FC2ブログ

Julia Kerry

認知症の母とレスキューされた老犬との日々・・・仕事。 

10月« 2011年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年11月

今年の冬

母は

自力で歩行、

自分でお箸を使って食事、

指示されて靴の履き脱ぎ、

トイレ時ズボンと下着を下ろせます・・・

(上げる時はメチャクチャになるので介助)

位が自分で出来る事で

それ以外は今や全介助です。



同じ介助でも冬は暖かい時期と比べると私の手間は増えます。



冬になりますと

やっぱり厚着で厚手です。

夏だと薄手ですからサラッと着替えさせられます。

冬ですとそうはいきません。

着る枚数も増えてます のズボン下は確実プラス。


外出時はコートを着せますし。




   ~ 冬の最近の朝 ~


私は起床したら

母の側の夜間点けていた加湿器のスィッチOFF。


そのままトイレ、そこで後で起こす母のためにトイレの電気ストーブスィッチON。

(最近はここで着替えです。下だけ。

便座に座った状態でパジャマとリハパンを脱がせて、

排泄終わって立ち上がってのパンツとズボン下とズボンを履かせる段取り。)


そして部屋の暖房全開で母の起床に備える。

から始まります。




夏は全然やらない必要ないことです。


冬はやはり風邪が流行る時期でもあります。





今日新聞で

今年の世界平均気温が14.30~14.52℃の見通しで

事実上の過去最高値になるとの発表でした、世界気象機関(WMO)。

強いラニーニャ現象で本来は寒くなるはずが

地球温暖化のペースが上回ったとのことです。


北極にもオゾンホールが出来、

そこに生息する野生動物がいずれ絶滅の危機にある中、

              ホント、寒くない冬です・・・・・




              人気ブログランキングへ ブログランキング参加中
               クリックお願いしまァ~す


           いずれマラリヤ(フィラリヤじゃなく)を媒体する蚊が

              日本にも生息ということになるんでしょうかぁ・・・・