ正月用です。

          この後、ラップにピチッと包んでフリザー用バッグに。

          冷凍します。

          8本作りました。



                 人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                  クリックお願いしまァ~す



健康な人もなる、この迷走神経反射。

母の場合、原因が特定できません。

以前は便秘からくるリキミでよく起こしていました。

今は便秘は完全に解消されているんですよ。

ですから今回便失禁はありませんでした。





昨日

暮れも押し迫って

もう時間に追われている感じです。


今日の出かける前に

ソウジ、ソウジ、オオソウジ、オセチ、オセチ・・・・センタク、センタク・・・ 



仕事と母の介護介助といぬとの生活が基本での日常をこなしつつ・・・

長い介護生活の中で

ちょっとは気持ちに余裕が出来ての、

昨日は職場の気の合った仲間と忘年会でした。


もうホントに楽しかったです  

忘年会の最中にもう来年の新年会の話がでるくらいでした 




以前は

自分が楽しむ というこういう集まりに出るのは

ちょっと母に対して後ろめたい気持ちがありました。

母をお泊りさせなくてはいけないからです。


ですからいつも計画を練って 

「この日はしょうがない、ごめんね 」 という覚悟(?!)で

出かけたものでした。


仲良しの女の子との1、2ヶ月に一回の大人女子食事会や

大好きカルメンマキのわが街に来たときのライブとか・・・



いつも母は一泊だけです。


でも今回は2泊三日、昨日から。

今日もカルメンマキのコンサートにお江戸まで出かけます。



2泊三日というお泊り体制も、

わざわざコンサートのために遠出かけるなんてことも、

去年まで考えられない事でしたね。




それにはふたつのことがあるんです。


まず母が安定しているということです。

もひとつは 

小規模多機能型施設の 「フェアー」との連携です。

長い間利用してきて

今現在本当にコミニュケーションがとれているのだなという実感からくる

安心感です、私の。

長い間の利用の中で

いろいろトラブルもあり、紆余曲折もありました。

でも私は 「私はこう思う」 「こうしてほしい(介護家族として)」だけは

欠かしませんでした のそんな性格なわけでして・・・・

               ↑
     いいも悪いも自分が納得できなければあきらめない性格




そんなやりとりの中で

利用者である母をはさんで

施設と介護家族の意志の疎通が図れてきたことも事実です。



安心してサクッとお願いできる状況ということでしょうか・・・・

以前見たく「お母さん、大丈夫かしらァ・・・・」と考えることはなく

昨日みたく楽しめるようになりました の昨日の実感。



母にとっても

ケアマネの指示のもとのスタッフからの支援 

そして介護家族としての私からの支援 

このふたつが大きく機能していると思います。



ま、二泊三日も今月だけです。

来月からは又いつものルーティンの母と私の生活が始まります 




                     人気ブログランキングへ 
                  ブログランキング参加中
                           クリックお願いしまァ~す



ところでですね、


昨日忘年会から帰宅した私が見たものは

私の勉強部屋中に散乱している私の洋服でした。



椅子に掛けられた私の洋服、パジャマ、

別の椅子においてあった畳まれた私の洗濯済みもの、

たまたま出しっぱなしの上がってきたクリーニングもの。



目が見えなくても引きずり出したのね、いぬのマーシャさん。

そしてオチッコ掛けッまくったのね、いぬのマーシャさん。



        怒っていたのね、いぬのマーシャさん・・・・・                
             
              あなたのことだって忘れた事ないッてば~~ 



                            人気ブログランキングへ クリックお願いします











                               

クリスマス

昨日クリスマスイブは

       やっぱり予想どうり残業でした。



仕事中、「フェアー」へ電話して

「あぁ~申し訳なく~・・・遅れます、お迎え。夕食もお願いしますゥ~ 」 と。


でも予測された事態でしたので

数日前にその可能性を伝えておきましたけど。




おかげで母と自宅でクリスマスの食事を楽しむことは出来ず・・・


でも注文していたケーキ 

帰宅後一緒に食べました の

ケーキ + クリスマスツリー だけの、 ふたりだけの クリスマスイブ 



          ケーキとマーシャさん

           ケーキはロングタイプで60センチくらいありました。




写真の黒く写っているのは うちのいぬのマーシャさんの頭。


写真を撮ろうとして、しかも床の上で・・・

そうしましたら全盲のこの方は

ふらりゆらりとやって来て

目が見えなくてもちゃ~んとケーキに到着。


ペロリとひと舐め。

「チミィ~ ヤメてくださいよォ~ 」 と私に言われて

「あ、そうですね~~」 と。


人間のものは基本的に食させませんので

ドッグフード以外は食べてはいけないものと知っていますから、

大変、素直に。


この方の犬生で産まれて初めてのケーキでした。


内心、「うッ、美味しいィ~~、これはッ」 と思ったかもしれません。





            消灯してこれを点けました。
                   ↓

            ツリーイルミネーション


           「お母さん、綺麗よねェ~  と。

           「ちょっとォ~ 暗いわよォ~  と無視されました。




           「Merry~ Christma~~s  と言いました。

           「あらぁ~ それ何?」 と。


                       でしょうね~・・・・・





               人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                   ↑
               クリックお願いします 


                   甘いものを食べる習慣のない私も

                     母と一緒に食べました。美味しかったです。









暮れにむかっての準備を

明日は

クリスマスイブで

暮れに向けての年末商戦突入 (あ、も、入ってるか・・・入ってますよね!)で

私は明日から残業状態です。



今日は

お正月のおせち料理のレシピのピックアップをしました。

そろそろ準備に入ります。


今年は日程時間を鑑みても去年見たくは作れないので

出来合い購入も止む無し(注文済み)とのバランスも考えて~・・・・


今から作り始めて冷凍できるものは冷凍、

30日から作るものは別にして

明日は作り置き冷凍できる料理の食材買出しです。



そしてクリスマスイブとして

ケーキを食べ(スウィーツ類食べない私でも母と一緒に一口くらいはね・・・多分)の日。


巻き寿司作ろうと思いましたが

思っただけで、

すぐに 「あ、超ゥ~無理!」 ということで



残業しながら、食材買出しながら、おせち料理を作り、

忙しくなるわけです。




今日母のお迎え遅刻です。

30分のつもりの午睡して起きられませんでしたァ~~・・・


    今からこんなんじゃ先が思いやられる・・・気がしますです・・・




今年は何故かきちんとけじめをつけて

この1年を終わらせたいという気持ちが非常に強いのです。


震災のあった今年から来年に向けて、

本当に気持ちを新たにしたいと思っています。




                    人気ブログランキングへ グログランキング参加中
                     クリックお願いしまァ~す












久しぶりの眉間に皺

   久しぶりに 眉間に皺 でしたよォ。




今日、買い物に行きましたら

珍しく生の鱈、いわゆる塩振りしていないもので

三枚おろしの大きな切り身でドンと。

うん、ムニエルにでも  ということで購入してきました。



       今日の夕食

          鱈なべ


      ポークビーンズ(今朝の残り)、 納豆の油揚げ包み焼き、 大根・大葉・スプラウト、

      生鱈・豆腐・白菜鍋、 白飯、 長ネギ・めかぶの中華スープ。



買い物して帰宅したら

採りたて白菜が~届いてました 

この大きな白菜、絶対食べきるぞ! の意気込みで

ムニエルから鍋へ  と即断の今日の夕食でした。



鍋はポン酢で食しますが

直接小鉢にだし汁、お酢、醤油を入れてちょっと多めに作りすぎました

ま、いっかァ~ と 


ふたりでモグモグ美味しいねェ~パクパク までは良かったんですが・・・



母、突然小鉢を、そのたっぷりポン酢を両手に抱えて飲もうとしてるゥーーー 



私はビックリ慌てて

思わず大声で  ウーーーーOh  と叫んでしまいましたよ 
                   (えッ、えんッ、塩分がァ~~~ッ)




ところが今度は母が私のその声の大きさにビックリ慌てて・・・・


ま、当然何が起こったかわからない・・・・




その小鉢をテーブルの上にもどされて、

            (あぶない、あぶない フ~・・・ゥ)


それでの母の反応は

「何よォーー 

こんなにジャブジャブしているから

飲もうと思っただけじゃないのーーーー  」



         眉間に皺!! でした。




こういう時は

今現在進行形の事態を無視して

「お母さん、こっちのこれ、食べてみてェ~ これ美味しいのよォ~ 」 

満面の笑みで 


母、今度は若干の 眉間に皺 のまま 「これ?」  と。
 



                 人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                      ↑
               クリックお願いしまァ~す


                     やっぱり予定通りにムニエルにすればよかったのね・・・







老犬の老後

今日はとても日差しの強い時間帯もありました。





           日向ぼっこマーシャさん


      この方もさっそく日差しと共に日光浴です  



私は布団干しや洗濯やらでベランダ行ったり来たり。



お年寄りとなって日差しのもとでウトウト大好きなのはわかりますが、

ベランダ開けっ放しで暖房ついてないので

寒かったら電気ストーブ持って来ようと思いまして・・・


「寒くないんですかァ~」 と思って身体に触ると

う~ん、暖かいィ~~~ ポカポカ 



前回は電気ストーブまん前において、

ベランダ開けっ放しでの直射日光浴でした。

今日も日の当っている半日、このまんま、マッタリと  の老犬の老後。


昨日も私はお休みで母とこの老犬とで一日中過ごしました  + 





母は時々私を驚かせます。


トイレ介助が終わってふたりでトイレを一歩出たとき

私は母に頼みます。

「お母さん、おトイレのドア、閉めてくれる」

「あ、これね」 とドアノブをしっかり廻してきちんと閉めてくれます 

「わぁ~ありがとね」 と毎回 



昨日、私はそれを一度だけ言いませんでした。

私がサクッと閉めちゃいました。


母をダイニングの自分の椅子に座ってもらったら

今度はアタシがトイレ のつもりで・・・急いでた(?!)


そのままお手手繋いでダイニングに戻ろうとしたところ、

母、こういうんですよ、

「せんせ様、ドア閉めなくていいの?」


いつも毎回私にやってくださいと言われて初めて 

「あ、そうね」 とやっているのに

自分から言うなんて・・・・・でした。

ま、ドアはもう閉まっているのですが・・・・



毎日毎回繰り返すとちょっとは記憶に残っているんだな と。

トイレ終わったら自分がドアを閉める という行為そのものは。



ま、何気ない何でもないことですが

私はこんな事にもすぐ驚いて嬉しくなってしまいます。



               人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
               クリックお願いしまァ~す 





忙しいィ~~~

やっぱり暮れ正月は忙しいィ~~~くなりそう。



21日からの職場現場のシフト発表になりました。

早出の要請もありました。


う~ん、と唸る前に 「それは無理  」



通常8時出勤のわたしはの朝は

太陽と共に起きる!(今は起きても朝日はいない~・・・真っ暗)の起床です。


母を起こす前に全ての段取りを終わらせ、

母は6時に起こされて介助されて朝食を取り・・・


で私に手を引かれて 「フェアー」へ、私はバス停へ。




これが1時間早出7時出勤ですと

私も母も1時間の時間繰上げです。


私が昔のように

おひとり様独身生活ならなんら問題ありませんが

そりゃァ~もう~母が超気の毒かわいそうですよ。



通常は6時起床で母は起こされます。

でも私がお休みで母を無理に起こさなくていいときは

母にゆったり寝ていてもらって自然の目覚めで起きてもらいます。

大体通常より1時間後位にベッドの中で目を覚ましています。


自然の目覚めですから

いつも以上にとても穏やかご機嫌です 

母の体内リズムは 7時前後が理想 なんでしょう~




で、多分職場現場で早出出勤できないのは私だけですから

その分残業でしょう~・・・・


残業でも

母とのクリスマスは絶対やるし、

大晦日のイベント(何かご馳走を)は絶対やるし、

それらに加えておせち料理の準備にも取り掛からなきゃいけないし、

今年1年の自分へのご褒美に27日のカルメンマキのコンサートでお江戸に行くし、

その合い間に職場の仲良しとの忘年会もあるし、

通常のルーティンは絶対欠かせないし。


でもよ~く考えて・・・・

大掃除は今年は手抜きにすることにしました。

無理は重ねないということで・・・・ま、いっかァ~と 




こういう忙しさも好きです。

それに年に1度ですものね。

毎月だったら 超無理ッ  す。



               人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
               クリックお願いしまァ~す


        今年大変な年の日本でした。
           その思いを抱きつつ、年末に向かっている母と私でもあります。

        





 

強い体験の残り

二日前に 「フェアー」でクリスマス会が催されました。


その日私は脳外科へ母の「アリセプト」を取りに行っての帰り、

ちょっと「フエアー」に顔を出しました。

いやぁ~ その日ですっかり「アリセプト」切れちゃってしまっての

そのお届けで。

フ~ あぶない、あぶない 



その後私は人と会う所用があったので

母と同席かなわず・・・・・


と、スタッフの方が驚いたふうに

「見てください、お母さん。

ものすご~い集中力でしっかり落ち着いて楽しんでますよ」 
と。




ちょっと覗きました。

母、真剣に・・・・・日本舞踊を見てました。



母は昔踊りをやっていました。

70歳にゆうになろうという時に始めました。



母は同居していた末娘夫婦(私の妹)との関係が破綻して

妹夫婦と決別した家族歴があります。


ひとり残された母は

怒りと絶望と孤独から逃れるために

必死に何かに夢中になろうとして見つけたのが 踊り だったようです。


必死に練習していました、夢中だったようです。




当時も(すなわち昔から)こんがらがった家族関係に距離を置いていた私は

母との接触は時折あるものの、


そして妹夫婦と母の破綻した関係においても

あくまでも両者の問題であって、

母は母なりに自立しているものとして

考えていましたので、

母のそんな様子に興味もありませんでした。



若い頃からず~とそれが私と母の関係でした。

今思うに冷たい娘でした。



アルツハイマー病の具体的な症状の発現もありませんでしたしね。



今やアルツハイマー病認知症で

娘の私もわからない状態でも

彼女の人生の中で強烈な(?!)エネルギーを使ったもののひとつである

その踊りを忘れてはいませんでした。



その日帰宅した母に踊りの事を聞いてみました。

    「お母さん、今日踊り見たでしょう、皆で」

    「あら、見てないわよ。知らないわ。」 ← ここはアルツハイマー的想定内



こう言ってみました。

    「お母さん、最近踊りあまりやってないでしょォ~

    そろそろ又踊りの練習しないとね。」


    「あらぁ~・・・そうね・・・

    今度せんせ様にも教えてあげるから。

    一緒にやろう。」



          ビックリ  & 切な~い  でしたね。



              人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
              クリックお願いしまァ~す







はい、と納得

昨日、アリセプト錠をもらいに「脳外科」へ行ってきました。




当然「メマリー」中止しての母のその後の様子に関してお話。


「メマリー」投与中止しても

母の状態様子はほとんど変わらずとの私からの報告の中で、


以前多動気味で歩き回っていたのが

この頃 「フェアー」では

以前はなかった何もせずにひとりで座っていること と

目で私を追えないことが出てきたこと

この2点だけが顕著に現れ始めたことの関しては

アルツハイマー病は確実に進行している という説明でした。



私が予想した 

「無動」 と 「追視もできなくなっての無視」 に

向かっているであろうということでもありました。



例えば「メマリー」投与しても

改善という意味ではアクティビティが高くなって

一見進行が止まっているかのようですが

脳に出来た病変は押さえようがなく、

アルツハイマー病は確実に進行しているのだそうです。


              はい、と納得。




この話を介護職の、母のことをよく知っている友人に話しました。

  「十分な介護されていても、もう年齢もあるでしょうに。

  瑠璃子さん(母の名)86歳よ。

  もう日の当る縁側で

  ウトウトウツラウツラしていてもいいのよ、

  それがおかしくない年齢よ」
 と。


              はい、 と納得。



ま、自分の気持ち的に十分わかっていても

進行して現れてくる症状を目のあたりにするのは

つらいものがありますです・・・・


だって母が

嚥下も問題なく、他の疾患もなく、健康診断も優良で の今のままで、

もしアルツハイマー病じゃなかったら

どんなに元気印いっぱいだろうとも考えてしまう・・・・


         アハハハ~・・・ 往生際が悪いなァ~・・昨日からの私。




                人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                クリックお願いしまァ~す



         あんだけ、大ッ大好きな数字盤も計算ドリルも

                  出来なくなっちゃうんだよね・・・・







立場、逆!

う~ん・・・・

私、ちょっと調子崩してます、月曜日朝から。


仕事早退してきて

その事を聞いてもらおうとして友人に電話したら、出ず。

(体調不良のストレスは まずは一回誰かに話す聞いてもらう の鉄則で ) 

その友人は突発的な難病指定の病気でその朝入院してるし・・・・  ・・・・ハァ~・・・・・



介護家族が調子崩すと

「やっぱり介護、大変なのェ~」 となるのでしょうが

私の場合はそれはなし。



介護ストレスは全然ないから、

ま、仕事の溜まり溜まったストレスが引き金、ストンと。

(緊急入院した友人もそれ?・・・・・)




もう気分はヘロヘロで、身体は動かずでして、

とても母を側においての状態ではなく、

その事を、事情を説明して母は「フェアー」に又緊急お泊りになりました 


       もう気分は 

           ごめんなさ~~~い ーッ


今や

私と施設側とのコミニュケーションは普段から十分取れているので

事情をサクッと察してのケアマネから

私の様子も心配されての母の緊急お泊りの快諾でした 


こうした支援は

おひとり様介護の母と私にとってホントにありがたい。




母、緊急お泊りから帰宅して何故かぶッ契りにご機嫌。

ご機嫌というより

何かすご~く優しい気遣いなんですよォ~~ エネルギーも満タン。



「頑張るのよッ」

「ふたりで頑張ろうねェ~」
 な~んて言われちゃって・・・・

手をニギニギされて、ナデナデされて・・・・・


       
立場、逆! いつもと逆なのよねェ~   アリィ~   




母、アルツハイマー病のものすご~く進行した認知症の人ですよ。

私自身母に何も言ってないし、ま、言ってもわかんないし、

母に対しては 私の態度も笑顔も普段と変わらず の対応なんですけどねェ~・・・・



母は 感が強い。

これは回りの人達もよく言っています。

だから癒されることも とも。



一見何も変化のないはずの私から

何かを感じ取っちゃっているんですよォ~~



           何か、アルツハイマー病という病の人から

                励まされて癒されてるその介護家族の私でした。





               人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
               クリックお願いしまァ~す






  


クリスマスタイム

   

       クリスマスタイムの12月。





             ツリー壁掛け

            我が家もそろそろと壁掛け用を引っ張り出して  


             


             ツリーイルミネーション

             消灯して点灯 




独身おひとり様生活の時代には考えられなかった事。

クリスマス用に部屋をデコレイトするなんて・・・・



認知症の母と暮らすようになって

日本の四季に伴ったイベントは欠かさなくなりました。

時には幼かった頃、両親がやってくれたことを思い出して・・・・




普通の生活。

普通の生活の中にたまたま認知症になってしまった人がいるだけ。




アルツハイマー型認知症となって 記憶も認知も削ぎ落とされて

何もわからない(本人の弁)けど、

もうクリスマスツリーもわからないけど、

でもなにひとつ変わらない普通の生活。

家族の生活。




   
私用にこれを貼って見る。

New Yorkの地下鉄での サンタさんのお仕事終わって電車待ち(?!)

          NY地下鉄

        写真好きの友達からの贈り物  ↑ 




                    人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                    クリックお願いしまァ~す


              明日は玄関ドアーのリースを
                    クリスマスバージョンに衣替え予定で。










無動 と 追視

最近の母の様子で気になる事があります。



最近母は不安から来る 「大がしたい」トイレコール が激減している中、

「大がしたいから歩くわ」 と歩き回る多動も少なくなりました。

「フェアー」ではなんですが。



「フェアー」からの連絡帳からは

  1時間もず~と何もせず座っていました、

  表情も穏やかです、

  他の利用者さんとおしゃべりしていました 


以前あり得なかったことも多くなりました。



先日も母をお迎えに行った時、

母は数字盤やひとりトランプをすることなく

ひとりで座っておりました。



目のあたりにしてオドロキの私でした。

「あら~ たまにはうちでもあ~だったらいいのにィ~ 

なんて思わず口に出ちゃうくらいでした。

              ちょっとアタシが楽出来るかな~なんちゃってね。




うちでは歩きまわる事はありません。

私が張り付いているか、

いつも私が母の視界にいるからでしょうか、

でも ひとりで何もせずじ~と 座っていることはありません、しません・・・・。





でもですね、

ちょっと冷静になって考えてみると + よ~く考えてみると


もしかして

この何もせずにただじ~と座っているだけの行動は

実はアルツハイマー病患者が

時には最終的にたどり着く 

身体的機能は衰えていなくても

脳細胞の破壊が進行しての

(寝たきりになる)の 無動 にむかっているのではないかと・・・・





あともうひとつ、

これは顕著に現れ始めていますが

母は目で何かを追うということが少なくなりました。


例えば

「フェアー」へのお迎え時、

スタッフに連れられてやってくる母は

スタッフの声かけされながら 「Juliaさんがお迎えですよ」 に対して

例えそのJuliaさんが

自分の娘であることも誰であるかもわからなくても

以前は

しっかり私の目線を捉えて向かって歩いてきました。


でもここ最近は

目で私を見つけられず、位置特定できず、多々あるんですよね。


で私は斜めや下方向の母の目線の先に

首を曲げて顔を近づけて

「お母ァさん  と。

「あらァ~ 」 と母。


それで初めて私の視線をキャッチします。




我が家で二人のときも

私が立ったり座ったりと母の周りにいる時、

私の気配のその方向に私を捉え

目線を合わせてから

「せんせ様ァ~ 大がしたいのォ~」 とか 「ご 足す さん は 4?!」とか・・・ 



今はそれが難しい時があります。

その時私は

すぐ側、あるいはまん前にいる私に対して

空を切って見つめている母の視線の方向に

やはり自分の顔を持っていって母の視界の中に入ります。

「あらッ 」 




もしかして

これもいずれたどり着く 追視が出来なくなる という病状の前兆なのかと・・・・




     完治はしない確実に進行しているアルツハイマー病なのだ、母は 

               という現実の実感ですね。




                 人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                 クリックお願いしまァ~す








クリスマスプレゼントに

先日、レンタル介護べッドのメンテナンスがありました。



うちは上下等の電動機能は全く使用してませんから

そこのところを含めても問題なしと 




このシングルべッドの点検が何事もなく終了ということで

これの替わりに新しく

母と私がふたりで一緒に寝たり添い寝したりするための

大きいベッドをレンタルすることに決定しました。



ところがちょっと変更です。

私はセミダブルと思っていたのですが

セミダブルですと今のより10センチ大きいだけでした。


ふたりでこのサイズでは無理ということで

ダブルサイズに変更となりました 



ところで

ダブルサイズのべッドになったら

当然シーツや諸々リネン類もダブルサイズが必要なわけです。


買い換えなくてはいけないわけで・・・・そういうことなわけで・・・・


おやまぁ~ これが大きな出費ですよ~  

                 (レンタルベッド代はそうでもありませんが)



でも、まぁ~、

これらは

私からの母へのクリスマスプレゼントに(超予算オーバーですけど) ということで 



でもホントのクリスマスプレゼントは

これからいつも毎晩

私が母と一緒に添い寝や眠ってやれることかな~・・・・とも  



私にとっても

あの小さなシングルサイズのベッドで

「ね、寝返り打ちたい・・・・ せ、狭い・・・ く、苦ぴィ~・・・」 と言わず

心置きなく一緒にベットでいられることも

私自身へのクリスマスプレゼントだったりして・・・・




             今日の夕食
               
             シャケピラフ
      
                    大根のみのナマス + 大葉 + カイワレ。

       ピラフ(シャケ・玉ねぎ・ピーマン・パプリカ・椎茸・ニンニクのマヨ醤油味)。

                            白菜とベーコンとニンニクのミルクスープ。




母はこのコッテリしたピラフが大好きで

いつもなら 「硬いわァ~」 というピーマンもパプリカも何も言わずです。




                人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                クリックお願いしまァ~す  


               今年のクリスマスプレゼントは決定 







    

脳外科断念

昨日脳外科へ行く予定でした。



継続投与している「アリセプト」を取りにと、

「メマリー」投与中止後の

その後の様子をドクターと話すためです。



母の診察はなく私ひとりの予定でした。

なので母は10時から「フェアー」にお預かりです、

がァ~・・・・ 行けませんでしたァ~・・・・脳外科へ 




当日私の起床は

朝3時半(いつもは4時半か5時)でしたが、

私のやることもやって 

普段仕事時6時起床で起こされる母も 目覚めたら起きる というパターンでした。


私は会社出勤はお休みでの

起床後母も私もゆっくりゆったりの朝でした。




例えば犬なんかもですね、

うちのマーシャさんもそうですが

飼い主が出勤するとか大事な用で出かけるとわかると

後追いもせずすんなり理解して納得しちゃうんですけどね。


そしてお休みの日曜日とかに

飼い主が出勤じゃなく出かけようとすると

「アタシも行くわよォ~」 「置いてかないでッ」 「出かけないでェ・・・」 状態で 

あるいは 

「今日は飼い主ママと一緒にいるのね」 「一緒に遊ぼう~」 状態で 

飼い主としては

なんで 日曜日はお仕事お休み ってわかるんだろう・・・・的に。



ま、そんな感じでした。



普段の出勤時はめったに愚図らず、スンナリです。


でも昨日は「フェアー」へ向かうために

「お母さん、出かけようね」

「私出かけないわよ、このままこうしているわ」

 ェ・・・・・ 



じゃトイレ誘導して席立たせて、

トイレ終了後そのまま玄関へと画策しましたが

出かけないそうです・・・・・・トホホホ・・・・




私の出勤がないことバレていて、

う~ん、まるでうちのいぬのマーシャさんと同じです・・・・・



もう予約時間に間に合いませんでした。

で脳外科は断念して

来週の休みにの日に変更の、

「アリセプト」その日でギリギリです 



         その日は何が何でもいかなくちゃァ~~~ ですよ。


その日は

お休みでの朝のゆったりゆっくりは無しにして

普段の出勤状況ドタバタを演出?!しかないかァ~~・・・・とも考え中。




               人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                クリックお願いしまァ~す 


             今晩は皆既月食でした。星もきれいでした 





ドクターに会いに

今日9日は脳外科へ行ってきます。


「メマリー」投与は中止していますが

「アリセプト」はそのままず~と投与しているので

それをもらいにです。




「メマリー」投与中止以来の途中経過をドクターに報告するのですが

そのためにも情報収集も兼ねての相談でケアマネと電話で話しをしました。


結論は

「メマリー」中止していても

「フェアー」においても現況は非常に良好であるということで

このまま中止していても問題ない、今現在  ということになりました。





「メマリー」を投与してその間素晴しい効果がありました。


コミニュケーションが取れるようになり、

表情もキリッとし、

不安から来る「大がしたいわ」のトイレコールの激減やら、

計算ドリルや数字盤やトランプ並べをやっていないと

やはり不安からくる多動となっていたのが

それらをしなくても「フェアー」では落ち着いて席についていることが

多くなり、

眉間に皺」がほとんどなくなり・・・・・

・・・・・・・・・

今日なんかは特にとてもアルツハイマー病の人に見えませんでした。




          そ、 中止して丁度ひとつ月ですが

               母の状態良好なんです
  





私的にはちょっと不思議です。

投与によって発現したこれらの効果が

中止によってもそのまま維持されており、

あるいは

時には更なる母の状態の好転の進行が続いているのです。


         「メマリー」投与中止による影響がなにひとつ見られません。



ま、この不思議を今日ドクターに聞いてみますが。




そして最大の「メマリー」投与中止理由の

計算ドリルの数字が認識できず読めなくなりつつあること、

答えの間違えが圧倒的に増えたこと、

これらが投与後 急激に進行した事 に関しては

今のところそれ以上の進行は収まっています の ホゥ~ 


但し一度失った数字への認識と計算力は回復しません。

ま、しないでしょうね。


            でも現状維持ではあります。





          人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                 クリックお願いしまァ~す
 

          投与中止以来、

            どんな影響が出てくるかちょっと(ホントはかなり)ドキドキの私でした。








介護ベッド

母を老人ホームから引き取ったとき

介護ベッドをレンタル契約しました。



引き取った時点でのドクターの母への診断は

この状態での流れでアルツハイマー病の進行が進み、

2年くらいで追視が出来なくなり、寝たきりになるだろう でした 



普通のベッドを買うつもりでしたが

今から介護ベッドに慣れたほうがいいだろう、母も私も

という判断もあってレンタル契約しました。


で、ず~と使っていますが、

電動機能を利用する事もなく、普通のベッド状態です。

ドクターの予見がいい意味ではずれてくれてます の今現在の母 



先日そのレンタル会社から連絡があり、

ベッドのメンテナンス点検の時期ということで

今週末、その段取りです。



でその時同時に

ベッドを替えることにしました。


        シングルサイズ から セミダブルサイズ へ 



母はぬいぐるみスヌーピーを抱きかかえたり、

先日はいぬのマーシャさんを抱きかかえたり(以前は毎晩)、

あるいは私の添い寝でベッドに入床です。

「せんせ様も一緒に寝ようォ~」 と。

ひとりで寝るのを基本的に嫌がります。


で、話しかけたり、おしゃべりしたり、歌ったり~・・・・



でもですね、

私は母の添い寝自体は全然イヤじゃないのですが、

苦手です。


何故だかわかりませんが、

私は布団の中でじっとして同じ体勢でいる事が非常に苦手苦痛です、昔から。


ひとりでの睡眠中も

ものすご~い寝返りの回数を打ち 、 ものすご~い寝相  です。



ですから母の横に寝ながらも寝返りを打ちたくてしょうがない・・・・

しかもシングルベッドの中で

大人ふたり + ぬいぐるみか、いぬでキュウキュウでしょ。

          苦ぴィ~~~・・・・・のです。



でもホントはもっと母への添い寝の時間も

あるいはそのまま一緒に眠っちゃってもいいのですが、

身体が苦しくて、途中で ギブ アップ です、よく。


母がすぐ入眠すれば問題なしですが

2時間以上は く、く、苦ぴィイ~~ なんです。



    あっ、そうだ、ベッド大きくしようォ~~ と 

             レンタルだから簡単だァ~~~ と 




    なんで今頃気づくのよッ

            もっと早くに気づきなさいよッ  ということでもあります。




                  人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
               リースにクリックお願いしまァ~す 








一泊お泊り×日数

一昨日の土曜日のパソコン不能、

実はモニターライトが切れただけで

モニター換えたら問題なし のトラブル時、

それが母のお迎え時間近くになっても

まだ、あ~でもない こ~でもない と解決策を模索する状態で、

どういうことなのか、どうしたらいいのか の道筋つかないと

全然納得できない自分がいて、

すなわちそれに掛かりきり様相になってしまって

結局母は緊急のお泊りとなりました。




今の母は月に2回から4回の一泊お泊り状態です。


去年の今頃は6回から7回で

仕事が忙しくの残業状態でしたですから、私の都合です、やっぱり。

どうみても私がヘロヘロ(?!)てな感じだったのかな、今考えるに。



今は3.11の大震災の影響ときっかけで

出来るだけ母といる時間を増やす という強い思いがありますので

お泊り回数を減らしました 




私の職場のシフトは21日から翌月20日〆です。

そのシフトに合わせて母のスケジュールを「フェアー」に提出しますが、

作成提出時はいつも月一泊2回の予定です。



月2回の予定通りの時もありますが、

でもですねェ、

やっぱり緊急のお願いお泊りが追加されちゃうこともあるんですよ~。

で3回とか4回に。


夜間のトイレ介助で起きるため睡眠不足気味で、

仕事からの帰宅後、

チョッとだけのつもり午睡がチョッとだけで終わらずして

ず~と爆睡ィ~~  しちゃっての起きられず・・・



今からお迎え行っても帰宅後は母はただベッドに行くだけ・・・


だったらそのまま

「フェアー」でベッドに入ってもらった方が母のため

という理由で、

私自身もこのまま眠った方が明日からのエネルギー補填のため

という 理由もありで。


母の体調や様子を確かめつつ、

そのまま緊急お泊りにということになっちゃいます。

母に申し訳ないと思いつつ。




ところで今月12月は

「フェアー」への予定スケジュール提出時点で

まだ一度もお泊りを入れてません。

12月1日から20日までゼロです。



問題は21日以降です。

私の仕事上、クリスマス年末年始は多分相当に残業が予定されるはずです。


私は仕事上、母の定刻お迎えが間に合わず、

しかも私が残業でヘロヘロになってる可能性も高い。


で、そこでお泊りを

12月はその時期に集中して使おうと思っていたんです。



それなのに

パソコンモニタートラブルで

大事な一泊の一回分を使ってしまいました・・・・

                  今月末、ツライかも・・・・アタシ・・・



               人気ブログランキングへ ブログランキング参加中


              私は残業しませんッ て拒否ってみる?!

                        ・・・職場でアタシひとりだけ・・・




 

とうとう壊れました。

壊れたのは母ではありません。


う~~ん、でも、

母はアルツハイマー病で

脳神経細胞がすでにしっかり壊れちゃっていますけどね・・・・





昨日仕事から帰宅して

いぬのマーシャさんの床上失禁のために雑巾がけを済まし、

まず自分の勉強部屋のパソコン立ち上げのスィッチをONして、

とコーヒー入れながら飲みながら~・・・フゥ~~~と。


一息ついて勉強部屋に戻ってパソコン見たら

画面が 黒 そのまま・・・・・



        とうとう来たな、ガガァ~ン の衝撃。



よく回りや他のブログでパソコンが突然ダメになる話を聞いていて・・・・

でも機械器機に 超弱ッ の私は

そうなったらもう手の打ちようがなく、一体どうするんだろう~・・・と。


それが来ちゃったわけで・・・バックアップも十分じゃないし・・・・




黒 の画面を

立ったまま腰に手を当て見つめながら、

考えてもなぁ~ と電源コンセント入れ直したり・・・

つうかそれしか出来ない私でして、

原因が予測できないわけですから。


勿論、入れ直したって当然無理でしたッ。




大学院の知り合いの情報工学関係の研究室に電話しました。

知ってるところ、全~部留守電。


な、何故??! あぁ~~ 


あ、今日は土曜日だったぁ~ しかも時間が18時過ぎじゃぁ~~でした 
ブヒヒヒ(泣)




で研究室関係はあきらめて

パソコン持っている他の知り合いに電話しまくり、

でも要領得ずで あきらめモード濃しの私  の5件目。


私の状況説明を聞いた相手に

「それ多分モニターのライトが切れてるから」 とサクリと言われ、

アドバイスとして 「修理より買い換えたほうがいいと思うよ」 と。

自宅近くのパソコンショップも調べてくれて。



でタクシー呼んでお店に直行でした。

お店は20時まで、到着その10分前でした。



母は 「フェアー」にお泊りでした。



               人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
                クリックお願いしまァ~す


            ま、モニター換えて済んだトラブルでしたぁ~ のホッ